04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

神戸・明石間メバリング釣行 ~昨夜から一転~ 


 昨夜の釣行が、予想以上に調子が良かったことに気を良くして、我ながら単純な思考回路であることが丸出しであるが、明日の出張を顧みずに嬉々として神戸港へと足を運ぶ。日曜日の夜の割に人が多く、緑色の電気浮きが揺れているところを見ると、どうやら太刀魚狙いのようであるが、釣果を確認すると渋いとのこと。今日は大潮。実は神戸港での過去の釣行では、大潮で良い思いをした例が無く、念のために昨年の釣果を確認すると、やはり今の時期は、輪をかけて苦戦していることが判明した。


01-Pb130037.jpg
 満潮が午後6時。現在の時刻は午後8時前。十分に下げ潮が効いている時間帯であるが、海面を覗き込むと、ものの見事に静寂を保っている。まずは昨夜の釣行時に調子が良かったダイワのビームスティック2.2インチを投入して様子を伺うが、見事に反応無し。ジグヘッドとワームをローテーションするも明確な答えが無く、時間だけがダラダラと過ぎる。徐々にジグヘッドを軽くして1.5g、ワームはジャッカルのジャコナックルに辿り着いている。テールの波動で魚の活性を上げる作戦であるが、この釣れない状況は、ワームの色や形がどうのこうのと言う次元では無いような気がする。護岸沿いをタイトに攻めて、何とかタケノコメバルを1匹。しかし後が全く続かない。場所を移動しながら、次々にジグヘッドを投じていくが、鯵かキスかハゼか分からないような微細なバイトが何度もあるが、これが全く乗らず。


02-Pb130040.jpg
 1時間が経過。昨夜と状況が違い過ぎていて、何をどうしたら良いのかまったくもって判断出来ず。攻めるレンジを変えて、魚のご機嫌を伺うが、今日はすっかりご機嫌斜めのようでいずれも音沙汰無し。ツンツンと突っつく変なバイトを辛うじて捉えると、ロッドのティップを激しく叩く魚がヒットする。鳴門海峡や明石海峡で、似たような魚を釣ったなと思いきや、やはり、その稚魚でありました。是非とも、3年後ぐらいにお手合わせを頂きたいところ。


03-Pb130042.jpg
 移動を繰り返しながら、根気強くジグヘッドを投じていく。次々に緑色の電気浮きが去って行くが、明日が月曜日と言う事実よりも、釣れない現実によるところであろう。色々な方向にジグヘッドを投じつつ、思い出したようにして護岸沿いをタイトに攻める。ジグヘッドを着底させてから、一定の速度でジワジワと浮遊させていると、モゾッ・・・と、もたれるような変な感触。巻き合わせ的にリーリング速度を少し早めて、ロッドに負荷を掛けると、ツーっとラインが流れるような・・・怪しげな動き。念のため、腑抜けた情けないフッキングを入れてみると、おっ、魚が掛かっているでは無いか。カサゴを1匹。


04-Pb130044.jpg
 カサゴのバイトが明らかに違う。普段なら、コツコツっと単純明快なバイトで、アングラーの心を躍らせてくれるが、今日のカサゴのバイトは一転して極めて小さくて渋くて、そして心が躍らない。藻でも引っ掛けたような、ヌワァ~っとした重量感。ロッドの先端を注視すると、躍動感とは程遠く、ヘナヘナと頼りなく動いているように見える。ロッドの円弧を小さくするように、ジワッとラインテンションをかけると、ロッドにグググっと重みが乗る。カサゴを追加。


05-Pb130045.jpg
 護岸の駆け上がりを斜めに攻める。注意深く観察すると、釣行開始時から明らかに潮位が下がっているが、何故かそれが潮流に反映されておらず、相変わらず海面がダラけている。駆け上がりの法尻付近で、微細なバイトを感知するも、いずれも乗せることが出来ず。”タンスにゴン”のCMで、双子の女の子のリズミカルな歌と動きの合間に、背後の階段にいるオッサンが”あぁ~”っと叫ぶが、まさにあんな心境である。

 釣りをされている方は、ご理解頂けると思うが、釣りには集中力が必要である。特に頻繁にロッドを操作して、ルアーや仕掛けの具合を伺い、操作が必要な釣法であれば、尚更にして集中力が必要になる。私の場合、2時間程度で集中力がプッツリと切れてしまうが、丁度、その状態になりつつあり、意識が遠のきそうになった瞬間に、モソ~っとゴミでも引っ掛けたような違和感。いつものカサゴなら、コンコンっと扉をノックするが如くに教えてくれるが、今日のカサゴはシャイで奥ゆかしいようであり、こちらの思考回路を乱してくれる。ロッドに負荷を掛けて、ジグヘッドを回収しようかと思いきや、何とこの時点で魚が掛かっていることを理解して、素早く我に返り、ロッドにテンションを掛けて、そして丁寧に、丁寧にやりとりをする。カサゴだ。

 自然を相手にしているからこそ、時に狙い通りに事が運ぶことがあったり、根底から覆されたり、思考し逡巡し懊悩し閃き、一喜一憂もしくは撃沈して、振り出しに戻る。一筋縄で行かないからこそ、人生の永きを費やしてまでも追求したくなる遊び、それが釣りなんだろうな。まだまだ修行が足りぬ。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年11月13日(日)午後7時50分~午後9時30分
 潮回り:大潮、下げ
 天気:晴れ、気温:20度、水温:19度
 ポイント:神戸港
 釣果:計5匹(カサゴ3匹、タケノコメバル1匹、真鯛1匹)(全てリリース)


■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

06-Pb130047.jpg


■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky、#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo
 ・JACKALL Jacoknuckle 2inch、Grow Pink Silber Flake
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト

(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g~3.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20161113.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(38) ~つけ麺 槍(そう)~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~水温下がりシーズン到来か~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/365-32f9c01a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)