06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

和歌山紀北メバリング釣行 ~軽量ジグで春の気配を探す~ 


01-P3120012.jpg
 和歌山ラーメン探訪も、行けそうな店の暖簾を大抵くぐったこともあり、いよいよ手詰まり感が否めないが、過去に食して美味かった中華そばを再確認すべく再訪を開始。こちらの「まるだい」は、和歌山中華そばのど真ん中の濃厚豚骨醤油スープが秀逸で、驚くべきは普通の中華そばの100円増で叉焼麺になるというお得感。更には、7枚もの巨大な叉焼が麺を覆い尽くしているのだが、無料で大盛に出来る青葱が叉焼の上に乗っかって、器を華やかに彩る。老舗という看板を背負い、ネームバリューで評価を高めている店も多数あるが、この「まるだい」の中華そばは、本当に美味さで勝負出来る感動の1杯を提供してくれる。釣行で和歌山遠征をされる際には、ぜひ当店で美味い中華そばを啜ってから、勝負に挑んで頂きたい。

中華そば まるだい(○大)
 住所:和歌山県和歌山市西浜3-7-58
 電話:073-447-3100
 営業:11:00~21:00
 休み:水曜日

02-P3120023.jpg
 午後6時半頃にポイントに到着。眼前に岩場が広がっていて、岩の狭間で海藻らしき黒いものが漂っている。地形の出入りが複雑で、潮の干満によって緩急様々に潮が流れる場所で、普通に見ればメバル釣りには最適に見える。夏場から晩秋にかけては、アオリイカの姿を多数確認したポイントでもあるので、メバルも期待が出来ると思うのは早計だろうか。満潮からの下げッぱなから釣りを開始する。まだ薄暮には早いが、もしかすると活性が高まった良型のメバルが反応するかも知れない。


03-P3120024.jpg
 0.2gの軽量のジグヘッドにアクアウェーブの簡刺しワームを装着する。遊び心で、フックにゴムの蛍光玉を差し込んで、ワームのボディが光るようにしてみたが、これが釣果に繋がるのであろうか。アルカジックのシャローフリークF10.5gをFシステムで結んで、水面直下を広範囲に攻める作戦。潮が動き始めて、そしてメバルがそこにいれば、間違いなく反応するはずだが、沈み根の位置を意識しながら四方八方にジグを投じて、ジワジワとラインを巻き取るも、怪しげなバイトすら皆無。緩やかに暮れる西の空を見ながら、僅かにそよぐ冷たい風を感じつつ、時間が過ぎていく。東の空に綺麗な満月が浮かぶ。


04-P3120028.jpg
 メバル狙いで1時間ほどロッドを振るも反応はない。このままでは無念の撃沈コースに突入する可能性が濃厚となってきたため、場所を少し移動してカサゴ狙いに転じることに。お次はスプリットシンカー1.5gに軽量ジグヘッドの組み合わせで、護岸前面に広がる被覆石の奥の駆け上がりを攻める。油断すれば、即座に根掛かりするために、気を抜くことが出来ない。ジグをキャストすると、ロッドを立てて、軽くラインテンションを保ちながら底をジワジワと進める。スプリットシンカーまたはジグヘッドが何らかの障害物に接触すると、ロッドをシェイキングして脱出する。クンッと微細なバイト。ラインを張らず緩めずのテンションで保ちながら、更にククク・・・っと感知した瞬間にすかさずフッキング。あまりにも小さいが、狙いどおりにカサゴを捉えることに成功する。


05-P3120029.jpg
 即座に2匹目。根掛かりを恐れずに、しっかりと底を捉えることが出来れば、更には被覆石のエッヂ部分まで、丁寧にジグをトレースことが出来れば、ほぼ確実に魚の反応がある。時合に突入したのか、狙いどおりにことが運ぶ。最初のメバル狙いのポイントで、もう少し粘り強くメバル狙いを続けていたら、今頃、その結果が出ているかも知れない。


06-P3120030.jpg
 ワームをダイワのビームスティック2.2インチに変えてサイズアップを図るも、反応があるのは何故か小型のカサゴばかり。
 

07-P3120032.jpg
 更にサイズは小さくなる。季節が良くなれば、良型も狙えることが出来るポイントだけに、今後が楽しみである。ほぼ同じ場所で、計7匹を釣ったところで、反応が悪くなり、少し場所を移動する。


08-P3120034.jpg
 突堤の基部に消波ブロックが沈んでいるポイント。かなり根が荒く、少しでも油断すると呆気なく根掛かりに見舞われてしまう。ジグヘッドの重さを如何に軽く出来るかが、このポイントの攻略法となる。風が吹けば、必然的にこの作戦が封じられてしまう。実際に今までの下見でも、強風に煽られて、止む無くジグヘッドを重くしては、根掛かりにて撃沈を繰り返していただけに、今日の無風状態はチャンス到来である。ジグヘッドを0.5gにして、ジグ単で攻めることに。前方にキャストしてから、時間をかけて底を捉えてから、ロッドを立てて慎重に魚を誘う。狙いどおりにカサゴが反応する。相変わらずサイズは小さいが、今までに苦戦していたポイントだけに嬉しい1匹となる。


09-P3120035.jpg
 ほんの少しだけサイズアップ。この後に更に1匹を追加して波に乗るかと思いきや、時合が終わったのか後が続かず。僅か30分ほどの連釣であっただろうか。車で場所を移動して、別の突堤を攻めるも反応は無い。なかなか大潮という潮回りは気難しく、今までもなかなか楽に釣りをさせてくれない。

 釣りというものは不思議なもので、釣行を重ねれば重ねるほどに知らないことが次々増えて、自分の経験の乏しさ、技術力の低さ、学習力のなさを痛感するものであるが、今日は珍しく、充実した気持ちでロッドを置くことが出来た。魚のサイズは満足いかないけれども。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年3月12日(日)午後6時30分~午後9時
 潮回り:大潮、下げ
 天気:晴れ、気温:10度→7度、水温:11度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計10匹(カサゴ10匹)(全てリリース)
10-P3120042.jpg


■使用タックル
(1) スプリットシンカー用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) フロートリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、パールホワイト、イカナゴ
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 0.3g、0.6g
 ・カルティバ バランサーヘッド0.2g、0.3g
(3) フロート
・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
11-20170312.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~常夜灯に春の気配~  |  和歌山中華そば探訪(55) ~新中島まるやま中華そば店~ »

コメント

ご無沙汰しております

やっと少しですが釣りに行ける様になってきました
まだまだ残はありますけど
和歌山地区は大抵行ってしまいましたか……
スゴいですね
建物デザインしてる場合じゃなく
そろそろ自分もデザインしたら…と皮肉られながらも
自分も頑張っちゃったりしてますが
流石に都内は廻りきれないです

yutkun #- | URL | 2017/03/15 08:21 * edit *

yutkunさん、こんばんは~。

都内と和歌山じゃぁ~店の数が2桁違うかも・・・。和歌山市内や近郊で、まだ訪問出来ていないラーメン店は、過去にいった店の系列で、明らかにマズかったところと、夜しかオープンしていないところ。夜のラーメンは、特に美味いんですけど・・・コレステロールがあがっておると健康診断で指摘され、やや躊躇っております。

週末、Newロッドで大物を捕獲できると良いすねっ。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/03/16 19:10 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/413-18c47107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)