08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

神戸・明石間メバリング釣行 ~短時間、濃密釣行~ 


 昨夜に引き続いて、繁華街は浮足立っている雰囲気が存分に漂っている。昼間は、師走とは思えぬ生ぬるい気温で、ホワイト・クリスマスを期待するには程遠い状態であったが、夕暮れ時には気温が一気に下がり、この冷え込みがむしろ、肌をピリピリと刺激して心地良くすら感じてしまう。ここ神戸では、滅多に降雪するようなことはないし、雪が降っても何も盛り上がることは無いので、むしろ寒いけど雪が降らない状態が有り難い。


01-Pc250195.jpg
 今日は午後5時にポイントに到着して、少し早い時間から釣りを開始。明度が落ちていく時間帯に、活性が高まった個体を、手際よく捕獲する作戦。昨夜に引き続いて、2gのメバル弾丸・ジグヘッドに、ダイワのビームスティック2.2インチを1㎝ほどカットしたものを使用する。こうすることで、ジグヘッドとワームのシルエットが一体的に馴染んで良い。まずは、夕暮れの時間帯を中層付近にサスペンドするメバルに照準を合わせることにする。ジグヘッドを護岸沿いの陰影の影の部分に落とし込んで、ゆっくりと一定の速度で引く。二投目にして、軽快なバイトを捉えるも、何故かカサゴ。浮いているのか。


02-Pc250197.jpg
 ”秋の日は釣瓶落とし”と言うが、冬至を過ぎたばかりの師走に於いても同様で、まさに釣瓶落としの如くに一瞬にして明度が失われていく。遠くに見える無数の夜景や車のライトが鮮明に映る。潮回りは新月に向かう中潮で、午後3時半頃の満潮から午後10時半の干潮まで、7時間をかけて一気に潮位が下がる。今は、所謂、下げ3分の時間帯で、夕暮れ時の時間帯と併せて、まさに適時である。護岸沿いにジグヘッドを送り込んで、出来るだけ護岸に対してタイトに、かつ一定の速度でゆっくりと引く。最近の釣り道具の進化により、魚がワームに触れたような繊細なバイトですら、しっかりと手元に伝えてくれることもあり、違和感を覚えた瞬間に、僅かにリーリング速度を落として、タメを入れ捕食を促したうえで確実なバイトへと導くことが出来る。良型の場合は、その遊泳力を活かしてワームを追尾しつつ捕食するために、最初の触れるようなバイトに気が付かなければ、その後にグンッと力強く頭を振った瞬間の明確なバイトの瞬間にして、ようやく魚に気が付くこととなる。中層に浮いたジグヘッドを咥え込んだ魚は、良型のカサゴ。フッキングの直後に、真下に潜る痛烈な引きは、ロッドを弓なりに曲げた。


03-Pc250198.jpg
 同じトレースラインを中層と底層とに分けて、魚の居場所を確認しつつ順番に攻める。1つのトレースラインで、2投以上はせず、色々なポイントを手短に攻める。中層にジグヘッドを漂わせていると、ツンッと微小のバイト。ソリッドティップが微小なバイトを逃さず捉えて、姿を現したのはメバル。上唇の奥にすっぽりとワームが入っている。活性が高いのかも知れない。同じような微小なバイトを数回、取り逃す。


04-Pc250200.jpg
 場所を変えながらジグヘッドを投じていく。秋頃に調子が良かったポイントを念のため確認するも、完全に魚の付き場所が移動しているのか、今や反応は皆無。静穏度の高い場所に戻り、再びジグヘッドを投じていく。中層付近でのバイトを得ることが難しく、仮にバイトがあったとしても臆病なほどに繊細で、針が顎を捉えることは難しく、恐らく極小メバルであろうと判断して、狙いをカサゴに切り替える。2gのジグヘッドの功労で、底層付近をふわりふわりと漂わすように操作することが可能になる。護岸沿いに投じたジグヘッドをジワジワと一定速度で進めていると、ツンッ・・・っと小さなバイト。その直後に吸い込むような、もたれたバイトがありソリッドティップが入り、力点が一気に手元に寄る。大きく曲がるロッドを更に揺さぶるようにして、魚が躍動する。真下に突っ込む引きに強引に応じて、一気に魚を浮かす。白濁した海面を注視して、魚のサイズを確認したうえで一気に引き抜く。25㎝ほどの良型のカサゴ。


