08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山中華そば探訪(41) ~湯浅吟醸醤油ラーメン麺屋ひしお JR駅前店~ 


01-Pc110224.jpg
 今日のランチはこちら。JR和歌山駅から徒歩3分程度の路地裏にある。本店は和歌山城の北側にあり、基本的には本店もJR駅前店も同じ内容のラーメンのようだが、こちら和歌山では、同じ屋号を掲げていても、全くもって味が異なるというような店が多々あるので、いくら本店は美味くても、同じく支店も美味いという保証はない。ちなみに本店は何度か足を運んでいるが、濃厚で美味い。

湯浅吟醸醤油ラーメン麺屋ひしお JR駅前店
 住所:和歌山県和歌山市美園町5-7-12
 電話:073-499-7719
 営業:11:30~14:30、18:00~24:00
 休み:日曜日午後、12/31、元旦
 駐車場:なし(対面にコインパーキングあり)


02-Pc110222.jpg
 店内は、少し古い雰囲気を醸すように内装されている。醤油づくりの本場である湯浅の歴史ある建物を意識しているのだろうか。不思議なことに濃厚なラーメンを出す店であるが、豚骨にありがちなスープの匂いが漂っていない。


03-Pc110203.jpg
 和歌山における中華そば店のメニューたるや、何十年も前から壁にぶら下がっている短冊であったり、白い紙に手書きというようなアナログ状を多々見かけるが、こちらはご丁寧に写真入りで、良く見るとラーメンと他の料理とを組み合わせることで料金が安くなるような仕組みもあって、なかなか良心的と言うか商売上手な印象を受ける。


04-Pc110209.jpg
 「特選煮干豚骨ラーメン、叉焼増し」720円+250円=970円也。かなり高額であります。見た目に華やかさは無いが、背脂が浮いたスープには魚粉が浮いていて、器の周囲を分厚い叉焼が沈みながら取り囲んでいる。まずは蓮華でスープを啜る。濃厚な煮干しの香りがワッと拡散して鼻腔を抜け、口中にジュワ~っと旨味が染み渡る。豚骨の匂いはあまり感じないが、奥底でスープの濃厚さを支えるような深さがある。煮干しと豚骨の見事な融合であるが、煮干しの味が強いので、好みは賛否あるであろう。スープの温度は高く、給仕された際に浮いていた背脂も、時間が経過すると溶け出して、キラキラと輝く油膜となる。


05-Pc110215.jpg
 お次は麺を啜る。覆い被さる叉焼を掻き分けて、麺を取り出すと、黄色に輝く中太のやや縮れ麺が姿を現す。濃厚なスープをまとった麺を啜ると、モチモチと歯応えがあり、噛み締めると粘着力が増して、炭水化物を食べている感に溢れる。温度の高いスープの影響もあって、麺を啜るたびに少しづつ柔らかくなり、モチモチ感が向上する。


06-Pc110219.jpg
 分厚い叉焼を取り出そうとするが、あまりにも柔らかくホロホロ状態であり、割箸で持ち上げることすら難しい。叉焼を蓮華で掬いあげて、そして大口で一気に頬張ると、噛み締めるまでもなく、赤身と脂身がホロホロと分解して、まるで溶けるようにして小さくなり、甘みを伴いつつ舌の上で踊りだす。唾液が溢れだしているのが分かる。見た目は脂身が多くて胸焼けしそうな勢いであるが、実際には、意外にも優しい味であり、肉を食べているという感覚は無い。温度の高いスープが、叉焼の食べやすさにも貢献しているようである。

 至福の時間を過ごし、帰り際に厨房を横目で見たときに気が付いてしまうのだが、濃厚なスープを売りにするお店であるにも関わらず、店内に豚骨の匂いが充満していないと思いきや、ナイロン袋に1杯分のスープが封入されていて、それを注文とともに湯煎する方法を取っていることが分かった。なるほど、これで本店と同じ味を確保しているのであるが、少し残念な気もした瞬間であった。でも美味いので良しとする。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:湯浅吟醸醤油ラーメン麺屋ひしお JR駅前店
「特選煮干豚骨ラーメン、叉焼増し」
 ◇お値段:720円+250円=970円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、もやし、かいわれ、豆板醤
 ◇麺:モチモトやや縮れ中太麺
 ◇スープ:トロリ煮干し豚骨醤油、背脂たっぷり
 ◇叉焼:ホロホロ柔らか豚バラ叉焼5枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:煮干しと豚骨の融合
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山紀北シーバス釣行 ~難攻不落のサヨリパターン~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~金太郎飴カサゴ~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/375-521c074f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)