03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

神戸・明石間メバリング釣行 ~手の限りを尽くすも~ 


 今週末は久しぶりに神戸港での釣り。数日前の寒波がどのように影響しているのか非常に不安であるが、とにかく現場で確認しないことには何も分からないので、夕食を終えてから神戸港へと向かう。数週間前であれば、海面が揺らめきボイルが起こり、ルアーマンが暗闇で鋭くロッドを振る音が響いていたが、今日は人の気配も無い。満潮からの下げ潮が効き始める時間帯で、狙い時としては申し分が無いはずであるが、この時間帯に人が居ないということは、つまりはそういうことである。タックルを素早く準備して、ジグヘッドを投じると、黒を背景に幻想的な青白い光が、真水に墨汁を垂らしたようにして、波紋を持って広がる。夜光虫の光だ。釣りを開始した瞬間に、今日は絶望的であると確信する。


01-P1270101.jpg
 なるべく夜光虫が少ない場所を選んでジグヘッドを投じていく。比較的潮の流れの影響を受けやすい場所で、ジグヘッドを護岸沿いに投じて、ジグヘッドが着底したことを確認したうえで、丁寧にラインを巻き取っていく。ツッ・・・っと違和感。微細ではあるが、魚信であることは間違いない。ラインテンションを維持したままリールのハンドルを回すと、ククンッ・・・っと振動が伝達され、すかさずフッキングを入れる。小型であるがカサゴを捕獲する。


02-P1270102.jpg
 小さなバイトを捉えて、一瞬、大型では無いかと期待するも、これまた一瞬で小型であることが分かる。案の定、10㎝にも満たない極小カサゴ。


03-P1270104.jpg
 普段より水切りが良く、浮き上がりやすいジグヘッドを使用していることもあり、リールのハンドルの抵抗が軽く、知らぬうちにリーリングが早くなり、狙ったレンジを確実にキープ出来ているかどうか不安であったが、小型ながらも無事に2匹を捉えることに成功し、まずは安堵する。底層付近をジワジワと進むジグヘッドに、ツッ・・・と微細なバイトを感知するも、食いが浅いのか乗せることが出来ず。一旦、ジグヘッドを回収して、再度、同じトレースラインをなぞることが出来るようにジグヘッドを投じて、そして今しがたバイトがあった付近で、ジグヘッドの動きを止めて間を与えると、狙い通りにバイト。今回は逃さずにフッキングに成功する。躍動感ある引きに、すっかりタケノコカサゴであると思っていたが、細長いカサゴである。


 釣り開始20分足らずで3匹を捉えることが出来たため、楽観的であったが、その後、ジワジワと絶望感が増す。過去に実績があるトレースラインを次々に攻めていくが、ことごとく沈黙。ポイントの特徴が異なるような場所に移動しながら、護岸沿い、桟橋、照明の明暗、護岸基礎の駆け上がり、法尻、窪み等々、思いつくところにジグヘッドを投じては、ただ巻き、シェイキング、ボトムバンピング、カーブフォール等々、手の限りを尽くすが、バイトすら無く厳しい状況である。途中で顔見知りに出会い、状況を尋ねると少し前から魚の気配が無く、今日は全くダメだと言う。今日は粘る日では無いと判断して、午後10時に早々と納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年1月27日(金)午後8時40分~午後10時
 潮回り:大潮、下げ
 天気:晴れ、気温:9度、水温:10.4度
 ポイント:神戸港
 釣果:カサゴ3匹(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW(Pearl White)
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20170127.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~鰯とともに去りぬ~  |  和歌山中華そば探訪(46) ~ラーメンむさし 国体道路店~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/398-eed4cebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)