05-Pc250201.jpg
 更にカサゴを追加。


06-Pc250203.jpg
 護岸からの延びる桟橋と並行方向にジグヘッドを投じて、底を取ってからまずはシェイキング。少し動きを止めてから、そしてジワジワと底付近を一定速度でトレースすると、トンッと叩くようなバイトの後に躍動感ある素早い動き。ラインを一気に巻き取って、魚の動きをロッドのバット部分で応じつつ、周囲の障害物に注意しながら一気に寄せる。タケノコメバル。


07-Pc250206.jpg
 狙うべき所に確実にジグヘッドを送り込むことが出来れば、何らかの反応があるが、決して簡単では無く、集中力を高め、丁寧に粘り強く攻めないといけない。護岸付近の構造上、アンダーキャストで尚且つバックハンドキャストを必要とするポイント。狙いの位置にジグヘッドを投じ、しっかりと沈めてから、少し底を切るようにロッドを操作して、一定の速度で進める。ジグヘッドが海藻か何かの柔らかいものに接触したような違和感。更にそのまま進めると、ヌワッとした違和感の後にロッドのティップが少し入るような動き。間髪入れずにフッキングを入れる。ロッドが一気に絞り込まれて、ラインが真下に入る。ロッドを高々と掲げつつ、ドラグを鳴らしながらラインを巻き取る。スプールの動きを手で止めて、強引に魚を浮かせて、一気にランディング。25㎝を少し切る良型のカサゴ。


08-Pc250208.jpg
 釣りを開始して1時間が経過。更に場所を変える。護岸の前面に捨て石が散らばっているポイント。このポイントでは、底を意識しすぎると、険しい捨て石にジグヘッドが挟まり、身動きが取れなくなることがあるために、捨て石に付かず離れずの絶妙な距離感が必要とされる。過去に何度も失態を繰り返している。ジグヘッドを投じて、一旦、底を確認した後に、ロッドを立てて底を切ってから、ラインを一定速度で巻き取りつつも、ロッドの縦の操作で捨て石をかわしていく。ジグヘッドが捨て石に接触して、イレギュラーな動きになった瞬間に、クンッっと鋭いバイト。これを見逃さず、一気に勝負をかける。抱卵した良型のカサゴ。

 更に粘っても、まだまだ釣れ続きそうな良い雰囲気ではあるものの、今日は1時間と少しで素早く切り上げて、帰途につく。街中は喧騒に満ちている。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年12月25日(日)午後5時~午後6時15分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:晴れ、気温:9度、水温:14.4度
 ポイント:神戸港
 釣果:計8匹(カサゴ6匹、メバル1匹、タケノコメバル1匹)(全てリリース)

09-Pc250214.jpg


■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック 2.2インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
10-20161225.png



スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~しぶとく年末寒風釣行~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~クリスマス・イブにまで竿を振る~ »

コメント

donfanさん

なんだか釣れまくってますね!
羨ましい限りです。

当方、年内はシーバスと心に決め狙い撃ちしておりましたが、今年は最後の最後まで太刀魚でした 笑

今年一年、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ、よいお年をお迎えください。。。

bottu #mQop/nM. | URL | 2016/12/31 11:52 * edit *

bottuさん、こんばんは。

私は大晦日までも釣りに出かけていました。これにて釣り納めです。今年もbottuさんのブログを楽しませて頂きました。こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします!

では、今年も残すところ後僅か。良いお年をっ!

donfan #mQop/nM. | URL | 2016/12/31 22:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/381-3c415468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)