05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

和歌山サーベリング釣行 ~灯台下暗し~ 


 オリオン座の横を掠めるように流れ星。咄嗟に願いごとをして嬉々とするような年齢でもないが、瞬きの間に思うことは多々ある。海からの緩やかな風が海面を揺さぶっている。昨夜は仕事が遅くなり、今日の釣行も危うかったが、何とか予定どおりに目覚めて、こうして無事にロッドを操っている。

 午前4時15分釣り開始。潮回りは新月からの小潮2日目。干潮からの上げっぱなで、朝まずめの時間帯と良い具合に潮の動きがシンクロしていることから、自然と期待が高まる。速いテンポにならないように、ジグを投じた後に10秒ほど数えてから、手元に伝わるジグの抵抗とロッドの揺れ動き具合から、ジグが左右にしっかりとスライドしていることを確認しながら、丁寧にロッドをシャクる。今日は、何故か釣り人が極端に少なく、お陰で快適にロッドを振ることができる。しかし、こんな日に限って、ライントラブルに見舞われて、ジグは彼方に飛んでいくわ、PEラインに結びこぶが出来るわで、予備のスプールを使い、更にはFGノットを結び直す羽目になり、ふと見上げると空がジワジワと明るんでいる。時計の針は5時過ぎを指している。


01-Pa080053.jpg
 一度だけバイトがあるも乗らず。ジグを遠投して、いつものように粘り強くロッドを操作する。そろそろ時合と思えるような時間帯になっても太刀魚の反応は無い。今日は撃沈か・・・っと焦燥感に駆られ、ジグを回収するためにリールのハンドルを回していると、ゴンッと目の前でバイトらしき違和感。もしやと思い、護岸沿いに斜めにジグを投じて、ゆっくりとシャクっていると、ガツン・・・っと、鋭いバイト。ジジジ・・・っとドラグが鳴り、ロッドがしなる。どうやら岸際に太刀魚が寄ってきているようだ。必死になってジグを遠投していたのがマズかった。
 すでに時刻は5時30分を過ぎている。再度、岸際を意識しながらジグを投じて、柔らかくロッドを操作すると、グググ・・・っとバイト。ロッドをグイグイと絞り込むような太刀魚独特の引きを味わいながら、最後はロッドの反発力を活かして抜きあげる。先週より少し太くなっている。更に何度か惜しいバイトがあるも、瞬時にして反応が無くなり、敢え無く、納竿とした。いち早く、太刀魚が回遊しているポイントを見つけることが出来れば、また普段と同じように沖合に固執することなく柔軟な発想が出来ていれば、もう少しマシな釣果であったに違いない。


02-Pa080057.jpg


■釣行データ
 釣行時間:平成28年10月8日(土)午前4時15分~5時45分
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温:23度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 2本(F3)

■使用タックル
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
 ・Cultiva D-AX 12g、15g
 ・JACKALL Booster Head 10g、14g
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
 ・JACKALL EZ Dart 3inch、3.5inch(Clear Silver Flake、Pink Silver Flake)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
03-20161008.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~時短速攻釣り~  |  和歌山サーベリング釣行 ~痛恨の打率7分の2~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/353-6a74126f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)