07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

神戸・明石間メバリング釣行 ~雨の後の夜遊び~ 


 昼頃から降り続いている濃密な雨を眺めつつ、天気予報によれば午後8時過ぎには曇りに変わるとのことで、それを見込んで、我ぞ釣りバカと思いつつワイパーを忙しく左右に動かしながら神戸港へと向かう。さすがにこんな冷たい雨の夜には、他に釣り人は居やしないかと思いきや、目を凝らすと遠くに人影があり、耳をすませばロッドを振る音が聞こえてくる。しかも複数人。バカの上にはバカが居るものである。

 少し前から鰯の大群が入り込み、これを追ってシーバスや太刀魚も回遊しており、釣行の度に頻繁に激しいボイルを目の当たりにしている。昨年の和歌山釣行で培った太刀魚の餌釣りの威力を再確認すべく、太刀魚テンヤと鰯の生餌を携えている。まずは太刀魚の釣りから開始するも、冷たい雨がひとしきり降ったせいか、時折、思い出したように海面がざわつき単発のボイルが起こる程度であり、更にはそれが太刀魚のボイルでは無いことも分かり、30分ほどで太刀魚狙いを断念する。ここでハードルアーに付け替えて、シーバスに狙いを絞るという手もあるが、今日は撃沈の可能性が高いため、何事も無かったかの如くに根魚へと移行する。


01-P1080073.jpg
 満潮からの下げ潮は十分に効いている筈であるが、もう暫くすれば干潮の潮止まりを迎える。海面を覗き込むと雨の影響で濁りが入っていることから、容易に苦戦が予想される。フォールターン・オーバーの要領で海水温が下がると同時に、底付近は更に水温が下がり、魚の居心地が悪いであろうと想像して、まずは中層付近を中心に探ることとする。ジグヘッドを護岸沿いに投じて、3秒~5秒の範囲で沈めてから、ゆっくりと一定の速度で引く。開始から程なくして、クンッ・・・と明確なバイトの後に、真下にグイグイと突っ込む引き。ロッドの曲がり具合を確認しながら、慎重にやりとりをする。数回の突っ込みで、魚の動きが緩慢になる。20㎝には足りないが、良型のカサゴだ。厳しい展開になることを予想していただけに、この1匹は嬉しい。


02-P1080074.jpg
 護岸沿いに投じたジグヘッドをカーブフォールで落とし込んでいると、ツッ・・・と微妙なバイト。しかし乗らず。即座にメバルであることを確信して、再度、同じ場所にジグヘッドを投じたうえで、先ほどよりもラインテンションを高めてカーブフォールで誘う。ロッドティップを小さく動かして、誘いを入れると、クッ・・・ククク・・・っとバイトがあり、柔軟なソリッドティップが自動的に魚を捉えてくれる。難なく引き抜くと、小型のメバル。その後、何度かメバルのバイトを感知するも、乗せることが出来ずに場所を移動する。


03-P1080075.jpg
 中層付近でカサゴを追加。上顎の硬い部分にしっかりと掛かっているが、啄ばむような繊細なバイトで、喰いが非常に浅く、神経を集中しておかないと取り逃してしまう。


04-P1080076.jpg
 構造物の影を丁寧に攻めて極小のクロソイを1匹追加。場所を移動しながらジグヘッドを投じて、更にタケノコメバルを2匹追加する。気が付けば、濃密に降り注いでいた雨が止み、凛とした冷気が周囲を支配している。なかなか連釣とはならないものの、粘り強く攻めれば、小さいながらも元気な魚がロッドを曲げてくれる。


05-P1080081.jpg
 更に数を延ばすべく、比較的、魚の密度が濃い場所に移動する。潮どまりを前にスイッチを切ったように魚の活性が無くなってしまう。目ぼしいポイントに次々にジグヘッドを投じるも、反応は皆無。相当な距離を歩きながら移動して、ようやく微細なバイトを察知する。僅かに、ツッ・・・と触れるようなバイト。これを逃してなるものかと、全神経を集中して魚の動きを想像する。きっと、ジグヘッドの背後からゆっくりと忍び寄り、ワームを咥えながら、ジグヘッドと同じ方向に、同じ速度で追尾しているに違いない。僅かにリーリング速度を上げてフックポイントが魚の顎を捉えているか否かを確認すると、もたれるような重量感。素早くフッキングを入れると、グググ・・・っと躍動感。小型ながらタケノコメバルを追加。ここで更に小型のカサゴを2匹追加するも、なかなか良型に巡り合うことが出来ない。


