04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

和歌山紀北チニング釣行 ~欲張り釣行改めチヌ1本~ 


01-P3180074.jpg
 天気予報では、3月下旬の陽気になるでしょうなどと言っていたが、既に3月も半ばではないか。春である。今日は少し早めにポイントに到着して、水質や魚の状況などを確認した後に今日のプランを決める予定であるが、一応の想定では、午後4時頃から上げ潮が効いてくるので、夕暮れの時合に岩礁帯でメバルやカサゴを狙い、その後、完全に陽が落ちた時点で場所を移動し、上げ潮に乗って浅場に入ってきたチヌを狙う作戦。これでも納得しない場合には、上げどまり前を湾奥部の常夜灯が煌く突堤でメバルもしくはカサゴを狙って、撃沈を回避する目論見となっている。

 まずはチヌのポイントを確認。歩き回りながら、偏光グラス越しに海中を凝視すると、上げ潮に乗って浅場に入ってきたボラや小魚に交じって、良型のチヌやキビレがウヨウヨと泳いでいる。時折、銀鱗を翻して、底の餌を啄ばんでいる様子が伺える。夕暮れの時合とも相まって、海面には無数の波紋が広がっている。思いのほか、チヌを確認することが出来たため、一応の予定を変更してチヌ狙いを先行することに。一旦、車に戻り、ラゲッジルームに腰かけて、チヌ用の釣りの準備を整えてから、ロッド片手に、腰にランディングネットをぶら下げて、午後6時、ポイントに入る。浅場に居るチヌが、こちらに気が付いて、驚いて逃げる姿を何度も確認する。その度に、海面には激しい波紋が広がる。今までの傾向から、完全に陽が落ちないと魚の警戒心が溶けないのか、ヒットに持ち込むことが出来ない場合が多いが、刻々と変化する時間にロッドを振ることが出来ることに喜びを覚える。


02-P3180077.jpg
 場所を移動しながらジグを投じていく。何度か明確なチヌのバイトがあるも乗せることが出来ず。更には、陽が暮れるまでは、フグの攻撃によってワームが真っ二つに切られてしまうことも。ロッドを振り始めて1時間が経過。完全に陽が暮れて、頭上では星が瞬いている。今までこのポイントでは、下げ潮の時間帯に釣りをすることが多く、その場合には、水深がどんどん浅くなるためにチヌの居場所が湾口部に絞られて、結果、ポイントの絞り込みが容易であったが、上げ潮の時間帯では、逆にチヌが活動できる範囲が広がるために、ポイントの絞り込みが難しい。恐らくチヌは、餌を求めて、更には潮の流れに乗って、先ほどまでは陸地になっていた浅場に入ってくると睨んで、場所を大きく移動する。ジグを投じながら、ボトムの形状を想像しながら、時折、小さなシェイキングを入れつつ、丁寧に誘う。ふとジグの重みが消えて、ジワリとラインが引かれロッドに抵抗を感じる。僅かコンマ数秒の世界で、ロッドで重みを確認しつつ、間髪入れずにフッキングを入れると、ロッドが弾かれるような強烈な反動があり、直後にドラグがジャァァァっと唸りをあげて、リールからラインが放出される。ロッドが大きく曲がり、直ちに良型を予感する。水深が1mほどしかなく、行き場を失った魚が潮の流れに逆らったり、または潮の流れに乗ったり、ラインが左右に大きく動く。その度に詰めた間合いが広がる。ドラグを2ノッチ締めて、魚の動きを封じると、勢い余ってか海面が豪快に白濁する。あまりの遊泳力に、躍動感に、瞬発力に、シーバスでは無いかとの思いが過る。数分のやりとりの末に、ヘッドライトを灯すと黒い海に銀鱗が鈍く光る。ランディングネットを差し入れて、無事に捕獲に成功する。


03-P3180075.jpg
 43㎝のチヌ。餌を豊富に食べているのか体高が高く、腹回りに貫禄がある。腕の疲労感が充実感を意味する。

 まだ粘れば数を伸ばすことは可能かも知れないが、特に集中力を要するチニングでは、リーリング速度やロッド操作に注意を払うことが出来なければ、潮時と考えるべきであり、更には続くバイトも無く、午後8時に納竿とした。帰り際に、以前から気になっていた海南地区のポイントを確認するが、時間帯が悪いのか反応なし。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年3月18日(土)午後6時~午後8時
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:10度
 ポイント:某河川の河口など
 釣果:計1匹(チヌ43cm、リリース)

■使用タックル
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・JACKALL, Waver Shrimp 2.8inch, Sexy FUNAMUSHI
 ・JACKALL, Baby Dragon 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
(2)ジグヘッド
 ・Cross Factor, Chinu Maru 5.0g, Green&Black
 ・APIA, CHINUPARA Dodge 5.0g, Green AWABI, AKA-RAME

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20170318.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(57) ~こだわりのやぐらラーメン岩出店~  |  和歌山中華そば探訪(56) ~ラーメン四天王 花山店~ »

コメント

こんにちは

がっつり釣れてますね~
さすがです
自分は……未だに迷走中です
スプーキーな魚ばかりなので
無い知恵を絞りながらがんばっているのですが,……
負けっぱなし

それにしても……インスタントみたいな鯵のラーメンはいたいですね
おまけに四天王?
辛いです

yutkun #- | URL | 2017/03/21 18:51 * edit *

yutkunさん、こんにちは~

 水温が上がりつつあり、今まで完全無視だった魚達が、少しは振り向いてくれるようになりました。最盛期になれば、太刀魚、アオリイカ、チヌ、カサゴの4魚種が釣れるので、どっちつかずで撃沈しないように、今から作戦を練っております。仕事を休んで、夕方から朝方まで釣りをすれば、全ての魚種を釣ることが出来るんですが・・・。今年、やってみようかな・・・なんて。

 四天王のラーメン、全くの期待外れでした・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/03/22 12:30 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/416-be4c7e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)