04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

神戸・明石間メバリング釣行 ~とことん釣り初め~ 

 年末年始の休暇も残すところ後2日。ここ数年は、年末年始の休暇中に日本海釣行にて寒ブリを狙うという企画を継続していたが、釣友と都合が合わない等の事情があって、今シーズンは大人しく最寄りの神戸港で根魚を狙うことに。夕暮れの時合に合わせて、午後5時30分頃に神戸港に到着する。海面は穏やかに凪いでいる。


01-p1020008.jpg
 潮回りは新月後の中潮4日目。午後3時半頃の干潮から午後9時にかけて約40cmをなだらかに上げてくる。過去の経験から、この潮回りでは、魚の活性が安定して高く、良い釣果を得ることが多く期待が出来る。ここ最近は、パイロットルアー的にカルティバのメバル弾丸2gにダイワのビームスティック2.2インチ(1cmほどカット)の組み合わせを使用する頻度が高い。これで反応が無ければ、ジグヘッドを3gに重くして探る範囲を拡大し、もしくはバイトがあるも乗らない場合には、魚が吸い込みやすいガルプのマイクロシェイキーを投入することが多いが、今日は趣向を変えて、夕暮れの時合には、表層から中層付近の活性の高い個体を拾うこととして、ジャッカル・ジャコナックルのテールの波動で魚を魅了する作戦とする。陽が陰り、常夜灯との明暗が浮き出てくる時間帯となり、この明暗の境界付近を中心にジグヘッドを投じていく。クンッ・・・と明確なバイトがあり、ロッドティップが入るのを待って柔らかくフッキング。まずは小型のメバル。


02-p1020009.jpg
 護岸沿いにジグヘッドを投じて、5秒ほど数えてから中層付近をゆっくりと誘う。ワームのテールが左右に微振動する波動を感じるほどに集中して、丁寧にリールのハンドルを回す。フワッとラインテンションが消えるような違和感。ロッドティップを僅かに揺らして魚の負荷を確認すると、クッ・・・っとフックが魚の顎に掛かったかのうような感触が伝わり、素早くフッキング。グイグイとロッドを曲げる躍動感を楽しみながら、真下に潜る動きを封じてランディング。タケノコメバル。


03-p1020012.jpg
 メバルらしきバイトを何度か取り逃し、もたついているうちに早くも日が暮れて、表層から中層の反応が悪くなる。ワームをダイワのビームスティックに付け替え、中層から底層付近にレンジを下げて魚を誘っていく。ロッドの柔軟性を利用して、ジグヘッドを出来る限り遠投する。護岸沿いをタイトにトレースすることが出来ず、護岸の際をピンポイントで狙う必要がある場所。ジグヘッドを投じてから、護岸からジグヘッドが離れてしまわないようにラインを送り出して、縦にジグヘッドを落とし込む。着底を確認した後に、ロッドを立てて、底層付近をフワフワ浮遊するようにジグヘッドを操る。トンッ・・・と叩くようなバイト。ロッドティップが入ったところで素早くフッキング。ドラグがチリチリと唸り、ロッドが大きく湾曲し、明らかに良型の手応え。強烈な引きに、思わずチヌでは無いかと想像するが、程なくして力尽きたのか重量感だけがロッドを曲げる。海面に浮かぶ魚体を覗き込むと丸い塊のような良型のカサゴ。ゆっくりと抜きあげる。体内の卵がすでに稚魚に育っているのか、腹部分がピコピコと動いている。計測すると25cmを少し超えている。写真を撮影した後に、なるべく魚にダメージを与えないように静かにリリース。


04-p1020015.jpg
 場所を変えつつジグヘッドを投じていく。中層から少し下のレンジを浮遊させるように引いていると、クンッと明確なバイト。遊泳力に優れ、躍動感に溢れるタケノコメバルを追加。更に小型のメバルを2匹追加するも、いまいち活性は高くなく、また魚の居場所がばらついているのか、移動をしながらラン&ガン的に次々にジグヘッドを投じていく必要がある。同じ場所で粘るのは得策では無い。


05-p1020020.jpg
 過去に大型を釣った実績ポイントに移動。目の前では、鰯の群れが大きく旋回して、海面が蠢いている。太刀魚らしきボイルが頻発していて、鰯が逃げ惑い、そして海面が更に揺れ動いている。活性は高いように見えるが、シーバスを狙うアングラーに話を伺うと、かなり苦戦しているとのこと。良型を期待して、ジグヘッドを投じていくが、良い反応を得ることが出来ない。角度や方向を変えて執拗に攻めると、ようやくにしてバイト。クッ・・・っと違和感を察知した瞬間にフッキングを入れる。良型に有りがちな繊細なバイトで、期待が膨らむが、手応えは軽い。姿を現したのは、この辺では珍しいヨロイメバル。


