04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

和歌山紀北チニング釣行 ~狙いが外れたものの~ 

01-P5040113.jpg
 南紀白浜アドベンチャーワールドにて、パンダ”結浜”の元気な姿を拝見。僅か197gで生まれた結浜も、今やこんなにも大きく育ち、元気いっぱい。無邪気な動きが可愛らしく、癒されました。


02-P5040157.jpg
 ”ワシは知らん”。どこの職場にも、こんな感じの方がいらっしゃるのでは。


03-P5040228.jpg
 醤油発祥の地である湯浅にて。伝統的建造物保存地区に指定されている古い町並みを歩くと、醤油の香りが仄かに漂ってきて、醤油醸造の地であることを認識する。太田久助吟製にて金山寺味噌を少し試食をさせて頂くと、程良い甘さと控えめな塩分。味噌と言いつつも”なめ味噌”の一種で、調味料としてではなく、おかずとして食べる味噌とのこと。大豆、豆、麹そして塩を加えて仕込んで、そこに茄子や瓜などを混ぜ合わせて10カ月ほど熟成させるとのこと。もろみがこんなにも美味しいなんて初めて知った。胡瓜に味噌を乗っけて食べたら、さぞ旨かろう。生醤油と金山寺味噌を購入。


 和歌山市に戻ってから、久しぶりに近場のチヌ釣りに出かけることに。潮回りは小潮。午後8時前が干潮であるので、上げ潮が効き始め、チヌがその流れに乗って入ってくるであろう午後9時から釣りを開始する。潮が引いている時間帯を利用して、潮位が高いと入り込むことが出来ない場所に進んで、直リグを護岸に対して斜め前方に投じながら進んでいく。開始早々に、カツカツっとチヌらしきバイトがあるも乗せるに至らず。


04-P5040243.jpg
 まだ潮の効きが悪いのか、バイトは少なく、なかなか釣果に結び付かない。護岸沿いをタイトに攻めていきたいとことであるが、如何せん潮位が低過ぎるために、そもそも魚が付いていない。護岸に対して45度ほどの方向にジグを投じていく。底をズル引くジグに、カツカツカツ・・・っと明確なバイト。ラインスラッグを取って、ロッドを立てて大きく強くフッキングを入れると、ジャァァーっと勢いよくドラグが唸り、ラインが引き出され、ロッドが叩かれるように激しく暴れる。抵抗する魚。左手でランディングネットを準備しながら、右手ではロッドを左右に切り替えしながら、そしてラインテンションを保ちながら、引きに耐える。チヌの場合、一定のラインテンションを保つと、不意に岸側に魚がスッと寄ってくるが、一向にその気配が無い。水深が浅く、ランディングが上手く出来るか不安であるが、一気に引き寄せて、その勢いを利用してランディングネットに引き込んでしまう。何とか取り込みに成功する。


05-P5040244.jpg
 なんとマゴチでは無いか。最後の最後まで、ロッドが上下に強烈に揺さぶられたが、なるほどこの魚であったか。いよいよ活性が高まり、チヌやキビレが連発するのかと思いきや、単発の怪しげなバイトが数回あるだけで、なかなか魚の顎を捉えることが出来ない。1時間で進めるところまで進んで、そして1時間をかけて戻りながら釣りを進めるが、戻りは小型のバイトが数回あっただけで、結局、魚を追加することが出来ず。午後11時を持って、瞬く星空を見上げながら納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月4日(木)午後9時~午後11時
 潮回り:小潮、上げっぱな
 天気:晴れ、ほぼ無風、気温:20度
 ポイント:和歌川
 釣果:マゴチ1匹 約50cm(リリース)

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・JACKALL, Waver Shrimp 2.8inch, Sexy FUNAMUSHI
(2)ジグヘッド
 ・直リグ(Cultiva直リグシンカー3/16oz, Decoy Trailer Single 29 #4)
 (簡単直リグの作り方はこちら

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20170504.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~近場のポイント開拓~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~メバルポイント開拓~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/434-c930ba42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)