08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山エギング釣行 ~気まぐれ夕涼みの釣り~ 


 夕方に時間の確保が出来たので、夕涼みがてらにエギングに出撃。お気に入りの音楽を聴きながら、快調に南下し、ふと海に目をやると、白く濁ったような青色が広がり、周囲の木々はユサユサと騒めき、風に押し流されるトンビがフロントガラスの上を横切る。風が強い。

 午後5時頃にポイントに到着。満潮の潮どまり前の時間帯で、苦戦することが容易に想像できるが、もしや夕暮れの時合の威力を借りれば、潮の動きが帳消しになって何とかなるのではないか・・・と楽観的な予測をしながら、釣りの準備を整えて釣りを開始。釣り師がポツポツ見える。


01-P8170074.jpg
 まずはアオリイカの居場所を確認すべく、餌木を投じては、大まかに素早くポイントを探る。3投目、偏光グラス越しに、10杯程度のアオリイカが餌木に興味を示しているのが見える。これはチャンス。アオリイカがパンチを繰り出す直前に、わざと餌木を動かして、群れ全体の活性を上げてから、一旦、餌木を引き上げて、再度、柔らかく群れの奥に餌木を投じると、アオリイカが我先に餌木を奪い合うようにチェイス。良型の貪欲な攻撃より先に、小型が俊敏さを活かしてイカパンチ。煙幕が海中に広がり、そして群れは散る。また後で攻めればよい。


02-P8170075.jpg
 少し移動して、数杯のアオリイカの追尾を確認。先ほどの群より活性が低い。手前まで寄せてから、しつこく攻めて、何とか捕獲に成功する。


03-P8170077.jpg
 場所を移動しながら餌木を投じていく。風が強く、キャストできる方向が限られてしまい、必然的に引き出しが少なくなる。普段なら潮通しが良い実績ポイントは、完全にダラけていて、餌木を遠投して深場から丁寧にアオリイカを誘う作戦を取るも、全くの無反応。アオリイカの姿を確認することが出来ない。場所を移動しながら、更に探る。単独で餌木を追ってくるアオリイカを何度か確認するものの、なかなか決め手とはならず苦戦する。結局は、最初にアオリイカの群れを確認した場所に舞い戻り、幾分かは警戒心が解けていると判断して、餌木を投じると、狙い通りに白い影がユラユラと餌木の後ろに見える。潮の動きが悪いこともあり、活性は明らかに低く、餌木を上下に大きく移動させて、尚且つ、しつこく攻めてようやく深いレンジでイカパンチを頂くといった具合。ようやくのことでバイトに持ち込んで、1杯追加。


04-P8170078.jpg
 簡単に釣れるよりかは、多少の思考と工夫を要するぐらいの難易度の方が、入れ食いになるよりかは面白い・・・っと、前向きか負け惜しみか。アオリイカが居着いている場所を2か所、特定することが出来たので、後はここから何杯釣ることが出来るか・・・ということになる。煙幕が海中を染めると、少しの間、アオリイカが警戒して反応しなくなるため、その間は別の場所で様子を見ながら、時間を置いてから攻めなおす。非常に非効率な釣りだが、これで何とか数杯を追加。日暮れが早くなり、午後7時には随分と薄暗くなっている。完全に潮が止まり、更にはサイトでの勝負が厳しくなったために、蚊にも食われたので午後7時を持って納竿とした。

■釣行データ
 釣行時間:平成28年8月17日(水)午後5時~午後7時
 潮回り:大潮、上げどまり
 天気:晴れ、気温:32度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:アオリイカ 6杯(全てリリース)
05-P8180082.jpg


■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)餌木
・YO-ZURI、アオリーQ大分型布巻 2.0号(6.0g)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20160817.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 簡単に作れる折りたたみフィッシング・メジャー  |  和歌山エギング釣行 ~遊びほうける夏休み~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/327-f2ddbfd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)