10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

和歌山紀北チニング釣行 ~欲張り釣行、直リグ導入~ 


01-P3190107.jpg
 狙える魚種が増えてくると、ついつい欲張りにあれこれと手を出したくなるのが釣り師の性であるが、結果、二兎追うものは一兎も得ることが出来ずに撃沈すること度々であり、ここは慎重にならなくてはいけないが、今日の潮回りを見れば、夕暮れ時にカサゴ、陽が落ちればチヌ、満潮の潮どまり前に常夜灯でメバルという、何とも贅沢な釣りを展開することが可能であると気が付いた。体力が続けばの話であるが。まずは潮が動き出す夕暮れ時の時合に合わせて、カサゴ狙いへと繰り出す。海水の透明度は高く、徐々に潮が入ってきていて、更には風が穏やかで、抜群の状況であるが、なかなかうまくいかず。4月から5月頃になれば、ジグヘッドが捨て石に挟まる前に、活性の高いカサゴが我先に食ってきてくれるが、今日は根掛かり先行である。辛うじて護岸の際でカサゴを捕獲するも、実に小さい。


02-P3190108.jpg
 時間がズルズルと過ぎて、気が付けば辺りは暗くなっている。予定では、この時間までにツ抜けを達成して、意気揚々として次なる獲物を求めて移動をしているところであるが、まだ水温が低くて沿岸部にカサゴが寄ってきていないのか、数メートル先に沈む消波ブロックの隙間を根掛かり覚悟で攻めて、辛うじて2匹目の小さなカサゴを捉えるに留まっている。緩やかなカーブフォールで反応した。


03-P3190109.jpg
 何となくパターンを掴んだような気もするが、再現性が乏しい。ジグヘッドを斜め前方に投じてから、ロッド操作で消波ブロックを回避しながら、ボトム付近をフワリと流すとクンッとバイトがあり、少しためてからフッキングを入れるとカサゴ。消波ブロックに波が当たって、程よく白濁している場所に幾度となくジグヘッドを投じて、中層付近を漂わせて、メバルを狙うものの、こちらはバイトすら皆無。和歌山に来て1年が経とうとしているが、未だにメバルが付いている場所を開拓出来ていない。


 午後7時前にチヌ狙いのために場所を移動する。


04-P1220090.jpg
 午後7時過ぎにチヌ釣りのポイントへと入る。完全に陽が落ちて、また月光も無く、理想的な暗がりが広がっている。遠くの照明が海面を照らしているが、ボラや小魚が頻繁に海面を揺らしている。潮が徐々に上げていて、陸地であった部分に海水が浸みこんで、プツプツと小さな音が聞こえる。まずはアピアのチヌパラドッヂにジャッカルのベビードラゴンを装着して様子を見ることに。ちなみにチヌパラドッヂは、ジグ部分の構造が起き上がりこぼし的な構造をしていて、先端部に窪みがあり引き抵抗が強く、更にクロー系のワームであるベビードラゴンは、アーム部分が水の抵抗を大きく受ける形状になっている。これららの組み合わせは、大きな波動を生み、活性の高まったチヌを素早く偵察出来るという強みがある。ジグを斜め前方、つまりはダウンクロスに投じていく。ゴツゴツとした底の形状を把握しながら、石などの障害物でジグの動きが止まると、ラインテンションをそのままにして少し間を作った後に、ラインテンションを緩めて障害物を回避する。


05-P3190110.jpg
 3投目。ロッドを立てて、底の形状を把握しながら丁寧にリールのハンドルを回す。モゾッとした違和感。そのまま一定の速度を維持すると、クンッ・・・ククク・・・っと引っ張られるように重みが伝わる。その抵抗にロッドで応えながら、重量感を確認したうえでロッドを立ててフッキングを入れる。一気にラインが張り詰めて、ロッドが大きく曲がり、ラインが真横に走る。同時に、強めに締めておいたドラグから甲高い音が鳴り、スプールから軽快にラインが引き出されていく。ロッドのグリップエンドを肘に当てて、強烈な引きに耐える。最初の引きに耐えてから、一定のラインテンションを保つことに注意しながら、魚の動きに合わせて素早くラインを回収する。左手でランディングネットを準備しながら、強烈な引きに対峙する。何度がドラグが唸り、大きくラインが引き出され、一進一退の状態が続く。幾度となく海面が白濁して、その度にラインが引き出されるが、ヘッドライトを灯すと目前に魚が見える。空気を吸わせてから、ゆっくりとランディングネットに収める。重量感が堪らない。チヌ44㎝。鰭が大きく発達していて、背が張って、貫禄がある。


06-P3190112.jpg
 バイトの数は少なく、集中力を維持することが課題となる。油断すると、雑なリーリングになり、魚に間を与えることが出来ないばかりか、根掛かりが頻発する。今回の釣行では、上げ潮に乗って浅場に入ってくる魚を狙い撃つべく、移動距離を最小限に抑えて、尚且つ浅場でありながら起伏に特徴がある場所に重点的にジグを投じていく。何度か”らしい”バイトがあるも乗せることが出来ず。夜空の星を眺めながら、意識が遠のき始めたときに、執拗にジグを突くようなバイトが伝わってくる。ジグが障害物に引っ掛かり、動きが止まったところで間を入れると、グンッっと力強いバイトがあり、ラインを巻き取りながら大きく合わせを入れると、グググ・・・っとロッドに負荷が掛かり、同時に違和感を察知した魚が勢いよく走る。ドラグが唸り、ロッドがしなり、ラインが走る。重量感ある最初の走りに耐えて、魚の動きが止まったところで勝負にかかる。ロッドの弾力を活かしながら確実に間合いを詰める。目の前で何度も強烈な引きがあり、その度にドラグが唸り、海面が弾け、心が躍る。ランディングネットに収まったのは、キビレ39㎝。


