06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

神戸・明石間メバリング釣行 ~水温下がりシーズン到来か~ 

 和歌山での太刀魚の釣りに、今季初めて餌釣りを導入したものの、時すでに終焉を迎えつつあり、釣果は伸び悩み、結局のところ何も掴みどころが無く、ドラマティックな展開もなく素早く終わってしまう。来季は、もう少し早めに動き出して、太刀魚の習性を把握したうえで、早いところワインド釣法にも活用して太刀魚を攻略したいところ。海水温が下がり、神戸港の根魚もそろそろ活況を帯びてくる筈なので、神戸に戻った夜に神戸港へと繰り出すことにする。潮回りは大潮前の中潮。神戸港に午後8時に到着。風は無く、昼間の温かさがまだ残り、満潮からの下げの時間帯。数人のアングラーがロッドを振っている。


01-Pb120006.jpg
 海を覗き込むと、潮が動き出して海面が揺れ動き、特に護岸沿いは潮流の影響でザワザワと揺れ動いている。鰯等のベイトの姿は見えない。今日の魚の状況を把握するために、いきなり実績ポイントに入って様子を見ることに。数投すれば、その日の魚の活性の高さや、釣り方のヒントを得ることが出来るので、釣行の頻度が少ない場合には、とても有効だ。ポイントを荒らさないように、手前にジグヘッドを投じて中層付近を確認するが1投目は反応なし。少し奥に2投目を投じて、ラインを出してからボトムを捉えて、一定の速度でじっくりとジグヘッドを漂わす。手前側に潮が押して来ていることもあり、ラインテンションが抜けてジグヘッドの抵抗が弱くなり、ジグヘッドをリニアに操ることが難しくなるが、神経を集中してハンドルを回す。トントントン・・・っと小さいバイトの後にグーンと大きな躍動感。カサゴのバイトとは明らかに異なる。小型ながら、まずはタケノコメバルの捕獲に成功する。


02-Pb120008.jpg
 その直後に2匹目のタケノコメバルを追加。潮が動き、魚の活性が高まっているようだ。ジグヘッドを奥に投じて、ボトム付近を流すようにジワジワと進めると、コツンっと鋭いバイト。瞬時にカサゴと認識。小型ながらカサゴを追加。どうやら今日は、小型中心の展開になりそうだ。


03-Pb120009.jpg
 護岸沿いには、カサゴまたはタケノコメバルが張り付いていることを確認出来たので、お次は沖合の駆け上がり付近を攻めてみることに。緩やかな風に乗せて、潮流に対してダウンクロスにジグヘッドをキャストして、後にラインスラッグを出しながらジグヘッドをボトムまでしっかりと沈め、ラインを馴染ませつつ、護岸への駆け上がりを斜めに掠めるように流す。ボトム付近で、グンッと引っ張るようなバイトが頻発するも乗せることが出来ない。このバイトの正体は、口が小さなハゼかもしくは鯵か。何度か惜しいバイトを逃しつつ、バイトが出ても一定のテンションを掛けながら、一瞬、少し送り込んでから巻き合わせを入れると、軽やかな躍動がロッドに伝わる。予想どおりの鯵。こちらも小さいながらも嬉しい1匹。更に数を重ねようと流れのある付近を中心に探るも、鯵の動きが早いのか、腕が悪いのか、ただの偶然の1匹だったのか、全く再現性が無く撃沈。


04-Pb120011.jpg
 気になるポイントを手際良く探っていく。護岸沿いをタイトに丁寧に攻めることが出来れば、高い頻度で何らかのバイトがある。乗らない場合も多々あるが、きっと鯵かハゼかであるので、あまり乗らないバイトに固執せず、惑わされないようにジグヘッドを投じていく。20㎝には満たないが、産卵を控えている個体が反応した。素早くリリース。


05-Pb120012.jpg
 護岸の角の潮流が加速する付近を攻める。ジグヘッドを投じて、ボトムを把握してから一定の速度でジワジワと進む。潮流に流されているジグヘッドを魚が追うようにしてバイトするため、バイトが極めて繊細になるが、最初のツンは極めて小さく、徐々にツンツンツン・・・っが増幅し、最後にグググ~っと躍動感。ロッドの角度を保ったままに、リールのハンドルを回す速度を上げてラインに負荷を掛けると、潮流に乗ってラインが走る。タケノコメバルだ。遊泳力が優れるタケノコメバルが、恐らくカサゴより先に反応しているようだ。


