08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山中華そば探訪(47) ~豚骨中華そば がんたれ ~ 


01-P2040111.jpg
 ここ最近、ずっとぐずついていた天気がようやく回復して、優しい水色が広がる見事な快晴となった。車を綺麗にした後に、アクセルをぐっと踏み込んで国道24号を東へと向かう。走ること30分あまり、人気のお店へ。店舗前の共用駐車場には、すでに車が隙間なく並んでいて待ちを覚悟するも、死角になる一番奥に駐車スペースを見つけて何とか滑り込む。本を読みながら、列に並ぶこと20分。

豚骨中華そば がんたれ
 住所:和歌山県岩出市溝川278-1
 電話:0736-69-5585
 営業:11:00~15:00 18:00~22:00
 休み:月曜日の夜営業、火曜日
 駐車場:店舗前に有り(テナントビル駐車場)


02-P2040118.jpg
 店内は、厨房前と窓際にカウンター席が10席ほど、4人掛けのテーブル席が2卓あり、いずれも比較的ゆったりと配置されている。ご夫婦なのだろうか、2人で切り盛りされていて、職人気質の旦那さんと、外交的な奥様といった役割であろうか。


03-P2040119.jpg
 券売機で「特製豚骨中華」を購入する。和歌山中華そばのお店では、通常、「特製」とつくと「チャーシューメン」を意味するところが多い。漂ってくる香しい豚骨スープの匂いを吸い込みながら、過酷な環境が綴られている本を読みながら待つ。この類の本は、旅先で読むか、もしくはテントの中で寝っ転がって読むべきであり、読書の環境が良すぎると臨場感が欠如する。


04-P2040131.jpg
 豚骨スープは、細麺に限る。


05-P2040122.jpg
 「特製豚骨中華そば」900円也。老舗の和歌山中華そばとは一線を画す雰囲気。スープはやや少な目であるが、器からはみ出る大振りの叉焼が圧巻。和歌山では、ほうれん草をトッピングするお店は少なく、他には円やかな濃厚豚骨が有名な、横浜家系の系統を組む「丸花」ぐらいだろうか。この時点で色々なことが頭を巡るが、経験的に期待が大きく膨らむ。


06-P2040123.jpg
 溶けた背脂がスープの表面を薄っすらと覆っている。まずは蓮華でスープを啜る。濃厚でありながら円やかさが際立つ豚骨スープが口中に一気に広がり、ジワジワと浸透して旨味を実感する。豚骨特有の鼻に抜ける臭みは無い。塩分は控えめであり、これが豚骨の味を引き立たせることに一役買っている。濃厚さと塩分強めを勘違いしているようなお店が多い中、このバランスは抜群であり、スープに自信があるからこそ出来ることなのであろう。スープの温度はやや低め。


07-P2040126.jpg
 お次は麺を啜る。豚骨には細麺の組み合わせが好みなので、迷いなく細麺を注文する。予想どおりに細麺が濃厚豚骨スープと良く絡み、雰囲気的には濃厚なカルボナーラのように麺がスープの旨味を一緒に引き連れてくるために、麺を噛みしめれば豚骨スープと融合して、そのバランスは丁度良く、美味いと言うしか他ない。麺は柔らかめで、麺の温度はかなり高め。


08-P2040127.jpg
 器の上で、ひときわ存在感を放つ叉焼。一番最初に齧りつきたかったが、その衝動を辛うじて抑えて、普段通りの順序に従ってスープと麺を味わい、ようやく叉焼に辿り着く。1枚の叉焼で器の半分以上の面積を占領する勢いである。薄めにスライスされているこの大きな叉焼を割箸で丸めて、大口で一気に頬張ると、まずは豚肉の野性味ある味が溢れて、噛み締めると、しっとりとした質感を伴いつつ、脂身がジュワリと溶けて赤身と交わり、飲み込むことが惜しくなるような美味さで溢れている。こちらも塩分が控えられていて、存分に叉焼の味を堪能することが出来る。豚バラの叉焼も美味いが、しっとりとした肩ロースの叉焼も負けじと美味い。


09-P2040130.jpg
 太いメンマのようにも見えるが、これは穂先メンマというもの。あまり味はしないが、柔らかいような歯応えがあるような、不思議な食感が面白い。麺と叉焼を食べ終えて、蓮華でスープを掬っては啜ると、玉葱のみじん切りが入っていて、これが弾けると辛みが一気に広がり、濃厚な豚骨スープに清涼感を与えてくれる。そしてスープが残り少なくなると、少し粉っぽくなるが、これぞ豚骨スープの証である。


 このお店の人気の秘訣は、あくなく探求心とそれを実現可能な努力と技術によるところが大きいが、何より女性店員の行動に肝がある。全ての客に対して、店を出たところで、スープの濃度は良かったか、麺の硬さはどうだったか、何か不手際がなかったか、などなど店内での客の動きや注文時の言動を十分に考慮観察したうえで、それをもとにした客との応答がなされていた。客側は、なかなか素直に見直すべく点を指摘することは出来ないかも知れないが、客が何気に放った単語に店側が見直すべきヒントが隠されているかも知れない。何事も一朝一夕にしてはならないが、このたゆみない積み重ねが、1杯のラーメンに凝縮されていると確信した。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:豚骨中華そば がんたれ
「特製豚骨中華そば」
 ◇お値段:900円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、ほうれん草、玉葱のみじん切り、メンマ
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:濃厚まったり豚骨醤油(塩分控えめ)
 ◇叉焼:大振りなしっとり肩ロース叉焼4枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:繁盛していることに納得
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山紀北チニング釣行 ~持久戦の行方~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~鰯とともに去りぬ~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/400-669692b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)