07-P3180071.jpg
 チニングの際の悩みと言えば、ルアーを頻繁に失ってしまうこと。オフショアのビッグゲームの際に使用するプラグのことを考えれば、随分と安いルアーではあるが、釣行回数が多く、毎度のことのようにルアーを失ってしまうと、さすがに経済的なことも考えないといけない。今までにも、バス釣りに使用するラバージグをチヌ用に自作してみたり、ダウンショットリグと軽量ラバージグを組み合わせてみたり、試行錯誤を繰り返しているが、根掛かりが少ないこと、経済的であること、手間暇がかからないこと、シンプルな構造であることを重視して直リグなるものを導入することにした。


08-P3180072.jpg
 チニングにラバーは必須であるような思い込みがあるが、今回はシンプルに直リグにクロー系のワームを装着するだけの状態で試してみることに。これで芳しくなければ、ラバーの装着を検討しなければならない。フックの部分に蛍光のゴムを差し込んで、ワーム留めとして使用することに。


09-P3190117.jpg
 直リグを投入する。ラバーが無い分、空気抵抗が圧倒的に軽減されて、キャスタビリティが抜きんでていることは意外な発見である。夜間であってもチヌは警戒心が強く、チヌと人間の間合いが近いと、海面に波紋を残して素早く逃げてしまうことがある。ダウンクロスの方向にジグを遠投して、ロッドを立てて丁寧に誘う。底に転がる石などの障害物に対する回避性能が高く、通常のチヌ用のジグでは攻略が難しいような場所でも、比較的、根掛かりせずに安心して攻めることが出来る。扇状にジグを投じる方向を変えながら、途切れそうな集中力を何とか保ちつつ、ロッドを操作する。スッと引っ張られるような違和感の後に、ジワジワと重みが増す。聞き合わせの要領でロッドで様子を伺うと、ジグが浮いていることが分かり、間髪入れずにフッキングを入れる。グンッとロッドが弾かれた後に負荷に応じて大きく曲がる。ドラグが甲高くなるが魚にスピード感は無いように感じられる。重量感がある強烈な引きに耐えながら、確実に魚との間合いを詰める。突如、今頃になってドラグ音を伴いつつ強烈にラインが引き出されていく。ロッドが強く曲がり、肘にグリップエンドをしっかりと当てないと、ロッドが伸されてしまう勢いである。何度も海面が白濁して、その度にロッドを右へ左へと切り返して、ラインに一定の負荷をかけることに注意を払う。ヘッドライトを灯すと、それに驚いて更に激しく抵抗する。ようやくのことでランディングネットに収めると、ズシリと重量感。チヌ46㎝。


10-P3190118.jpg
 更なる釣果を求めて常夜灯を目指すことも考えたが、十分に充実した時間を過ごせたことに感謝して、午後9時を持って納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年3月19日(日)午後6時~午後9時
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:18度→10度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計6匹(チヌ46cm、44cm、キビレ39cm、カサゴ3匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) チニング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) メバリング用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)チニング用
 ワーム
  ・JACKALL, Waver Shrimp 2.8inch, Sexy FUNAMUSHI
  ・JACKALL, Baby Dragon 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
 ジグヘッド
  ・APIA, CHINUPARA Dodge 5.0g, Green AWABI, AKA-RAME
  ・直リグ(Cultiva直リグシンカー3/16oz, Decoy Trailer Single 29 #4)
11-P3200122.jpg

(2) メバリング用
 ワーム
  ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ジグヘッド
  ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
12-20170319.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« チヌボンボン自作を諦めて、直リグ&ラバーを簡単自作  |  和歌山中華そば探訪(57) ~こだわりのやぐらラーメン岩出店~ »

コメント

直リグ、シンプルでえーですねー。昨年棒オモリにオフセットフックつけて根魚狙ってましたけどチヌでも使えるんすね!

どM #- | URL | 2017/03/22 16:43 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/03/22 20:59 * edit *

どM殿、こんばんは。

簡単でしかも釣れちゃうので、もうこれで決まりです。でもラバーが付いていないと、パンツ履いていない感じでスースーするので簡単自作をしました。後日、作り方をアップするのでご覧ください。きっと、他の釣りでも応用できますよっ!


donfan #mQop/nM. | URL | 2017/03/22 21:11 * edit *

Re: 私のお薦め

N様、ワーム&ジグヘッドの情報提供ありがとうございます。
今度、釣具屋で探してみま~す!あんな色で釣れちゃうんですねぇ~。スゴイですね~。次回の根魚釣行が楽しみになってきましたっ!

donfan #- | URL | 2017/03/22 21:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/418-57a71535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)