09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山サーベリング釣行 ~10切れのサンマ餌で5本の太刀魚~ 

01-Pa210157.jpg
 天気予報で風向きと風速を確認し、潮の動きを確認すると、かなり理想的な状況であることが分かり、すでに現在の時刻は午後10時を過ぎているが、素早く、遅めの夕食を流し込んで、カラスの行水の如くにシャワーを浴びて、釣りの準備を整えてから、アラームを午前3時過ぎにセットして、少しだけ小説を読んで、一気に眠りに入る。予定どおりに午前3時過ぎに目覚めて、たっぷりの珈琲を煎れて、マグカップ片手に外に出ると、柔らかい金木犀の香りが漂っている。エンジンを始動し、静かな夜に繰り出す。運転席側の窓を少し開けると、湿気を帯びた生暖かい風がなだれ込み、車中で音楽と珈琲の香りが掻き混ざる。フワフワでバターたっぷりの塩パンを齧りながら、国道42号のワインディングを楽しみながら、午前4時過ぎに目的の港に辿り着く。

 木曜日の早朝とあって、釣り人は僅かに一人。軽く挨拶を交わして、魚の状況を確認すると、ポツポツと太刀魚が上がっているとのこと。


02-Pa200147.jpg
 今日もサンマ餌の威力、効果を確認すべく、事前に仕込んでおいた媚薬入りのサンマ10切れを小さなタッパーに入れて携えている。早速、ジグにサンマを取り付けて投じてみる。ケミホタルが放物線を描きながら消えていく。底付近までジグを落とし込んで、シャクリを入れた後にゆっくりとラインを巻き取り、そしてまたシャクリを入れてラインを巻き取り、徐々にレンジを上げていく。足元を覗き込むと、潮が動き出している。遠くには漁に出る漁船のシルエットが写る。暫くすると、ガジガジガジ・・・っと太刀魚らしきバイトがあり、様子を伺いながら、ロッドに負荷が増したところでフッキングを入れると、グンッと衝撃がありロッドが曲がる。まずは幸先良く、太刀魚の捕獲に成功する。


03-Pa200148.jpg
 サンマ餌を付け替えてから、再びジグを投じる。時に、ガジガジガジっと如何にもなバイトが伝達されることもあるし、何か小さなものが針に掛かったかの如く、微妙に微妙に負荷を感じることもある。体全体をクネクネと躍動させて泳ぐ太刀魚ならではの遊泳力所以のバイトであろう。または、ガシッと一度の鮮烈な衝撃とともに餌を真っ二つに切られることもある。着実にサンマ餌を消耗している。10切れのサンマで何本の太刀魚を仕留めることが出来るのだろうか。F3に満たない太刀魚を2本、立て続けに掛けるが、素早くリリースする。


04-Pa200154.jpg
 場所を変えつつ、トレースするレンジを徐々に上げつつ、太刀魚の居場所を探りながらキャストを繰り返す。魚を探し出す一連の動きや思考は、ルアーを使用する釣りも、餌を使用する釣りも変わらない。ちなみに、太刀魚の餌釣りにも色々な方法があるが、やはり魚を探す要素が多く含まれる”引き釣り”が面白いと思う。ソフトルアーを用いたワインド釣法でも、太刀魚の居場所を如何にして捉えるかが釣果を左右することから、餌釣りに転じたとしても、その経験が有利になる。小型の太刀魚の群れを避けるべく、潮の動きが強い場所を選んでジグを投じていく。船で縦方向に攻める太刀魚ゲームにおいても、良型は小型の下のレンジに位置していることが多くあったことを思い出し、ジグを投じてから沈める秒数を2秒加えて、やや下のレンジを攻めることとする。夜明けとともに徐々に明度が高くなり、その瞬間、つまりは時合の時間帯は、太刀魚が遊泳するレンジが上ずってくるので、それも考慮しながら、妄想しながら釣りを続ける。カサゴ釣りの場合には、良型であればあるほどに、その遊泳力が増すからか、バイトが繊細になるが、太刀魚においては、まだ経験が乏しく、最初のバイトによって魚の大きさを判断することが出来ていない。

 何度か惜しいバイトもあり、取り逃がしてしまうが、更に2本の良型を追加したところで、サンマ餌が尽きてしまう。まだ時合の時間帯は続いていると考えて、ソフトルアーによるワインド釣法に切り替えるも、やはり太刀魚のバイトを捉えることは難しく、時間切れとなり納竿とした。色々な釣り方を経験することで、それぞれの釣りで引き出しが増えると良いと考え、暫くは、太刀魚に限っては、ルアーと餌を併用して楽しむこととする。

 さぁ、仕事に行くか・・・。


05-Pa200155.jpg
 ボロボロになったサンマ餌。10切れのサンマで5本の太刀魚を捕獲。
 

■釣行データ
 釣行時間:平成28年10月20日(木)午前4時15分~5時40分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:曇り、気温20度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 5本(F2.5~F3.5)

■使用タックル
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
 ・Cultiva D-AX 12g、15g
 ・JACKALL Booster Head 10g、14g
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
 ・JACKALL EZ Dart 3inch、3.5inch(Clear Silver Flake、Pink Silver Flake)
 ・Fujiwara 太刀魚ジグヘッド21g
 ・サンマの生餌

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20161020.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(35) ~ラーメン○イ 十二番丁店~  |  和歌山サーベリング釣行 ~釣友M氏ご推奨の禁断のアレ~ »

コメント

なかなか好調ですねー
禁断のアレに手を出しましたねー
僕は餌なくなったら釣れた太刀魚のしっぽを縛り付けてキープキャストです これまたえー仕事しますよー
久しぶりに今晩明石いってこよ

どM #- | URL | 2016/10/26 18:34 * edit *

どM殿

遂に手を出してしまいました・・・どM殿の影響です。もう戻れないかも。

いやしかし、F4含め30本、えげつない釣果ですね。こちらもポテンシャルはあるはずですが、我がテクニックが追い付かず・・・。週末、頑張ってみます!

donfan #mQop/nM. | URL | 2016/10/28 08:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/359-77b3e3ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)