06-Pb120015.jpg
 更にタケノコメバル。カサゴも順調に反応するが、サイズはいまいち。


07-Pb120017.jpg
 超繊細なバイトを感知。過去の経験から、大型であればあるほどに、そのバイトは繊細なことが多く、瞬時に大型のカサゴを予感して、万全の態勢に入るが、フッキングを入れた瞬間に抜けるような感触。恐らく今季最小であろうカサゴが姿を現した。


08-Pb120018.jpg
 護岸への駆け上がりの法尻付近でタケノコメバルを追加。開始から2時間で12匹。場所を移動しながら探るも、後半戦は魚の反応が悪く、なかなか数が伸びない。これで釣りを終えようかと思ったが、我ながらに結構しぶとく更に釣りを続けることに。


09-Pb120020.jpg
 今日、釣りを開始した場所に戻り、最後の悪あがきを開始する。ボリューム感のあるビームスティック2.2インチに変更して、更にはジグヘッドを2.5gに重くして、まだ攻めきれていない場所を中心にサイズアップを狙う。ほんの僅か数gの差ではあるが、ジグヘッドを少し重くして、ワームのボリュームを大きくすると操作性が増す。集中力が切れがちな後半戦は、このようにして釣りを簡単にするのも一考である。まずは護岸沿いにジグヘッドを投じる。干潮に近づき、潮位はぐっと下がり、更には潮が緩み始めている。ボトムを少し切るイメージで、リーリング速度を上げて良型の反応を伺う。ツツツ・・・・っとバイトがあり、そしてグーンっと力強い引き。金太郎飴のように見事に同じサイズのタケノコメバル。もしや同じ個体を何度も釣っているんではなかろうかと思うほどである。


10-Pb120022.jpg
 潮流に対してアップクロスにジグヘッドを投じて、護岸の駆け上がり付近を斜めに攻めると、クンッと小さなバイトの後にグググっと重量感。ドラグがジリジリと鳴る。丁寧に抜きあげると良型のカサゴ。抱卵している。


11-Pb120023.jpg
 前半戦よりか少しサイズアップして更にカサゴを追加。こちらも産卵を控えている個体のようだ。


12-Pb120024.jpg
 更にカサゴ。


13-Pb120025.jpg
 タケノコメバルを追加。

 結局、最後の悪あがきで5匹を追加することに成功して、合計17匹で終えることが出来た。素早く帰宅して道具を片付けた後に久しぶりに神戸三宮の街中へと繰り出すことに。


15-Pb120035.jpg
 釣りを楽しみ、お酒を楽しみ、充実の1日を終える。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年11月12日(土)午後8時00分~午後10時30分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:曇り、気温:16度、水温:19度
 ポイント:神戸港
 釣果:計17匹(カサゴ9匹、タケノコメバル7匹、鯵1匹)(全てリリース)

14-Pb120026.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky、#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo
 ・JACKALL Jacoknuckle 2inch、Grow Pink Silber Flake
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト

(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g~3.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
16-20161112.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~昨夜から一転~  |  和歌山中華そば探訪(37) ~麺龍~ »

コメント

こんにちは

自分は今週忙しいくてブログお休みしました

そろそろしゃっくっていきませんか?
寒ブリ狙いで!
自分は久々にジギングやってみたのですが
船酔いでナチュラルスローピッチジャークに・・・

下を向かないまま巻き上げる・・・

やはり船は度々乗らないとくらいますね・・

yutkun #- | URL | 2016/11/14 17:31 * edit *

yutkunさん、こんばんはっ。

そろそろ寒ブリを狙いたいところですねぇ!ここ最近、すっかり日本海に行ってないので、きっとゲロゲロゲーになりそうです・・・。アネロン必須で。

徐々に寒くなってきました。キビシイ時期になりますが、まだしぶとく釣行しますよぉ。

donfan #bhhZubZs | URL | 2016/11/15 20:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/364-87e62730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)