07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

和歌山紀北メバリング釣行 ~少しだけワームローテ~ 


01-P4080054.jpg
 夕暮れの下げの時合に備えて準備万端であったものの、結局、仕事を終えたのは午後7時半。随分と日が長くなったとは言え、完全に暮れて、青白く流れる車のヘッドライトや明滅するテールランプが主役の時間帯である。途中で軽く腹ごしらえをして、下津方面へと南下する。干潮が午後8時30分。潮が動き出すタイミングを見計らって、干潮の時間に現地に入る。数日前の豪雨と暴風の影響で、海面には浮遊ゴミが無数に浮かんでいる。


02-P4210034.jpg
 常夜灯が海面に明暗を作っている。突堤の突端部で海面を覗き込むと、根元には海藻が揺れている。潮の動きを知るのに、浮遊ゴミが役立っている。上げ潮が効きだすにはまだ早いが、浮遊ゴミが揺れ動きながら少しづつ移動しているところから、多少の潮の動きがあることが読み取れる。想像していた潮の流れと逆方向に浮遊ゴミが流れていて、まだ下げ潮の影響があるのかも知れないし、さもなくば湾内で大きな潮の流れがあり渦巻いているのかも知れない。頭の中で状況を整理しながら、普段通りにジグヘッドを投じていく。足元をタイトに攻めたいところであるが、海藻が密生していて思い通りのラインを攻めることが出来ない。ユラユラと踊る海藻がラインに触れて、バイトと勘違いしてしまうこと度々。突堤に張り付いている魚を誘い出すべく、普段より更にリーリング速度を遅くして、ジワジワと攻める。コツッ・・・。海藻か?更に進めるとグググ・・・っと明らかな躍動感。素早くフッキングを入れて、ソリッドティップの円弧を確認したうえで引き抜くと、狙い通りのカサゴである。まだ本格的には潮が動いていないものの、幸先の良い反応に安堵する。


03-P4210030.jpg
 ワームの色や形の選択肢が多過ぎると、釣れる理由、釣れない理由を把握することがより複雑になり惑わされてしまう。今までもジグヘッドの釣りに限らず、釣具店の棚に所狭しと並ぶ豊富なルアーに翻弄されて、過去に色々なルアーを購入してタックルボックスに押し込んで釣行しては、結局、ろくに使いこなすことが出来ず、無駄な投資を後悔すること度々。過去の苦い経験から、特に最近はワームの色と種類を極端に絞り込んでいる。その中でも、ダイワのビームスティックのパールホワイトには絶大な信頼を寄せている。釣れない理由はワームの種類や色にある場合もあるが、場所、潮、トレースラインの見極めで回避出来ることも多い。今日のポイントは、常夜灯が効いていることもあり、パールホワイトでは余りにインパクトが強すぎると判断して、久しぶりにクリアー系のワーム(ジャッカル・ペケペケ・クリアーレッドフレーク)を投入することとする。突堤の周囲に敷き詰められている被覆ブロックの駆け上がりを丁寧に攻めると、すぐに反応がある。


04-P4210031.jpg
 表層から中層にジグヘッドを通すと、明暗部の境界付近から勢いよくメバルらしき小魚がジグヘッドを猛追するも、残念ながらバイトには至らず。恐らくここで、釣りのエキスパートならジグヘッドの形状や重さ、またはワームの形状や色を様々に組み合わせて、食わす状況に持ち込むのであろうが、そこまでの技量も無ければ、ジグヘッドとワームの種類も無いので、”釣れる魚を釣る”方向で釣りを続ける。小型ながらカサゴが反応を示す。


05-P4210036.jpg
 ストックされているカサゴの数が少ないのか、次々に釣れる状態では無いものの、潮の動きによって魚が入れ替わるのか、もしくは潮の動きが悪く反応しなかった魚の活性が徐々に上向いているのか、時間を置いてから同じトレースラインにジグヘッドを送り込むと、忘れた頃にカサゴの反応がある。更にワームを変更する。リブが効いたアクアウェーブの簡刺ワームのイカナゴ。念のため表層付近のメバルらしき魚を誘ってみるが、寸でのところでバイトには至らず。何かがお気に召さないのであろう。しかしながら、この何かが相変わらず分からない。ジグヘッドの重さを変えてみるも結果は同じである。カサゴは裏切りを知らない魚なのであろうか、いつも真摯な姿勢で反応を示してくれるので、感謝せねばなるまい。このポイントでの釣りの経験が浅く、シーズナルパターンやポイントを十分に理解していないが、どうやら小型が中心であるようだ。厳冬期の産卵シーズンになれば、良型を期待することが出来るかも知れない。


06-P4210038.jpg
 常夜灯に集まる小魚を狙ってか、シーバスやチヌらしき魚影が視界に入り、息を潜めて静かにジグヘッドを投入して誘ってみるも、一瞬だけワームに興味を示すもバイトに持ち込むことは出来ない。彼らが捕食しているものと乖離しているのであろう。そんな中、カサゴだけがロッドを曲げてくれる。潮が動き出し、更なる釣果が期待出来る筈であるが、いかんせん攻めることが出来るポイントが限られていることもあり、攻め切った感もあって午後10時半を前に納竿とした。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年4月21日(金)午後8時30分~午後10時30分
 潮回り:長潮、下げ止まりから開始
 天気:晴れ、気温:16度、水温:14.7度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計9匹(カサゴ9匹)(全てリリース)

08-P4210040.jpg


■使用タックル
(1) スプリットシンカー・ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・JACKALL ペケペケ2inch SQ、Clear Red Flake
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、イカナゴ
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g

07-P4220045.jpg

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(58) ~味千拉麺和歌山北インター店~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~海にも春よ訪れろ~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/424-69da05f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)