02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

和歌山紀北メバリング釣行 ~常夜灯に春の気配~ 


 仕事を終えてから素早く身支度を整えて、あらかじめ車のラゲッジに積み込んでおいたタックルを準備して、いざ目的地へ。金曜日の夕暮れ時は、職場から自宅へと向かう人達や、あるいは週末を満喫するために繰り出す人達で、赤いテールランプが長い列を作る。裏道をすり抜けながら、渋滞の列を回避しながら南下する。走ること1時間、丁度CDを1枚聴いたところでポイントに到着。天気予報によれば、夕暮れ時は微風であるが、陽が沈んでしまうと風が出るとのこと。


01-P3170045.jpg
 まずは、前回の釣行で良い結果を得ることが出来た、前面に被覆石が広がるカサゴ狙いには格好の場所から開始する。被覆石が途切れるエッヂ部分を狙うのが肝要である。スプリットシンカー1.5gに0.3gのジグヘッドの組み合わせで、ボトムを捉えつつも根掛かりを回避する作戦。ロッドを立ててジワジワと攻めるも、何故か魚の反応は無く、時間がダラダラと経過する。場所を変えつつ、ジグヘッドを2個失いつつ、辛うじて小型のカサゴを捕獲する。費用対効果が悪すぎる。風が強くなり、軽量のジグを扱うことが難しくなり、1時間も経たずに撤収。


02-P3170046.jpg
 以前に目を付けておいた常夜灯が眩しい突堤に移動する。先行者はいない。時間は既に午後8時を回っている。周囲は真っ暗であり、常夜灯の光が十分に効いている。突堤の先端の潮の当たりが良さそうな場所に狙いを定めてジグヘッドを落とす。際を丁寧に探ると、お馴染みのクンッと小さなバイト。これを逃さず捉えて、まずは超スリムなカサゴ。いきなりこのサイズが食ってくるということは、良型を期待することは出来ないが、まずは魚の反応があったことに安堵する。


03-P3170048.jpg
 煌々と海面を照らす常夜灯が作り出す、明と暗の境界がくっきりとしていて、狙いどころを定めやすい。潮が上げてきており、その影響で反転流が起こっているであろう部分にジグヘッドを投じる。クンッと鋭いバイトがあり、素早くフッキングを入れると、程よい引きの後に、先ほどよりは体高が高く、良型のカサゴが姿を現す。カサゴは潮流に対して、潮上に頭を向けているのか、ジグヘッドを潮に逆らってトレースするよりも、潮の流れに乗ってトレースした方が良い場合がある。


04-P3170049.jpg
 突堤の際を一通り確認した後に、お次は突堤の基礎となる捨て石の駆け上がり部分を斜めにトレースすることとする。ジグヘッドを斜め前方に投じてから、一旦、着底を確認した後に駆け上がりを斜めに駆け上がるように、丁寧に一定の速度でジグヘッドを操作する。ツンッと微細なバイト。手首を小さく返して、そのバイトを捉えると、小さいながらも明らかにカサゴとは躍動感が異なる。海面からピョンと飛び出てきたのは小型のメバル。


05-P3170051.jpg
 更に同じトレースラインを通す。ジグヘッドの着底を確認した後に、底を少し切るイメージでリーリングの速度を調整しながらも丁寧に一定の速度でリールのハンドルを回す。捨て石のエッヂから駆け上がった付近で、先ほどと同じようにツンッとバイト。ソリッドティップのお陰で、ほぼ自動的に魚の顎を捉えることに成功する。ラインが素早く走り、ロッドが綺麗な円弧を描く。先ほどより少しだけ良型のメバル。これで時合に入ったかと思いきや、すぐにメバルの反応が無くなり、ワームを変えたり、ジグヘッドを変えたり、試行錯誤を繰り返すが一向に好転する気配が無い。気が付けば、うまく風裏のポイントに入れているのか、無風である。


06-P3170053.jpg
 狙いを完全にメバルへとシフトしているが、何故かカサゴを捕獲する。更なる釣果を求めて、攻める範囲を広げつつも、まだ攻め切っていないような、ややこしい部分にもジグヘッドを投じていくが、満潮の潮止まりの時間帯を迎えつつあるのか、反応がパタッと途切れてしまう。時折、常夜灯が照らす付近を回遊魚の群れやシーバスらしき大型魚が通過してドキッとするが、その後は劇的な展開は無く、尻すぼみ気味に納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年3月17日(金)午後7時~午後9時
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:8度、水温:11.5度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計6匹(メバル2匹、カサゴ4匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) スプリットシンカー・ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、パールホワイト、イカナゴ
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 0.3g、0.6g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170317.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(56) ~ラーメン四天王 花山店~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~軽量ジグで春の気配を探す~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/414-2dc6bf79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)