06-P1080083.jpg
 護岸沿いには魚が少ないと判断して、攻め方を変えることに。ジグヘッドを2gから3gに重くして、桟橋にある照明が作り出す明暗の境界部分に狙いを定めてフルキャストする。ジグヘッドの着底を確認してから、ロッドを立てて、微細な振動を加えながら、底層をネチネチと執拗に誘う。ハゼの稚魚が地面を突っついているイメージ。するとフッ・・・とラインテンションが抜けて、モワッ・・・と怪しげな重量感。ラインを巻き取り、ロッドを掲げると明らかな魚信が伝わり、間髪入れずにフッキング。グンッ・・・っと魚の顎を捉えた反動が、ラインを通してロッドに伝わり、ジジジ・・・とドラグが鳴る。綺麗な弧を描くロッドを眺めながら、丁寧に寄せて、最後は一気に引き抜く。良型のカサゴ。これでパターンを掴んだかと思いきや、再現性は無い。ただの偶然だったのか。

 海面が少しだけ揺らめいている。一旦、車まで戻り太刀魚用のタックルに切り替える。30分ほど粘るが、太刀魚を捉えることが出来ず。途中で、複数のシーバス狙いの釣り師と情報交換をするが、苦戦しているとのこと。


07-P1080085.jpg
 時計を見ると午後11時30分。海面の浮遊ゴミがゆっくりと動き始め、徐々に潮が効き始めていることが分かる。何度かの根掛かりやラインブレイクで、リーダーが痛んでしまっており、車のラゲッジに腰かけて、FGノットを結びなおす。吐く息が白い雲のように棚引いている。確実に気温が下がっていることが伺える。日付が変わるまでと時間を決めて、最後のポイントへと入る。護岸沿いをタイトに狙うことは止めて、なるべくジグヘッドを遠投して、沖側にある構造物を中心に狙う。中層付近では反応が無く、底層を集中的に攻める。投じたジグヘッドに少しのラインテンションをかけながら、ロッドティップを小さくシェイキングさせて、奥深くに潜む魚の興味を引き、そして捕食へと誘う。ジグヘッドが5mほど移動したところで、グンッ・・・っと明確な違和感。即座にラインを巻き取り、フッキングを入れると、ラインが張り詰めて走る。ドラグがチリチリ鳴りながらも、ロッドの弾性力が魚の動きを制して、そして慎重に寄せてランディング。20㎝ほどの良型のカサゴ。更に小さなカサゴを1匹追加。


08-P1090087.jpg
 カーブフォールでメバルを追加。この後も何度かメバルのバイトがあるも乗せることが出来ず。代わりに小さなタケノコメバルを追加。


09-P1090090.jpg
 トレースラインを少し変えて、シェイキングで底層付近に居る魚を誘う。微細なバイトが何回かあるが、フッキングのタイミングが合わず取り逃す。横風の影響で、PEラインを上手い具合にメンディングしないと、思っているトレースラインを通すことが出来ないばかりか、PEラインが流されて障害物に引っ掛かってしまうこともあり、疲労で放心状態になりながらも、集中力を欠くことは許されない。ツンッ・・・と啄ばむようなバイト。シェイキングの動作の延長線上で、手首を返してフッキングを入れると、グググ・・・っと力強い引き。チリチリチリ・・・っと深夜の冷えた空気にドラグが鳴る。20㎝を少し超える抱卵した良型のカサゴを捉えることに成功する。これから潮の動きが良くなり、間違いなく魚の活性は上向くが、釣りバカの体力及び精神力が下向きであり、既に限界であるので、今日はこの辺で納竿とする。

 いやはや夜遊びが過ぎます。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年1月8日(日)午後8時~午前0時
 潮回り:若潮、下げ
 天気:晴れ、気温:9度、水温:13.2度
 ポイント:神戸港
 釣果:計14匹(カサゴ7匹、タケノコメバル4匹、メバル2匹、クロソイ1匹)(全てリリース)

10-P1090093.jpg


■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW(Pearl White)
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g、3.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
11-20170108.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~マッチョな釣果には結び付かず~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~中盤が振るわずも辛うじて~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/390-d12cb9cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)