08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山紀北メバリング釣行 ~怒涛の入れ食い~ 

 GW突入である。午後6時に仕事を切り上げて、軽快なる気持ちで車に乗り込む。ラゲッジルームには、準備万端のタックルが並んでいる。缶珈琲のプルトップを引き上げて、グイと飲み干してアクセルを踏む。夕暮れ時の道には車が溢れていて、赤く灯るランプを見ると非常にもどかしい気持ちになるが、釣りに向かう時の高揚感によって丁度良くバランスしてくれる。午後7時前に現場に到着する。数人のチヌ釣り師が帰り支度を始めている。今日の釣行は、薄暮の時間帯にはカサゴを狙い、完全に陽が落ちて漆黒の時間帯に突入するとメバルを狙うという計画。


01-P4280014.jpg
 早速、ジグヘッドで様子を確認することにする。今日は中潮。満潮を挟んでの釣りとなる。潮位が高く、前面に広がる被覆石の天端と海面には十分なクリアランスがある。まずは普段どおりにジグヘッドを前方に投じて、被覆石と海底とが交わる法尻付近を丁寧に攻める。海藻が生い茂っていることもあり、ジグヘッドの動きが途中で止まるが、無理せず丁寧にロッドを操作すれば、再び自由の身となる。早速、バイトがありカサゴが反応を見せる。


02-P4280016.jpg
 直観的に閃く。被覆石の天端付近には、きっと捕食体制で餌を待ち構える活性の高い魚が居るに違いない、魚の頭の上を通過する餌には敏感に、俊敏に反応する魚が居るに違いないと考え、ジグヘッドを護岸沿いに投じる。根掛かりを回避する意味合いもあるが、ジグヘッドを投じると、素早くリールのハンドルを回して、ジグヘッドが被覆石の天端を滑るように移動するように操作する。狙いは的中する。カツンッと明確なバイト。ロッドティップが魚の顎を捉えたことを確認してから、ロッドを引き寄せるようにしてフッキングを入れる。カサゴだ。キャスト毎に魚の反応がある。


03-P4280019.jpg
 被覆石の天端付近でカサゴが確実に反応することは分かった。試しに被覆石の駆け上がり付近の、少し水深がある場所はどうかと考え、ジグヘッドを投じてみる。3秒ほど沈めてから、駆け上がりに沿うようにジグヘッドを操作すると、小型のカサゴの前アタリにあるようなツツ・・・っと微妙なバイト。そのままラインテンションを保ったままに、リールのハンドルを回すとグググ・・・と重量感。素早く応戦体制に入ってロッドとリールを操作する。カサゴにしては躍動感がある。姿を現したのは、20㎝には満たないものの、良型のメバル。


04-P4280022.jpg
 カサゴの反応はすこぶる良い。カサゴがこんなにも俊敏な魚であったのかと関心してしまうが、ノーマルギアとは言え、リールのハンドルを1秒に1回転の速度で回しても、カサゴの活性はそれを十分に上回っているようで、鋭くバイトして、そして次々にロッドが曲がる。しかも良型が多い。開始20分で10匹を超える。


05-P4280024.jpg
 カサゴの勢いは止まらない。場所を移動しながら、同じような特徴を持つポイントにジグヘッドを投じていく。釣りを開始して50分で20匹に到達する。時計を確認すると午後8時。これを境にして、カサゴの反応は鈍くなる。ジグヘッドを軽くして、スローに誘うと何とか反応をするものの、根掛かりとの戦いとなり、精神的にも物理的にも消耗が激しくなるために、ここでジグヘッドの釣りを終了して、メバルに照準を絞った釣りに変更する。一旦、車に戻り、タックルを持ち替える。


06-P4280028.jpg
 フロートリグに軽量のジグヘッドの組み合わせ。陽が落ちて漆黒があたりを包む。風は無い。消波ブロックの前面は比較的深く、地形の影響で潮流が巻くポイント。消波ブロックを斜めに掠めるような方向にフロートリグを投じる。ストップ&ゴーで緩やかなカーブフォールで誘う。1投目、反応なし。少し角度を変えて再度フロートリグを投じる。遠くでポチャンっと可愛い音が響く。超微速で、リールのギヤの嚙み合わせを把握するが如く丁寧に丁寧にハンドルを回す。崩れた消波ブロックの先端部を通過。ツッ・・・僅かな違和感。そのままの動きを維持する。グッ・・・反射的にロッドを引き寄せる。ドラグがジリジリと鳴り、ロッドが大きく曲がる。鋭い突っ込みの度に、ドラグがジリジリと鳴り、ラインが走る。海藻に巻かれないように、手前のブロックの隙間に入り込まれないように、ロッドをポンピングで引き寄せながら、やや強引に距離を詰める。海面が弾ける。一気に引き寄せて、そして引き抜くと良型のメバル。サイズを計測すると23㎝を超えている。狙いどおりにメバルを捉えることが出来て、喜びひとしおである。


