10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

和歌山エギング釣行 ~強風に耐えてシャローを攻略~ 


 カーテンの隙間から青空が見える。時計を見ると午前8時。前日の天気予報では、台風の影響で風雨が激しいとのことであったが、見事な秋晴れである。念のために天気予報を確認すると、昼頃からは風が強まり、雨も伴うとのことだが、午前中は何とか釣りができそうな気配。素早く身支度を整えて、必要最小限のタックルを車に積み込んで、いざ出発。冷えた缶コーヒーを啜りながら、南へと進む。午前9時、ポイントに到着すると、既に強風が吹き始めている。海面が波立ち、身体が吹き飛ばされそうな勢いで、餌木を投じる方向も限定されてしまいそうだ。


01-P9040013.jpg
 まずはいつも通りにアオリーQ2.0号(6.0g)を追い風に乗せて投じて、そして時間をかけてじっくり沈めてから、シャクリを繰り返すも、奔放な風にPEラインが煽られてしまい、狙いどおりに餌木を沈めることが難しく、また狙いどおりのコースを通すこともままならない。昨日は、深いレンジに居着くアオリイカに狙いを定めたものの、最後のサイトで思いどおりに捕獲することが出来ず、難儀してしまったために、今日は、やる気のあるアオリイカに狙いを定めて、サイトを封印。なるべく早く勝負をするために、アオリーQ RS 2.0号(改)を投入する。浅場に岩がゴロゴロと沈むコースを選んで、餌木を投じてから上下の動きを抑えながら表層付近を一定に攻める。風で海面が波立ち、餌木の位置や動きを目視することが難しいが、何とか餌木を視認できる位置に入ったところで、岩陰から素早い動きの物体。シャクリのタイミングと、アオリイカの補食のタイミングが見事に一致して、フッキングに成功する。盛大に黒煙が噴射される。まずは1杯目。


02-P9040021.jpg
 活性が高いのかと期待したが、なかなか次が無い。風が強く、キャスト出来る方向が限定されるものの、立ち位置を変えながら広範囲に攻める。深場から餌木を追ってくる個体を何度か目視するが、手前まで来てしまうと、相変わらず食わない。完全に深場のアオリイカを諦めて、シャローの高活性な個体に絞り込むことにする。水深が無い分、餌木を沈める際の根掛かりに気を使いながら、風の影響を極力避けるためにトゥイッチングで餌木を操る。ロッドがグンっと入り、同時に遠くで黒煙が見える。狙い通りに2杯目。


03-P9040024.jpg
 アオリーQ RS 2.0号(8.6g)のシンカー部分を削って、少しだけ軽くしたもの。アオリーQ2.0号(6.0g)より少しだけ重く、ちょうど両モデルの中間的な位置づけ。


04-P9040027.jpg
 しばしアオリイカの反応が悪く苦戦する。こんな時は、冷たく冷えた缶コーヒーで小休止。ポイントを休ませてから、再度、アオリイカの反応があったコースに餌木を通す。表層を意識してリズミカルに餌木をシャクる。ドラグがジリリっとなり、ラインが張りつめて、そして黒煙が漂う。ジェット噴射の引きを楽しんだ後に場所を選びながら慎重に引き抜く。ようやく3杯目。


05-P9040028.jpg
 少しトレースラインを変えた直後に1杯追加。


06-P9040030.jpg
 いつしか空には巨大な雲が立ち上がり、気が付けば風向きが180度回転して、状況が一気に変わる。2時間をかけて4杯のアオリイカ。決して良い釣果では無いものの、サイトを封印して、シャローにいる活性の高い個体に狙いを絞った釣り方が奏功したので良しとする。

10-P9050049.jpg
 持ち帰ったアオリイカを一夜干しに。一旦、冷凍庫に保管しておいて、イカ好きな人に食べてもらおう。

■釣行データ
 釣行時間:平成28年9月3日(日)午前9時~11時
 潮回り:中潮、下げ3分~
 天気:晴れ、気温:31度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:アオリイカ 4杯(持ち帰り)
07-P9040031.jpg

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)餌木
 ・YO-ZURI、アオリーQ RS 2.0号(8.6g、沈下速度 3秒/m)
 ・YO-ZURI、アオリーQ RS 2.0号(改)
 ・YO-ZURI、アオリーQ大分型布巻 2.0号(6.0g)

08-P9040046.jpg
 真ん中の餌木がアオリーQ RS2.0号のシンカーを削ったもの。シャローエリアでの釣りで、ノーマルのアオリーQ RS2.0号(8.6g)では早く沈み過ぎてアオリイカに捕食する間を与えられないような場面や、また逆に風が強くてアオリーQ大分型布巻2.0号(6.0g)では流されてしまいコントロールしずらいような場面で、この改良版は上手く活躍してくれる。


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
09-20160904_3009.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山エギング釣行 ~シャローの高活性アオリイカに狙いを~  |  和歌山中華そば探訪(25) ~まるしげ中華そば店~ »

コメント

こんにちは

一夜干しですか・・・
私が食べたいくらいですよ
今度ぜひとも

関東は今になって亜熱帯のような気候になっています
いつ降るかわからないし・・・湿度が・・・・

しかしラーメン・・・
苦戦続きですね
豚骨醤油ですか・・・家系そろそろ懐かしいんじゃないですか?
かため/濃いめ/多め・・・・

yutkun #- | URL | 2016/09/06 16:39 * edit *

yutkunさん、こんばんはぁ~。お仕事ご多忙のようで、鯉しいですねぇ~ホント。

アオリイカの一夜干し、初挑戦ですが、見た目と香りは良い感じになりました。現在、冷凍庫で保存中です。送りましょか?

和歌山ラーメンはなかなか手ごわいです。食べログの評価など、巷の情報がまったくもって理解不能なんです・・・。自分の味覚が狂ってるのか?って思うほど。

家系・・・・イイですね~。脂多めで濃いめで固めでたのんますぅ。もちろんチャーシューメンで。

donfan #mQop/nM. | URL | 2016/09/07 21:51 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/332-73027013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)