06-p1020023.jpg
 場所を移動する。普段はあまり狙わないポイント。今日は普段より時間をかけて、とことん納得がいくまで釣り歩くことに。水深は2m~3mほどしかなく、大きな期待をせずにジグヘッドを投じる。ワームをダイワのビームスティックからガルプのマイクロシェイキーに変えている。ワームの存在感を高めて、活性の高い良型の個体を拾っていく作戦。護岸沿いにジグヘッドを軽く投じて、底の障害物にジグヘッドを接触させて、イレギュラーな動きを演出しつつ、リアクションバイトを誘う。狙いは早くも的中して、タケノコメバルの捕獲に成功する。その直後に更に2匹のタケノコメバルを追加する。タケノコメバルの力強い引きは、魚を掛けた後のやりとりも最後まで気が抜けず、釣り人を存分に魅了する。


07-p1020024.jpg
 カサゴを追加。


08-p1020026.jpg
 護岸が折れ曲がる暗がりのポイント。ジグヘッドをアンダーキャストで静かに投じて、ラインを送ってジグヘッドを中層付近まで沈めたうえで、一定の速度でラインを巻き取っていく。フッ・・・っと触れるような違和感。そのまま巻き続けていると、グンッと真下に突っ込むような強烈な引き。素早くロッドを掲げて、ラインを巻き取ろうとすると、ロッドが大きく曲がりドラグがチリチリと唸る。良型のカサゴにしては、躍動感に満ちている。ロッドの弾性力を存分に活かして丁寧に魚を浮かせると、海面が白濁して最後の抵抗を見せる。リーダーを掴んで引き抜くと、抱卵した良型のメバル。20cmほどある。出来るだけ海面近くまで手を伸ばして、メバルを静かにリリース。


09-p1020028.jpg
 水深が5mほどはあろうかと思われるポイント。常夜灯が作りだす明暗がくっきりと分かれている。ジグヘッドを明暗の境界付近にアンダーキャストで投じて、ラインを送り出してジグヘッドを縦に落とし込んでいく。着底を確認してから、ロッドを立てて底を切るようにシェイキングを入れると、ドンッ・・・ッと強烈なバイト。素早くロッドを立てて応じると、ロッドが大きな弧を描いて、同時にドラグがジリジリと鳴る。瞬時に良型であることを理解して、周囲の障害物に潜り込まれないように、強引にかつ慎重にロッドとリールを操作する。ポンピングで魚を浮かせた後、リーダーを掴んで引き抜くと、25㎝ほどの良型のカサゴ。画像では、その迫力を十分に表現出来ていないが。


10-p1020030.jpg
 場所を変えつつ粘り強く、しつこくジグヘッドを投じていく。徐々に集中力が切れつつある中、タケノコメバルとカサゴを1匹ずつ追加して、午後8時半に納竿とした。終わってみれば、今年最初の釣行としては、満足な結果を得ることが出来、疲労感と充実感を混ぜながらアクセルを踏んだ。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年1月2日(月)午後5時30分~午後8時30分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:11度、水温:14.0度
 ポイント:神戸港
 釣果:計15匹(メバル3匹、カサゴ4匹、タケノコメバル7匹、ヨロイメバル1匹)(全てリリース)

11-p1030033.jpg


■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・JACKALL Jacoknuckle 2inch、Grow Pink Silver Flake
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo, #105 Clear Gold)
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g~3.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
12-20170102.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~珍しく狙いが的中し~  |  折り畳み式のフィッシング・メジャー作成(改良版) »

コメント

donfanさん

なんだか凄い勢いで釣ってますね~♪
当方、本日初釣行でメバルを狙いましたが、、、

なんと、メバルは釣れずフグ1匹で終わりました。 ^^;
只今、そうとう落ち込んでおります 笑

bottu #mQop/nM. | URL | 2017/01/04 13:45 * edit *

bottuさん

今までに同じ場所に100回ほど通い、ようやくにして・・・少しだけ分かってきたような・・・。単純に潮回りが良かっただけなんですけど。

グーフー1匹ですかぁ。精神的にやられてしまう系ですねぇ。でも、今年はこれから尻上がりの釣果が約束されたので、良しとしましょうかっ(笑)

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/01/05 07:45 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/386-8128145b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)