09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山紀北メバリング釣行 ~強風、白濁、尻下がり~ 

01-P4230106.jpg
 今日の潮は中潮。丁度、夕暮れ時に下げ潮が効いて、良さそうな雰囲気。薄暮の時間帯には少し早い、午後5時30分に現地に到着。今日も昼頃から北寄りの風が強いため、風を避けた風裏ポイントを選んだものの、風が大きく回り込んでいて、海面は白く波立ち上下左右に動揺し、海水が白く濁っている。濃緑の山の木々も蠢くように揺れている。ジグヘッドを準備して、早速、釣りを開始するが、PEラインが大きく撓んでしまい、狙いのコースにジグヘッドを通すことが出来ない。目の前には難攻不落の大きな石が転がるポイント。風が無くとも慎重なロッド操作が要求されるのに、風が強く吹くと、もうどうにもならない。根掛かり頻発で苦戦しながら辛うじて1匹。


02-P4230107.jpg
 手前側は海藻が茂って攻めきれず、突堤の基部には漂流ゴミが海面を覆い、ジグヘッドをキャストすればラインが煽られ、思うように釣りが出来ず、なかなか難易度が高い。ジグヘッドを何個も失いながらも、集中力を切らさないように丁寧に攻める。紀州釣りをされていた地元の釣り師が次々に竿を収めている。話を伺うと、風が強くて釣りにならなかったとのこと。天気予報によれば、夕暮れ時になれば、幾分かは風が収まるとのことだが、そんな気配は無い。気温は20度近くある筈だが、体感温度はずっと低く、もう少し厚着をしてくれば良かったと後悔。小さなカサゴを追加するも、パターン化に至らない。


03-P4230109.jpg
 釣れない時間が続き、気が付けば日没。少し風が和らいできて、少しはまともにラインの操作が可能となるが、魚の活性は一向に低いままで、普段なら反応がある場所にジグヘッドを丁寧に送り込んでも無反応。絶景なる景色だけが、せめてもの救い。更に1匹を辛うじて追加するも、納得の1匹ではない。これ以上粘っても、更なる釣果を導き出すことは出来ないと判断して、今更ながら思い切って場所を変えることにする。夕暮れの絶好の機会を逃しているので、あまり多くを期待することは出来ないが、足で稼ぐしかない。


04-P4230111.jpg
 常夜灯が海面を照らすポイントに移動する。こちらも当然ながらに強風の名残があり、海水は大いに濁っている。しかも先行者が攻めた形跡もあるが、風がピタリと止んだのは幸いである。まずは定番であるが突堤の際をジグヘッドで攻める。普段なら白色のワームを摘まみ出すが、今日はクリヤーに赤ラメを取り出してみた。白濁した海水に、赤ラメが明滅して絶妙な存在感を示してくれるのではないか、との期待感からである。早々にカサゴが反応してくれる。狙いが間違ってなかったことが分かり、少し自信が出る。


05-P4230112.jpg
 しかし、連発とはいかず。ここは粘り強く攻めねばならない。常夜灯が作る明暗の境界にジグヘッドを投じた後に底を意識しながら、ジグヘッドがエビのような躍動感を吹き込まれたかのような、小さく、時に大きく飛び跳ねる様を意識して、ロッドを丁寧に時に大胆に操作する。ジグヘッドが跳ねてから、コツッと着底すると、グググっと重量感。ラインを巻き取りながらジワリと合わせを入れる。思わずタケノコメバルかと錯覚するほどに、細身のカサゴ。この後に更に1匹を追加する。遂に勢いに乗るかと期待して、突堤の際、捨て石の法尻、駆け上がりなど様々な方向にジグヘッドを投じるも虚しく、午後8時半をもって納竿とした。

 尻下がりの週末であった。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年4月23日(日)午後5時30分~午後8時30分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:晴れ、気温:20度→14度、水温:15.9度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計6匹(カサゴ6匹)(全てリリース)

06-P4230115.jpg

■使用タックル
(1) スプリットシンカー・ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、イカナゴ
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW(Pearl White)
 ・JACKALL ペケペケ2inch SQ、Clear Red Flake
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.5g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170423.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~モヤモヤ解消~  |  和歌山中華そば探訪(59) ~元車庫前 丸宮中華そば船津店~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/428-19b61cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)