10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

和歌山中華そば探訪(48) ~煮干ガッツ~ 

01-P2050157.jpg
 平成28年11月に開店したお店。早くも食べログでは、好意的な評価がなされているが、お味のほど如何に。店舗前の共用駐車場に車を停めようとしていると、素早く店員が出てきてくれて、駐車スペースを案内してくれる。

煮干ガッツ
 住所:和歌山県和歌山市善明寺410
 電話:
 営業:11:00~14:00、17:30~22:30
 休み:水曜日
 駐車場:店舗前に数台有り


02-P2050144.jpg
 カウンター席が7席に座敷が2卓。こじんまりとした店内。店主の後ろ姿に迫力を感じてしまうが、店員との会話を聞いていると正反対のようで非常に優しい口調に安堵する。開店間もないということもあり、店内は綺麗に片付いていると思いきや、置き場所が無いのか、機械式の製麺機、小麦粉や煮干しの袋が積み上げられていて、これらがこだわりの味をさりげなく演出するための仕掛けなら良いのだが、明らかに仕舞う場所が無いであろうことが分かってしまうような無造作感が前面に出ております。


03-P2050142.jpg
 種類は3種類。券売機で「にぼガッツ」を購入する。


04-P2050147.jpg
 「にぼガッツ」750円也。注文後、5分ほどで運ばれてきた。煮干しの粉が散りばめられていて、何より極厚の叉焼がその圧倒的な存在感を放っている。まずは蓮華でスープを掬い、そして静かに啜ると、思いのほかあっさりとしている。鶏の白湯スープが非常に円やかで、時折、雑味のある煮干しの味が躍り出て主張するも、塩分が抑えられているので、いずれにしてもスープのベースになる味が分かりやすく、濃厚と言いつつも優しい味を感じる。時折、硬いものがあるが、これは煮干しそのものであり、またトロンとした塊があるが、これは背脂のようである。鶏白湯、煮干し、豚の背脂とベクトルがバラバラなものが、辛うじて融合しようとしている、そんな味である。辛味ダレは、先ほどの三者で辛うじてバランスしようとしているベクトルを破壊する強い味であり、スープの絶妙なバランスを目指すのであれば、この辛味ダレは不要であると思う。


05-P2050154.jpg
 お次は麺を啜る。ちぢれのある太麺を引っ張り出し、啜ると言うよりも、折り畳んで口の中に押し込むと、硬く弾力があり、噛み締めると小麦の味が際立つ。細麺好みの私にとっては、これで細麺ならば更にスープの絡みが良くて美味いのになぁと思いながらも、黙々と麺を口の中に押し込んでいく。時折、玉葱の欠片が紛れ込んできて、これが清涼感たっぷりでアクセントになって良い。


06-P2050150.jpg
 お次は極厚の叉焼。自宅の日立のエアコンのリモコンよりも明らかに分厚い。


07-P2050151.jpg
 堂々たる半透明の脂身3列が縦断している。瞬時にして、この分厚い叉焼を噛み切ることが出来るのであろうか、歯の隙間に筋が挟まって気持ち悪くなるのでは無かろうかと、不安になりつつも、叉焼を睨みつけつつ対峙し、意を決して齧りつくと、ジュワリと脂身が溢れつつも、肉の質感を少し発揮しながら抵抗なく簡単に噛み切ることが出来る。仄かな豚肉の味を伴い、咀嚼すると優しく脂身が溶けて、赤身と調和する。あまり味付けがされていないのか、素材そのもの味を前面で感じることが出来る。

 極端に濃厚な味を勝手に想像していただけに、少し拍子抜けしつつ、最後までスープを飲み干す。店主のこだわりや工夫は本当に良く理解出来るが、色々な美味いものを集結させたからと言って、それによって美味さが増幅するものではない、ということを理解する一杯でありました。人生においても、仕事においても、こういうことは有り得るなと思いつつ、大きな声でご馳走様と言って店を後にした。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:煮干ガッツ
「にぼガッツ」
 ◇お値段:750円
 ◇トッピング:叉焼、白葱、ほうれん草、玉葱のみじん切り、海苔、辛味ダレ
 ◇麺:太麺ちぢれ
 ◇スープ:煮干したっぷり鶏白湯
 ◇叉焼:厚切り豚バラ叉焼1枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:色々なベクトルを集めました的な一杯
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(49) ~中華そば 丸田屋岩出本店~  |  和歌山紀北チニング釣行 ~持久戦の行方~ »

コメント

donfanさん

大将、食べ歩いてますね~
その肉の厚さ、まるでトンカツが乗ってるみたいですね ^^;

bottu #mQop/nM. | URL | 2017/02/07 12:29 * edit *

bottuさん、おはようございます。

和歌山におりますと・・・週末は、ラーメン食べる、釣りをする、ブログ書く・・・ぐらいしかやることないので・・・・(笑)。ここの叉焼は、極厚でしたよぉ。普段から”ラーメンはチャーシューメンに限る!”なんて言ってるんですけど、この時は何かを予感したのか、肉増しをしなかったので胸焼けせず完食が出来ました。肉増しにしますと、こいつが3枚ドド~~~ンっと乗るので、完全にアウトでした。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/02/08 08:09 * edit *

こんにちは

がつがつ行ってますね~
自分は最近飲むくらいしか余暇がないので
死んでしまいそうです

やはり家系が好きなんですね~
読みかえしましたよ
評価は家系がダントツ高いですね・・やはり・・
「がんたれ」なんて家系みたいじゃないですか
最近多摩方面の家系は玉ねぎの微塵切いれる場所もあるんで
ひょっとしたら同じようなものかもしれないですね

それはそうと・・パタゴニア行くんですか?
自分ももう何年前になるでしょうか
チリのアイセンから行ったことがあります
途中超強風で遭難しかかりました
カメラなんか凍結しちゃいましたよ・・・数枚残してアウト・・・
命が凍結しないでよかったですが
厳しいイメージしか・・・残ってません

鱒を釣るんだ・・という日本人に途中出合いました

もし行ったら華麗な方面の画像期待しちゃいます



yutkun #- | URL | 2017/02/08 13:41 * edit *

yutkunさん、こんばんはっ!

もう寒くて、釣りに行こうと思えば雨降るし、風はビュービュー吹くし、行っても釣れないし・・・確実に欲求を満たすことが出来るのは・・・やはり美味いラーメンを啜るしかないんですよねぇ~。外すことも多いですけど・・・。

最近、自分でも少しヤバイんではないか・・・っと思うんですけど、やたらに豚骨ベースのラーメンが食べたくなるんです。もう中毒症状が出てるのかもしれません。仕事が終わってから寒い夜に、濃厚なヤツを啜ると最高に美味いんでしょうけど、いつも、スゴく我慢して・・・我慢して・・・何とか耐え忍んで・・・そして豆腐を食ってます(笑)。

今週末も天気悪そうですね・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/02/09 21:53 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/402-17b6d428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)