09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山中華そば探訪(43) ~弥山~ 

01-P1140147.jpg
 日本列島に寒波が襲来し、比較的温暖な和歌山市でも雪がちらつき、更には爆風のため海は荒れ模様であり、夕刻からの釣行を断念せざるを得なく、時間を持て余してしようがないので、ならばと和歌山ラーメンを啜ることに。対向車を避けながら細い道を走り、ようやく辿り着いたのがこちらの中華料理店。店舗前に共用の駐車場があるものの、車高が少し低い我が車では、フロントスポイラーを擦ってしまい、うまく駐車が出来ずに難儀していると、店の方が出てきて下さり、別の駐車スペースを指さして頂いた。

弥山(みせん)
 住所:和歌山県和歌山市杭ノ瀬248
 電話:073-472-7677
 営業:11:30~14:00、17:00~21:00
 休み:水曜日
 駐車場:複数店舗共用の駐車場あり


02-P1140136.jpg
 時刻は午後5時半。カウンター席とテーブル席3卓がある。他に客がおらず、失敗したかと思いきや、その疑念はすぐさま晴れて、家族連れで次々に席が埋まっていく。


03-P1140133.jpg
 メニューを開いて驚いた。料理の種類の多さもさることながら、なにしろ値段が安い。特に醤油ラーメン300円とは驚愕である。立地が良いとは言えないのに、すぐに席が埋まり活況を呈しているのは、地元密着型の良心的な価格故であろうか。


04-P1140138.jpg
 「チャーシューメン」500円也。店内は既に猛烈な煙に包まれていて、唐揚げの匂いやら、野菜を炒める匂いやら、餃子の匂いやら、煙草の匂いやら、自分が燻製になってしまいそうな勢いである。周囲の匂いで、鼻腔が機能しなくなっている気もするが、まずはスープを啜る。野菜で出汁を取っているのか、非常にマイルドな豚骨スープで、濃厚さは無く、程よい塩分でまとまっている。喉越しが良いので、ついつい蓮華を動かす回数が増してしまう。


05-P1140141.jpg
 ツルツルと気持ち良く啜れるストレートの細麺。懐かしい味がする。


06-P1140143.jpg
 お次は叉焼を摘まみ出す。非常に薄い豚バラ叉焼が数枚。口に叉焼を放り込んで、そして噛み締めると、豚肉の脂身がジュワリと染み出たかと思ったら、すでに嚥下して無くなってしまうほどの小ぶりで極薄。美味い叉焼なので、もう少し歯応えと食べ応えが欲しいところ。値段は確かに良心的でありますが、相応でありました。
 

ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:弥山(みせん)
「チャーシューメン」
 ◇お値段:500円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、もやし
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:さっぱり豚骨醤油
 ◇叉焼:極薄叉焼が数枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:良心的な価格の中華料理店
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(44) ~薩摩ラーメン斗天王~  |  和歌山中華そば探訪(42) ~中華そば 今心~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/393-e91c11fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)