09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山エギング釣行 ~ポイント開拓のため炎天下の調査~ 

 和歌山県は紀北のエギングポイントを開拓すべく、暑さに負けじと今日も出撃。以前から目を付けていた某漁港に午前10時30分頃に到着し、予定どりに満潮からの下げっぱなから釣りを開始する。風が強く吹いているため、キャスト出来る方向が限られているものの、周囲を見渡すと、漁港の形状からして何とか釣りが成立しそうな雰囲気。潮通しの良いポイントから開始。


01-P8090115.jpg
 1投目・・・アオリイカの姿を確認できず、少し焦るが、消波ブロックのエッヂ部分を掠めるようにトレースランを変えて、じっくり沈めてから縦のシャクリで上下に幅広く探りを入れる。偏光グラス越しに、小型のアオリイカを確認する。餌木に興味を示しているものの、警戒しているのか、なかなかパンチを繰り出さない。一度、餌木を引き上げてから、再度、アオリイカの奥に柔らかく餌木を投じて、長いフォールの後に縦のシャクリ。乗った。小型ながらアオリイカが居ることが分かり、一安心。


02-P8090117.jpg
 場所を移動しながら餌木を投じる。アオリイカの数は多くないものの、丁寧に探れば、アオリイカを確認することが出来る。消波ブロックに潮が当たり、良い感じにヨレている。スッと忍び寄る影、護岸沿いまで寄せてから、イレギュラーなトゥイッチで食わせることに成功する。


03-P8090119.jpg
 同じポイントに固執せずに、移動しながら手早く次々に探る。護岸沿いに餌木を投じて、じっくり沈めてから、風にPEラインを流されないように、ロッドを下げてトゥイッチングで柔らかく誘う。潮が動き始めて、活性が高まっているはずだが、なかなかアオリイカの警戒心が強く、次々に釣れるというような雰囲気ではなく、手前にアオリイカを寄せてから、何度か餌木を投入し直して、誘って誘ってようやく食腕が伸びるという具合。風でPEラインが煽られて、餌木が綺麗に沈んでいないために警戒しているのかも知れない。護岸に沿って餌木を投じる方法で、3杯を追加。


04-P8090120.jpg
 10杯ほどのアオリイカの群れを発見。やはり潮通しの良い場所で群れている。群れの奥に餌木を投じて、あまり餌木を沈めず表層を素早くトゥイッチ。群れ全体が、ワッと動いて餌木を取り囲む。やる気のあるアオリイカが数杯、餌木に興味を示している。完璧に餌木にアタックする動きをしている。見切られる前に、一旦、餌木をピックアップして、再度、群れのど真ん中に餌木を投じると、数杯の餌木が高速で近寄り、そのうちの1杯が瞬間移動して、そして餌木を抱く。素早くフッキングを入れると、海中に黒煙が舞う。この群れから2杯のアオリイカを仕留めることに成功する。アオリイカにダメージを極力与えないように、素早くリリース。


05-P8090122.jpg
 場所を移動し、更に潮通しの良いポイントで2杯を追加。小型のアオリイカが餌木に食腕を伸ばしても、フッキングをしないようにして、なるべく良型に狙いを絞って餌木を操る。1時間ほど経過して、ようやく9杯。もっと数が伸びると予想していたものの、なかなか厳しい。徒歩で大きく移動して、環境が異なるポイントを攻めることに。


06-P8090128.jpg
 浅場に移動する。捨て石が海中へと伸びている。1投目・・・深場から餌木をシャクリあげてくると、良型の姿を確認。積極的に餌木に接近し、そして躊躇することなくバイト。ほんの少しタメてからフッキングを入れるも、グンッと良い感触がロッドに伝わるも上手く乗らず、黒煙のみが漂う。トレースラインを変えて、アオリイカを手前まで寄せて、サイトで2杯を仕留めるも、いずれも小型。


07-P8090129.jpg
 更に小型を2杯。正午を過ぎて、真上から降り注ぐ陽射しに耐え切れずに納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年8月9日(火)午前10時30分~正午過ぎ
 潮回り:小潮、下げ
 天気:晴れ、気温:33度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:アオリイカ 13杯(全てリリース)

08-P8090135.jpg


■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)餌木
・YO-ZURI、アオリーQ大分型布巻 2.0号(6.0g)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
09-20160809.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(22) ~京橋 幸太郎~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~アオリイカ&カサゴ欲張り釣り~ »

コメント

連発やないすかー!
こっちは新規ターゲット(赤いやつ)を開拓中ぅす
けど青いやつもそろそろ本腰いれなあかんし
あわわわわ

どM #- | URL | 2016/08/10 22:16 * edit *

どM殿

こんにちはぁ。今週は夏季休暇を取っておりまして、和歌山で遊んでばかりいて、随分と日焼けをしてしまいました・・・。

赤いやつ?・・・あぁ~アイツですか。フィッシングMAXの釣果情報でも、今年はあたり年とかで。青いやつもそろそろですね~。昨年を思い出します。また、一緒に行けるとイイんですけどね~。無理かな。

donfan #mQop/nM. | URL | 2016/08/11 17:53 * edit *

かなりテクニカルな釣りですね。経験がないので、興味津々です♪

kazu #- | URL | 2016/08/13 19:10 * edit *

kazuさん、こんにちはぁ~

エギング、やってみると結構面白いですよっ。釣友からの誘いを受けて始めたのがきっかけで、今シーズンで4シーズン目になります。陸から釣れる時期が限られていますので、色々と試したいことをしっかりやっておかないと、来年までおあずけ~・・・と言うのも良いのかも知れません。

昼間でも潮が動いていれば、結構釣れるのも魅力です。是非、チャレンジしてみてください!

donfan #mQop/nM. | URL | 2016/08/15 12:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/324-ab287432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)