09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山紀北チニング釣行 ~雨上がり、フワッとバイトを捉えよ~ 


 深夜から降り始めた濃密な雨は、延々と日曜日も降り続き、視界に入る景色がモノトーンとなり更に明度が落ちて、そして気分も滅入る。炬燵に入ってミカンを頬張りつつ、釣り雑誌の釣行記を眺めながら、その地を巡るのも悪くないが、やはり現実にかなうものは無い。十分な休息と、十分な妄想とで、英気を養ったのは良いものの、夕方になっても密度の高い雨は止まず。天気予報を確認すると、午後8時ごろから降雨量が”0”との表示。それまでにシャワーを浴びて、実に簡単な夕飯を終えて、身支度を整えて、そして上下のレインコートに身を包んで、いざ出陣。霧雨に変わっている。

 長く降り続いた雨の影響で、恐らく水温は下がり、水は濁り、苦戦が予想される。ヘッドライトで水の様子を伺うと、意外にも普段と同じ程度の透明度が確保されている。護岸に対して斜め前方にジグを投じて、じっくりと探る。雨の影響で、上流から運ばれた細かい砂が堆積したのか、普段よりボトムから伝わる感覚が柔らかく、また根掛かりも回避しやすく感じる。今日は中潮で、満潮から下げ5分の時間帯。潮の動きも確認できる。


 開始から30分、護岸沿いにタイトに投じたジグを丁寧に、微速で動かしていると、フッとラインテンションを失った後にモゾモゾっと違和感。ロッドを引き寄せながら、ラインテンションを確保して、そしてフッキングをいれると、グググっと力強い魚の躍動感。幸先が良いと思った瞬間にテンションが消える。ワームだけを咥えていたのかも知れない。カツカツカツっと鳥が何かを啄ばむようなバイトもあれば、昨日もそうであったが、スッと吸い込むようなバイトもあり、前者の場合は小物のことが多く、後者は大物であることが多いが、これ以外にも、その時に捕食しているベイトによって差が出ているのかも知れない。


02-Pb270079.jpg
 開始から1時間30分、何度かチヌのバイトがあるも、いずれもスッと吸い込むようなバイトで、フックアップには至らず、ジグを確認するとワームがフックからズレた状態であった。食いが浅いのかも知れない。半ば諦めの境地であるが、釣りのこと半分、別のこと半分で、無意識に近いような状態でロッドを操作していると、またしてもフワッと浮くような感覚が伝わり、そしてジワジワと重量感が増す。素早くフッキングを入れると、グンッとロッドが絞り込まれ、そして強く締めたドラグが、チリチリチリっと甲高く鳴る。過去の経験から、バイトした直後の走りに対して、ラインを極力出さず、重みをバットでしっかりと受け止めないとフッキングに至らないことが多く、まさに最初が肝心である。針がチヌの唇を捉えることが出来れば、後は丁寧にやりとりさえすれば高い確率で取り込むことが出来る。ラインテンションを一定に保ちつつ、チヌとの間合いを詰めて、そしてランディング。35㎝。


01-Pb270078.jpg
 精悍な顔つき

 その後、貴重なバイトを取り逃し、更には潮の動きが悪くなり午後10時をもって納竿とした。分厚く覆っていた鈍色の雲が抜けて、夜空が狭間に見える。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年11月27日(日)午後8時15分~午後10時
 潮回り:中潮、下げ5分から開始
 天気:曇り、ほぼ無風、気温:13度
 ポイント:和歌川
 釣果:チヌ1匹 35cm(リリース)

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
(2)ジグヘッド
 ・Cross Factor, Chinu Maru 3.5g, Black & Red

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
03-20161127.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~金太郎飴カサゴ~  |  和歌山中華そば探訪(40) ~だるま屋~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/373-026b3668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)