07-P4280029.jpg
 早速、フロートリグでメバルを捕獲することに成功したので、カサゴに引き続き爆釣状態に突入するのでは無いかと、欲張りな私は大いなる期待を抱くが、やはり世の中そんなには甘くない。色々な角度にフロートリグを投じては、超微速で引いてみたり、ストップ&ゴーを繰り出したり、少ない引き出しを開け閉めして、メバルを誘うべく必死であるが後が続かない。場所を移動しながら、護岸に対して斜め前方の方向にフロートリグを投じて、超微速でハンドルを回す。比較的海藻が密に繁茂する場所。ツンッ・・・と微細なバイトの後にフッキングを入れると、ラインが軽快に横走りする。ドラグがチリッと鳴る。丁寧に引き寄せるとメバル。18㎝。


08-P4280031.jpg
 散々移動を繰り返し、色々な方向にフロートリグを投じていくが、時合が去ったのか、狙う場所が悪いのか、リグが合っていないのか、一向にメバルの反応は無い。何故かカサゴの反応はあり、数匹を追加するも、午後10時頃になれば集中力が途切れ、体力が低下し、視力が低下し、身体的な能力が激しく低下していることを自覚したため止む無く納竿とした。体力と気合と情熱があれば、潮が完全に下げて、そして動き出す時間帯に対峙して、更には輝かしい朝の時合までも我が手中に収めることも可能であるが、今の状況では確実に無理である。瞬きを頻繁に繰り返しながら、帰途に就いた。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年4月28日(金)午後7時~午後10時
 潮回り:中潮、上げ、下げ
 天気:晴れ、気温:14度、水温:15.3度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計24匹(メバル3匹、カサゴ21匹)(全てリリース)

09-P4280033.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Ecogear メバル職人 ストローテイルグラブ 2インチ
 ・ダイワ ビームスティック1.5インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.5g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.0g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
10-20170428.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~再現性の確認~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~モヤモヤ解消~ »

コメント

スゴっ!

donfanさん
トータル24匹? 凄い釣果ですね~
しかも釣れたメバルがグッドサイズのオマケ付き!

昔から 数は腕、サイズは天からの贈り物 って言うらしいですからねぇ
う~ん羨ましい、アタシも負けられんぞ ^^;

bottu #mQop/nM. | URL | 2017/04/30 15:43 * edit *

bottuさん、こんばんはぁ~。

いやいや安心してください、完敗ですよ、ほんと。
メバルを爆釣出来るって、ちゃんと魚の居場所と時合と釣り方を把握していないと出来ないことですよ。私は、カサゴで数を稼いでいるだけで、まだまだ・・・。

ちなみに、私もbottuさんと同じく、ジグヘッドをこよなく愛しております。あのリニアな操作感が堪らないですよねっ。あれ、違います?

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/04/30 22:14 * edit *

こんばんわ

スゴいですね~
間髪いれずの釣行&アップ
自分はタメにタメたあげくまとめきれずに
メチャクチャ派なので
感心しております

2日やっただけでもうまとめきれないですもん
本当にみならわなくっちゃ

yutkun #- | URL | 2017/05/01 19:05 * edit *

yutkunさん、おはようございます。

単身赴任先の和歌山では、自炊もしない超テキトー生活に加えて、誰も相手してくれないので、結果、時間だけは十分にあるんです(笑)。

更に私の場合、釣りに行った直後に文章を打っておかないと、次の釣行とごっちゃになって、もう思い出すことは不可能・・・・(メモリーの容量が少ないのか?)。最近は新たに和歌山ラーメンネタが枯渇しつつあるので、昨年と比べれば、ブログをアップする回数減って、少しほっとしております。

いやしかし、yutkunさんのブログ、1回のアップで情報量が多くて、しかもオモロイ。私もマネしたいんですけど、出来ないなぁ。文才ってやつですね。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/02 07:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/430-63c4c500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)