05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

神戸・明石間メバリング釣行 ~ダラダラ潮の功労~ 


 今日は久しぶりに有給休暇を取得して、緩やかな平日を過ごす。潮汐を確認すると、夕方からの潮の動きが実に微妙で、モゾモゾと上げるでもなく下げるでもなくケジメが無い。若潮や長潮ならまだしも。普段通りに日没後から釣りを開始したならば、このケジメの無いダラダラ潮に苦戦して、結果、撃沈するに違いない。潮の動き以外の変化がある時間帯、明度が徐々に落ちる、つまりは夕暮れ時に釣行を合わせるべきであることを確信して、少し早めに釣り場に立つ。平日と言うこともあり、競合する釣り師はいない。


01-Pc190048.jpg
 今日は前半戦に神経を集中して、更には素早く魚の居場所を攻めるために、最初から少し重めの3gのジグヘッドを結ぶ。風が少し吹いているが、これに対しても有効になる。まずは護岸沿いにタイトにジグヘッドを落として、昨夜も反応があったトレースラインをなぞる。ジグヘッドが底を捉えたと同時に、リールのハンドルを回して、海底面を滑るようにしてジグヘッドを流す。昨夜と打って変わり、ボイルを確認することは出来ないが、海面の歪な揺らぎ方で、鰯等のベイトが表層で群れていることは確認出来る。二投目・・・・海底面を滑るジグヘッドから、ツン・・・っと小さなバイト。しかし乗らず。再度同じラインを通し、バイトがあった付近をより丁寧に攻めると、再度、ツンッと・・・とバイト。またしても乗らず。立ち位置を変えて、180度反対の方向からジグヘッドを通すと、ツンッ・・・ククククッ・・・っとバイト。ラインテンションを保ちつつ、少しだけ”間”を与えると、グンッっとロッドティップが入る。素早く魚の動きに応じるが如くに臨戦態勢に入る。躍動感ある動きに呼応して、ロッドとリールを操作する。姿を現したのは、タケノコメバル。


02-Pc190052.jpg
 移動しながらジグヘッドを投じていく。太刀魚の回遊に備えて、別のタックルにシンキングミノーを結び、適宜、ミノーを投じていくが明確な反応は無い。根魚狙いに立ち戻り、小型のカサゴを追加するが、反応が小さく、後が続かずに苦戦する。場所を移動して、潮の流れの影響を最も受けやすい先端部に移動して、護岸沿いにジグヘッドをアンダーキャストで投じて、底を確認してからラインテンションを効かせながら微速で移動させると、フワッと浮くような違和感。ロッドを少し立てて、具合を確かめると重量感がジワジワと増し、そしてハンドルを素早く回すと、グググ・・・っと更に重量感が増し、ロッドが大きな弧を描きドラグが唸る。一気にロッドを引き付けて、勝負をかけようかと思いきや、護岸の根元に潜られてしまい完全にスタック。ラインテンションを緩めて、数秒間待ってから魚を引っ張り出すようにロッドを押し出すと・・・抜けた。最後は一気に引き抜いて、無事にランディング。カサゴ26cm。久しぶりの良型。


03-Pc190050.jpg
 丁寧に探ると、ポツリポツリながら反応があることが分かり、場所を変えつつ根気強くジグヘッドを投じていく。ただし、バイトは非常に思慮深く、微細で、稀であるので、少しの違和感も見逃さないような集中力が必要で、些細な変化に気が付くことが出来れば、例え、最初のバイトで魚の顎を捉えることが出来なくとも、ジグヘッドを投じる方向を変えて、ジグヘッドを魚の目の前に送り込むことが出来れば、再びチャンスは訪れる。このカサゴも、3度目のバイトでようやく捉えたもの。体高があり、背鰭が凛々しい、綺麗な1匹。


04-Pc190053.jpg
 小型ながら複数匹を追加する。


05-Pc190055.jpg
 場所を変えながら、確実に捉えていく。潮の動きが悪く、苦戦が予想されただけに、確実に数を重ねることが出来ていることに満足感を得ながら、丁寧にジグヘッドを投じていく。時折、鰯が群遊して海面が騒めくが、プラグを投じても、太刀魚やシーバスの反応は無く、この時点で、今宵は根魚に照準を絞ることが得策と判断して、ジグヘッドリグに専念する。普段はあまり攻めることが無く、見逃している場所を丁寧に探ってみることにする。直ちに反応があり、カサゴを追加。産卵を控えたカサゴも、既に産卵を終えたカサゴも、この界隈に居着いているのか、昨年とは随分と状況が違う印象がある。昨年は11月頃に水温が20度を切り出すと、急に魚の反応が悪くなり、それが12月に入っても同様の苦戦ぶりで、それが1月、2月、3月まで続いたとメモをしている。単純に、今年は釣行をしている日時や潮回りが良いだけなのかも知れないが。


06-Pc190062.jpg
 抱卵した良型のカサゴを追加。劇的な連釣とはいかぬまでも、根気強く粘れば確実にバイトがあり、1時間半を超えても未だ集中力を維持出来ている。予想に反して、今日のケジメが無いダラダラ潮に助けられている印象だ。


07-Pc190064.jpg
 更に抱卵したカサゴを追加。


08-Pc190065.jpg
 護岸沿いを歩きながら、相変わらずジグヘッドを投じていく。よくもまあ2時間にも亘って、同じことを繰り返すことが出来るなと、我ながらに感心し、一方では呆れつつ、ふと思えば子供の頃から指折り数えて、釣り歴だけは着実に年数を重ねていることにも驚いてしまう。昔に比べれば、多少は知識や技術が身に付いてはいるものの、未だに釣行の度に何らか得るものが有り、対象魚が変われば、場所が変われば、リグが変われば、たちまち素人に逆戻りしてしまう。実に奥が深い嗜みであると改めて思う。今日は、幸いなことに六甲おろしが沈黙してくれており、お陰で気温が下がらず、故に長時間の釣りにも集中力を持って魚と対峙出来るのである。今日の締め括りに相応しく、微細で慎ましやかなバイトの後に、鈍重な抵抗がロッドを伝い、そして大きな弧を描く。ロッドの反発力とリールの確かな前進によって、確実に魚との間合いを詰めて、最後は一気に引き抜いてランディング。見事に抱卵したカサゴであった。写真を撮った後に、素早く海に解き放ち、納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年12月19日(月)午後5時30分~午後7時30分
 潮回り:中潮、微妙に下げ
 天気:晴れ、気温:13度、水温:15度
 ポイント:神戸港
 釣果:計11匹(カサゴ10匹、タケノコメバル1匹)(全てリリース)

09-Pc190071.jpg


■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky、#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド3.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
10-20161219.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~中層攻め~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~感動の後に現実世界へ~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/378-f4c74531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)