05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

和歌山紀北チニング釣行 ~釣るまで帰らないプラン~ 


 週末になると狙ったかのようにして日本列島を寒波が襲い、雪や雹を伴う強烈な横風が吹いて、気温は恐ろしく下がり、もはや釣りどころの話ではない。平日は、仕事の帰りが遅く、意を決して釣行するまでには至らず、指折り数えると、何と10日間も釣りをしていないことになる。ロッドを振れないことによる精神的な負荷は、仕事による負荷をも凌駕する。天気予報を確認すると、気温は相変わらず低いものの、昨日までの爆風が嘘のように、ほぼ無風であるとのこと。よくよく考えれば、年末年始は、神戸で過ごす時間が多かったこともあり、和歌山での釣りは1カ月ぶりであることが判明する。こうなると、まずはフィールドの状況把握から始める必要がある。

 午後4時半頃に最初のポイントに到着する。まずは偏光グラスをかけて、手ぶらで辺りを確認する。12月初旬の頃は、サヨリが大挙して押し寄せて、それを捕食するシーバスの饗宴が長々と繰り広げられたポイントだ。数匹のチヌの姿を確認するも、ベイトの姿は見えない。下げ潮が効いていて、夕暮れ時には丁度良い状況になりそうではある。今日のプランはこうだ。まずは薄暮の時間帯には、浅瀬に差してくる活性の高いシーバスを狙い、これがダメなら、完全に暗くなる時間帯を待ってチヌ狙いに移行し、これでもダメなら、ラーメンを啜った後に、干潮からの上げ始めの時間帯に合わせて湾奥部に移動して、根魚狙いにて有終の美を飾る。一番の問題は、長時間にわたり体力と精神力を維持できるかどうかである。


01-P1210023.jpg
 まずはシーバス狙いから開始する。午後4時半、少し早めにポイントに入り、周囲の様子を確認しながらフローティングミノーをキャストする。緩やかな追い風に乗せると、綺麗にルアーが飛んでいく。ウォブリングアクションを抑えたローリングアクション主体のルアーの煌きもまた、心を癒してくれる。往年のシャロー専用のルアーを投げては、ルアーの妖艶な動きを見て時間を過ごす。夕暮れが迫り、下げ潮が効いて、緩やかな北西の風で海面は揺らぎ、シーバスが反応するならこの時間帯である。ここで鰯などのベイトが入れば完璧であるが、水温が下がり過ぎているせいか、相変わらずベイトの姿は見えず、シーバスのバイトも無い。午後6時過ぎ、完全に陽が落ちて、仰角を少しあげると、そこにはオリオン座が輝いている。


 敢え無く、シーバス狙いからチヌ狙いへと移行する。


 基本的にチヌは、護岸寄りに遊泳することが多いが、干潮に向かっていることもあり護岸寄りの水深はかなり浅くなり、またその付近は岩がゴロゴロとしていることもあり、トレースラインを選ぶことが出来ない。止む無く、ある程度、水深がある方向へとジグを遠投する。手元に伝わる振動から、砂地に大小様々な石が点在していることが分かる。ジグが石に接触した硬い振動が、チヌの捕食する際のカツカツカツっとした振動に似ていることもあり、どちらの振動であるかを見極めるために全神経を集中する。気温が下がり始め、指先が痛く感じるほどに冷たくなっている。カイロで手を温めながら、ジグを操作する。カツカツ・・・グンッ・・・っと明確なバイトがあるもフッキングに至らず。更にクンッ・・・っとバイトがあるも、これもフッキングに至らず。粘り強く、ジグを投じていく。思いのほか、沖側で魚の反応があることが分かる。


02-P1210029.jpg
 ジグが石を乗り越える際の、カツッ・・・カツッ・・・の後にモワァ~と抵抗感があり、その直後にグンッと引き込むようなバイト。即座にロッドを立てて、フッキングを入れると、ググググ・・・と重量感が増し、静寂を突き破るかのようにドラグが激しく鳴る。潮下の方向に鋭く走るラインを追いながら、ロッドで応戦する。良型であることを確信して、魚を取り込む場所を探しながら、ラインに一定の負荷をかけつつ慎重に魚を寄せる。ヘッドライトを灯すと、それに驚いたのか銀鱗を翻し、海面が白濁する。最後はランディングネットに収めて、無事に最初の1匹の捕獲に成功する。チヌ35㎝。午後6時40分。


