09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山紀北チニング釣行 ~貧釣を打開するには~ 


 日曜日の早朝の太刀魚釣行では、事前の風の噂を真に受けてロッドを振ったものの、やはり一時的な太刀魚の気まぐれだったのか思うような釣果を得ることが出来ず、敢え無く撃沈。夕方に再挑戦しようかと思案するものの、美味いラーメンを食べて、酸味と甘味が絶妙なバランスのミカンを頬張り、久しぶりにチヌの様子を伺いがてら小春日和のような気候の中、護岸沿いを散歩してみると、偏光グラス越しにチヌがちらほらと見える。太刀魚釣行に繰り出して、また同じ轍を踏むと月曜日からの仕事にも支障が出ると判断して、今日は近場でチニングを楽しむことに。


01-Pa300031.jpg
 少し前に追加購入したカウンター。何故に購入したかと言うと、2種類の魚を爆釣した際に、確実に釣魚数を数えることが出来るようにとの思いであったが、案の定、この2種類のカウンターを使いこなすような好況とは縁が無く、ましてや1つのカウンターすら不要なほどの貧釣な状態なので、言わずもがな今のところは出番が無い。

 シャワーを浴びて、夕飯を食べてから、午後6時にポイントに立つ。既に晩秋で、師走の背中がすぐそこに見えているにも関わらず、気温は20度に近く、川面にそよぐ北風を気持ち良いと思ってしまうのは、気候変動のせいなんだろうか。頭上には下弦の月がぶら下がっている。季節外れの蚊と格闘しながら、釣り歩くも、夜の川面と言えば蚊の主戦場で、抵抗虚しく何か所も刺されてしまい、痒くてしようがない。実に4カ月ぶりのチニング。川底の状況も随分と変わっていて、予期せぬところに何やら転がっていて、ジグが根掛かってしまう。慎重にジグを投じては、ボトムの感触を確かめながら、バイトを誘う。たまにガツガツガツ・・・っとチヌらしきバイトがあるも、なかなか乗せることが出来ない。


02-Pb200015.jpg
 1時間以上が経過して、太刀魚に続き撃沈を覚悟し始めた頃、チヌのバイトが頻発。ガツガツガツ・・・っと鋭いバイトからして、小型のチヌである可能性は高いが、最初の1匹は重要である。ジグを投じる角度を変えながら、扇状に丁寧に探っていく。蚊にやられた手の甲が猛烈に痒く、一定速度のリーリングに大いに支障を来す。痒さに耐えながら、慎重に探っていると、ガツガツガツ・・・っと鋭いバイト。合わせるでもなく、送るでもなく、そのままラインを巻き取りつつ、グイッとロッドが入ったところでロッドを引き寄せると、一瞬だけドラグが鳴るも、簡単に引き寄せることが出来る。しかしながら、久しぶりのチヌの引きは心地良く、月光を浴びながら満面の笑みであるのは、さすがに気持ち悪いはずであるが、嬉しいのでしょうがない。

 姿を現したのは、25㎝のチヌ。川面が揺らぎ、潮の動きを確認することが出来る。


 その後も粘り強くジグを投じていく。何度か惜しいバイトがあるも乗らず。追い風を利用して、やや沖合にジグを投じて、ロッドを立てながらゆっくりとラインを巻き取っていると、ふとラインテンションが抜けて、そして間髪入れずに、ギャァァァッ~とまるで悲鳴のようにドラグが甲高く唸る。完全にロッドが角度を失ってしまい、魚の引きに伸された格好になるが、すかさずロッドを立ててフッキングを入れるも、あぁ刹那。ラインテンションが無くなり、フッキングに失敗したことを知る。間違いなく良型であっただけに落胆してしまうが、まぁ、取り合えず坊主を回避することが出来たので、良しとしよう。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年11月20日(日)午後6時~午後8時30分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:曇り時々雨、気温:19度~17度
 ポイント:和歌川
 釣果:チヌ1匹 25cm(リリース)

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
(2)ジグヘッド
 ・Cross Factor, Chinu Maru 3.5g, Black & Red

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
03-20161120.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北チニング釣行 ~遅ればせながらの新たな装備~  |  和歌山中華そば探訪(39) ~加勢田商店~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/369-f7cff8b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)