06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

和歌山中華そば探訪(38) ~つけ麺 槍(そう)~ 



01-Pb190138.jpg
 本日のランチは、和歌山市から少しだけ足を延ばして貴志川町へ。

つけ麺 槍(そう)
 住所:和歌山県紀の川市貴志川町長山277-44
 電話:0736-71-0953
 営業:11:30-14:00、18:00-20:30
 休み:月曜日、木曜日の夜
 駐車場:5台


09--P5050216.jpg
 貴志川町っていったい何処やねんとのご指摘もあろうかと思うが、猫の”タマ駅長”で有名な和歌山電鉄貴志川線の沿線と言えば、5%ぐらいの方は膝を打って頂けるかも知れないが、和歌山市から東側に10kmほど入ったところにある田園風景とミカン畑が広がる、実に自然豊かなところにある。

02-Pb190124.jpg

 
03-Pb190125.jpg
 店内は、座卓が2卓、テーブル席1卓、カウンターに6席あり、こじんまりとしている。開店早々は客もまばらであるが、正午を回った頃には、常連と思しき地元人や如何にも観光客の方々などで素早く満席に。何故か女性の比率が高いのは、中華そばに押されて、つけ麺のお店が少ないここ和歌山にあって、つけ麺はオシャレ的な印象が強いからであろうか。脱力した顔面に少し力を入れつつ、そして背筋を伸ばす。


04-Pb190126.jpg
 随分してから気が付いたが”貴志川ラーメン”もある。字が小さすぎる。


05-Pb190130.jpg
 「つけ麺、叉焼増し」850円也。普段と誠に勝手が違い、いつもならスープを啜ってから味の主軸が何であるかを判断して、そして厳かな気持ちで、目を閉じつつ麺を啜り、スープと麺の絡み具合を確認して、鼻に抜ける豚骨スープの香りや、口中に広がる旨味を感じて、そして嚥下しながら麺の喉越しをも楽しむところであるが、まるで初めて海外旅行に行った時に、真紅の鍋に山盛りと積まれた香しいムール貝をどうして食べたら良いのか分からずに、たじろいだ時のようなそんな気持ちである。ちなみにムール貝は、最初の1つ目は手で身を摘まんで食べて、その後は、ムール貝の殻をトングのように使いながら、別の身を挟んで食べるのである。


06-Pb190131.jpg
 うどんのような色白の太麺。これをそのまま啜ってみると、見た目の豪快さとは裏腹に小麦の香りはあまり感じられず無味無臭。つけ汁が濃厚である筈なので、麺は出しゃばるなとの考えであろうか。


07-Pb190132.jpg
 濃厚なつけ汁に麺を投入する。しっかりと麺をつけ汁に絡めて、そして、おちょぼ口でズルズルと一気に吸い込みたいところであるがそれを我慢して、隣席の女性陣に汁が飛び跳ねないように細心の注意を払いながら、存在を消すようにして瞑想中であるかの如くに静かに啜る。事前情報によれば、豚骨と鶏ガラでスープを取っているとのことだが、大量の鯖節と魚粉と味噌のような醤油のような濃厚で力強い味が前面に立ちはだかっていることもあり、その存在は明らかでは無い。確かに美味いが、味が濃すぎて直ちに飽きてしまいそうである。


08-Pb190135.jpg
 つけ汁の中から叉焼を発掘する。実に美味そうなバランスの叉焼であるが、つけ汁の味が強すぎて、肉のような物体を齧っているとの印象しかなくて非常に勿体ない。きっと美味いはずなのに。つけ汁の中を更に捜索すると、メンマとモヤシが隠れている。今までの人生で、モヤシを好んで食べた記憶は皆無であるが、濃厚なつけ汁のこともあり、水分を含んだシャキシャキのモヤシの存在を頼もしく思う。喉の渇きを覚えつつ、蓮華で最後の最後までつけ汁を啜ったが、やはり普通のラーメンのスープを啜って箸と蓮華を置きたいところ。

 結局、ラーメンと勝手が違ったことと、女性比率が高かったことも相まって、集中して味わうことが出来ずに終了してしまった。美味かったのか、そうでなかったのか、良く分からない。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:つけ麺 槍(そう)
「つけ麺 叉焼トッピング」
 ◇お値段:850円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、メンマ、もやし
 ◇麺:太麺ストレート
 ◇スープ:豚骨鶏ガラ鯖節等の魚介系
 ◇叉焼:叉焼5枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:やはりスープを啜りたい
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山サーベリング釣行 ~完全迷走中~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~昨夜から一転~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/366-f6e70237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)