03-P1210033.jpg
 少しずつ場所を移動しながら、流心付近を狙ってジグを遠投する。気が付けば、薄い雲が完全に消えて、全方向の星が見える。風も止んでいる。何度か明確なバイトを感知するも乗せることが出来ない。明らかに魚の口で引っ張られたようにしてワームがズレている。砂地に石が点在するような底質ということもあり、一定の速度でジグを引くことが出来ず、リールのハンドルを1回転するかしないかで、ジグが何らかに引っ掛かれば、一旦、その位置で動きを止めて、ロッド操作でそれをかわして、そしてリールのハンドルを回して、を繰り返す。不規則なストップ&ゴーにならざるを得ない。ようやくにしてバイトを捉える。27㎝のチヌ。午後7時10分。


04-P1210039.jpg
 投じたジグを不規則なストップ&ゴーで進めていると、スッと抵抗が無くなり、そして徐々に加速するように重量が増し、そしてジャァァァァァ・・・っとドラグが鳴る。その時点で、手を温めていたカイロを放り投げて、既にロッドを立てて臨戦態勢に入っているが、魚の勢いは止まらず、潮下方向に遠慮なくラインが走る。一定のラインテンションを掛けることを意識して、魚の体力を削ぐように丁寧にやりとりをする。程なくしてランディンネットに収まったのは、40㎝のキビレ。午後7時40分。このサイズになると、鎧のように鱗が硬く、何か古代魚を思わせる。


05-P1210042.jpg
 今の時点で、9回のバイトを感知しているものの、3匹の魚を捉えるに留まっている。今までもフッキングの間合いや、フックの種類など試行錯誤を繰り返しているものの、未だ明確な解決策が無く、フッキング出来るか否かが相手次第という状態である。干潮の潮止まりの時間も近く、魚のバイトが無くなったら納竿するつもりでロッドを振るが、さぁ帰ろうと決意した絶妙な瞬間に、痛烈なバイトを見せてくれる。足の爪先や指先がジワジワと確実に冷え切っている。さすがに10回近くもバイトがあると、魚の居場所が見えてきている。ジグを遠投して、慎重に魚を誘う。引っ張られるようなバイトを捉えて、そしてロッドが曲がる。35㎝のキビレ。午後8時。


06-P1210051.jpg
 忘れた頃に断続的にバイトがあり、なかなか帰ることが出来ない。しかしながら、徐々にバイトの頻度が少なくなり、時合が遠のいていることは明確でいよいよ最終の時間帯である。流心付近を目がけて、ジグを遠投して、まさに最後の力を振り絞るようにして、神経を集中してジグを操作する。痛烈なバイトを逃し天を仰ぐこと数回、最後の最後にバイトを捉えることに成功する。32㎝のキビレ。午後8時40分。

 確かな手応えと、程よい疲労感に喜びを交えて納竿とした。星が一段と輝きを増していて、見上げるような位置にオリオン座が煌いている。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年1月21日(土)午後4時30分~午後8時50分
 潮回り:小潮、下げ(下げ止まりまで)
 天気:曇りのち晴れ、弱い北西の風、気温:7度~4度
 ポイント:某河川の河口
 釣果:計5匹(チヌ35cm、27cm、キビレ40cm、35cm、32cm)(全てリリース)

■使用タックル
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン10lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, IGAI Smoke
(2)ジグヘッド
 ・C.C.bait's 根魚ボンボン・チヌスペシャル5g、Green MAZIORA

07P1210047.jpg


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
08-20170121.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(45) ~〇木 中華そば~  |  和歌山中華そば探訪(44) ~薩摩ラーメン斗天王~ »

コメント

ナイスチヌ&キビレ!この冷え込みでモチベーションを保つだけでも厳しい中さすがっす。そんな時期のラーメン挟んだ切り替えプラン参考になりますー 
温泉挟めば。。。風邪引くか。。。 

どM #- | URL | 2017/01/23 08:00 * edit *

どM殿

寒いですね~。今日は和歌山でも雪が降りましたよっ。

このクソ寒い中、釣りをするのはかなりの精神力が必要です。もう半分イジになっているんですけど。4時間余り、誰にも会わなかったことを思うと、普通の人なら釣りをするような状況では無いんでしょう(笑)

まぁ、どM殿の普段の釣行と比較すれば、私なんてまだまだやなぁ~っと思いますぅ~。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/01/23 22:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/395-c45f6828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)