05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

和歌山中華そば探訪(42) ~中華そば 今心~ 

01-P1140118.jpg
 1カ月ぶりの和歌山中華そば探訪。夏頃に同店を訪問したものの、暖簾は無く、てっきり潰れてしまったのかと思いきや、知人から営業を再開しているとの情報があり、更には食べログのコメントを念のため確認すると、確かに営業されているとのこと。日前宮の南側にあり、少し目立たない場所である。更には店の横に3台分の駐車場があるが、比較的交通量が多い道路に面していて狭くて駐車しずらい。東側に50mほど行ったところに、割烹料理店「日の一」というお店があり、こちらの駐車場を利用することも可能とのこと。

中華そば 今心
 住所:和歌山県和歌山市有家113
 電話:073-471-8088
 営業:平日11:00~14:00、18:00~、土曜日11:30~14:00、18:00~、日曜日11:00~
 (いずれもスープが無くなり次第終了)
 休み:水曜日、木曜日
 駐車場:店横に3台、東に50mの和食店「日の一」の駐車場を利用可5台


02-P1140120.jpg
 店内は狭く、カウンターに5席、座敷1卓に4隻。メニューは少なく、壁に貼り付けられているこれだけ。店の選択を間違えたのでは無いかと、不安が過る。


03-P1140121.jpg
 「中華そば、肉増し」700円也。分量は見るからに少ない。ふと器の柄に見覚えがあり、記憶を辿るとすぐに思い出した。紀の川市の人気店である「うらしま」や「しま彰」と同じでは無いか。暖簾分けの話を聞いたことは無いが、スープの濃度と言い、分量の少なさと言い、盛り付けの質素さと言い、何らかの関係があるのでは無いかと勘ぐりつつ、蓮華を静かに手に取って、まずはスープを啜る。醤油のくっきりとした味が前面に出ているが、濃厚でありながら円やかな豚骨が背景で支えている。舌の上で旨味がジワジワと染みわたり、喉を通過すると一気に豚骨の香りが花開く。舌の上に僅かな違和感が残るが、微粒子となった豚骨がスープに飽和しているようだ。スープの温度は程よく熱い。


04-P1140127.jpg
 お次は麺を取り出し、そして一気に啜る。画像では、スープの絡み具合が良くないように見えるが、実際には、麺に濃厚なスープが絡み合って褐色を帯びている。ツルツルと滑り込む麺からは、豚骨の香りがフワッと広がり、鼻腔からは野性味が抜ける。麺を噛みしめると粘りがあり、スープとのバランスが良い。


05-P1140128.jpg
 厚めの小振りな叉焼が8枚。叉焼を割箸で摘まんで、口に放り込むと、肩ロースであろうか脂身が少なく柔らかくてしっとりとしていて、噛めばホロホロと崩れていく。控えめな味付けであるが、スープの濃厚さを考えれば丁度良い。全体的な分量は少な目であるあが、スープ、麺、叉焼そして青葱の割合は絶妙なバランスである。


06-P1140130.jpg
 スープを飲み干すと、器の底には粉末状の豚骨が沈殿していた。もう1杯でも食べることが出来そうであるが、また食べたいなと言う思いで店を後にした。

 同店の近くには、全国的にも有名な「井出商店」があるが、遥かに同店の方が美味いと感じた。店の立地、内装を工夫すれば、もっと繁盛しそうなのになぁ・・・。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:中華そば 今心
「中華そば 肉増し」
 ◇お値段:550円+150円=700円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱
 ◇麺:中細ストレート
 ◇スープ:奥ゆかし豚骨醤油
 ◇叉焼:小振りなさっぱり叉焼8枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:分量少なめ
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(43) ~弥山~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~マッチョな釣果には結び付かず~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/392-85e0bcfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)