02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

和歌山紀北メバリング釣行 ~春よ来い、再現性を求めて~ 


 陽が昇れば春の兆しを実感する時期に突入し、早くも気もそぞろであるが、海水温度は10度~11度付近で移ろっていて、まだまだ春本番とはいかぬものの、海の状況が変わり、魚の活性が高まる瞬間を逃さず釣りをしたいと思い、夕暮れ時の満潮からの下げ狙いで車を走らせる。


01-P3120004.jpg
Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、パールホワイトとイカナゴ

 神戸三宮の釣具店で購入した激安のワーム。以前からアクアウェーブのワームが気になっていたものの、今までも色々な種類のルアーに手を出しては、結局のところどれも中途半端で使いこなすことが出来ず、結果、タックルボックスの片隅で埋もれてしまうこと度々であり、この過去の苦い経験から、特にメバルやカサゴを狙う際のワームやジグヘッドについては、非常に数少ない種類で通してきた。しかしながら、あまりの値段の安さも手伝って、2袋だけ購入することにした。


 午後6時過ぎにポイントに到着する。ここ最近、カサゴの反応が極めて悪いことから、随分と長い間ご無沙汰をしていたポイントである。最近の貧釣を象徴するかの如く、釣り場には誰一人として釣り人が居ない。満潮からの下げ始めと、夕暮れ時の薄暮の時間帯で、更に程よく海面が揺れて、最盛期なら爆釣間違いなしの状況であるが、そう簡単では無い。まずは捨て石がゴロゴロと転がっていて、少しでもジグヘッドの操作を誤ると、呆気なく根掛かりしてしまう難攻不落のポイントを攻める。色々と考えあぐねた結果、少しでも根掛かりを回避すべく、軽量のジグヘッド(0.3g)にボリューム感あるクロー系ワームでボトムコンタクトを柔らかくして、尚且つカサゴのバイトの間を演出する作戦。駆け上がりを上手くトレース出来れば即座にカサゴが反応してくれるはずだ。根掛かりを回避するという点では、作戦成功であるが、いかんせん魚が居ないのか全く反応なし。場所を移動しながら30分ほどカサゴ狙いを続けるが、今の状況で反応が全く無いということは、魚が居ないということと判断して中層狙いに変える。


02-P3120009.jpg
 ジグヘッド1.5gに簡刺しワームをセットする。ワームの柔らかさが秀逸であり、これなら小さな口の魚でも、上手い具合にワームが折り畳まれて魚の口の中に入り、フッキングが可能となるであろう。更に特筆すべきは、緻密に深く刻まれたリブが水の抵抗を増してくれるので、軽量のジグヘッドとの組み合わせでも、程よい引き心地があって操作感が抜群に良い。


03-P3110002.jpg
 夕暮れが迫り、辺りが一気に暗くなるが、同時に頭上から月光が降り注ぎ、自分の影がコンクリートに明確に映っている。ジグヘッドを斜め前方にキャストしながら、表層から中層付近を探る。横風があるため、トレースコースを上手く選ばないとジグヘッドの操作に難儀する。突堤の基部に盛られた消波ブロックに波が砕けている。消波ブロックの前面を掠めるような角度にジグヘッドを投じて、直ぐさまにリーリングを開始する。簡刺しワームの抵抗感があるが故に程よいラインテンションを保つことが出来ている。海に沈む消波ブロックの横をジグヘッドが通過した瞬間、前触れもなく突如ロッドが入る。咄嗟にフッキングを入れると、ロッドが綺麗に曲がっている。不意のバイトに戸惑うが、心地良い引きを実感して、一気に気持ちが昂っていることが分かる。丁寧にやりとりをして、引き抜くと良型のメバルである。ここ最近、狙ってもなかなか釣ることが出来ずに難儀していた魚だけに喜びひとしおである。更なる釣果を期待して、ジグヘッドを投じていくも再現性は無く、午後7時に一旦、この釣りを終える。

 場所を移動して、お次はチヌ狙いに移行するも、午後7時半から1時間あまりロッドを振るも、捉えたバイトは僅かに2回。それも非常に繊細で、もしかするとバイトでは無かったかも知れないほどのもの。今日の当初の狙いでは、カサゴ、メバル、チヌ、更にあわよくばシーバスの4魚種を捉えようとの目論みであったが、結局のところ僅か1匹にて納竿となった。

 春よ来い。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年3月11日(土)午後6時~午後8時30分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:晴れ、気温:13度→11度、水温:11.2度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:メバル1匹(21㎝)(リリース)

■使用タックル
(1) メバリング用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) チニング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs


■使用ルアー、リグ
(1) メバリング用
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、パールホワイト、イカナゴ
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g
(2) カサゴ用
 ・Ecogear バグアンツ2inch、NANIWA Chart UV
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 0.3g
(3) チニング用
 ・Cross Factor, Chinu Maru 5g, Black
 ・JACKALL, Waver Shrimp 2.8inch, Sexy FUNAMUSHI

04-P3120005.jpg


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20170311.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(55) ~新中島まるやま中華そば店~  |  和歌山中華そば探訪(54) ~Mr.こってり麺 清乃~ »

コメント

donfanさん

1匹とはいえ、見事なサイズですね!
当方、今年はメバルにも見放されてる感じです ^^;

bottu #mQop/nM. | URL | 2017/03/12 13:08 * edit *

bottuさん、こんにちはっ。

今までにメバルがあまり釣れたことがない場所だったので、嬉しい1匹だったんですけど、再現性があればねぇ・・・。今から思えば、横須賀はメバリング天国だったなぁ~っと。でもそんな横須賀で不調ということは・・・。漁師さんの影響でしょうか。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/03/13 12:28 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/412-0289daaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)