04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

和歌山紀北メバリング釣行 ~近場のポイント開拓~ 

01-P5050272.jpg
 近くに住んでいながらに未だ訪れたことがなく、和歌山市の単身赴任中のこの機会を逃すと、この先も訪れることはなかろうと思い、春うらら(暦上は立夏であるのには驚き)の天気に誘われて散歩がてらに名草山を目指してみた。西国三十三所観音巡礼の第二番札所である紀三井寺。正式な寺名は”紀三井山金剛宝寺護国院”と言い、山内から湧き出す三つの霊泉(清浄水、楊柳水、吉祥水)から”紀三井寺”として親しまれているとのこと。結縁厄除坂と呼ばれる231段の石段をのぼり本堂へ。


02-P5050262.jpg
 県立医大病院前の国道42号。


03-P5050293.jpg
 昼食は、安定・定番の和歌山中華そば”まるだい”へ。大型連休真っ只中ということもあり、午後1時半を過ぎても店内は大賑わい。少し待ってから席に案内される。所謂”エッヂの効いた”濃厚な豚骨醤油のスープと山盛りの青葱、そしてトロリと脂身が溶ける叉焼が秀逸。濃厚なスープを絡ませながらツルツル滑り込みが良く、噛み締めれば粘りが出る麺も最高の調和を見せる。中華そば700円、チャーシューメン800円、青葱の大盛は無料。

中華そば まるだい(○大)
 住所:和歌山県和歌山市西浜3-7-58
 電話:073-447-3100
 営業:11:00~21:00
 休み:水曜日


04-P5030093.jpg
 今日の潮回りは長潮で、午後9時前に干潮。今日は南寄りの風が強く、また潮位が低いために、ここ最近好調の下津のポイントでは、まともに釣りが出来ないと判断して、新しいポイント探しに出かけることに。自宅と職場の中間地点付近にある和歌浦漁港。この漁港を開拓出来れば、仕事帰りに軽くロッドを振って、心を癒すことも可能となる。しかしながら、国道42号からのアクセスも良く、魚介類や水産加工品を購入できる”和歌浦漁港おっとっと広場”があり、また大きな駐車場の真横の岸壁や防波堤で気軽に釣りが出来る環境が整っていることもあり、普段から家族連れを問わず多くの釣り師で賑わっていて、当然ながら高いプレッシャーに晒されていると考えられる。回遊魚を狙うのであれば、家族連れの釣り師が多くとも差支えは無いが、居着きの魚を狙うのであれば普通に考えて厳しいと考えられる。


05-P5050306.jpg
 午後6時50分、釣り開始。夕暮れの薄暮の時間帯にはカサゴを狙い、完全に陽が落ちて常夜灯が効き出す時間帯にはメバルを狙うプラン。うまくいくだろうか。海中を覗き込みながら、まずはカサゴが好みそうな場所を探す。1gのジグヘッドにクリアー系のストレートワームの組み合わせ。護岸や突堤に沿って歩きつつ、ジグヘッドを投じていく。ご愛敬でアナハゼが反応するも、狙いの魚ではない。午後7時10分、護岸沿いに投じたジグヘッドを底まで沈めて、ラインテンションを保ちながらゆっくりと引く。クンッっとカサゴのバイト。そのままの状態を保ちつつ、ロッドティップが入ったところでフッキング。まずは狙いどおりのカサゴ。やはり普段から攻められているのか、サイズは小さい。


06-P5050315.jpg
 カサゴが居ることが分かり、少し安堵する。物陰に潜むメバルを誘い出すべく、表層から中層も併せて確認するが、今のところメバルの反応は無い。2~3cmほどの稚魚の群れを確認するが、ネンブツダイやメバルの姿を確認することは出来ない。ジグヘッドを護岸沿いに投じながら進む。徐々に暗くなり、良い時間帯に突入している。狙うべき場所にしっかりとジグヘッドを送り込むことが出来れば、カサゴが反応してくれる。良型とは言えないまでも、カサゴを3匹追加する。


07-P5050311.jpg
 午後7時半、夜空が明るくなり、時間差で空気が振動する。潮風を感じながら、マリーナシティで打ち上げられる花火をしばし鑑賞する。


08-P5050317.jpg
 午後8時半頃の干潮の潮止まりまで、残された時間は少ない。護岸沿いの反応は途切れ途切れで頼りなく、更にはサイズアップを図るべく、前面の被覆ブロックの上面を攻めることに。ジグヘッドを投じてから着底を待ち、ジグヘッドが底スレスレを滑るように少しロッドを立てて誘う。狙いめは、被覆ブロックと被覆ブロックの境目に出来るスリットだ。グンッ・・・っとロッドティップが沈み込む明確なバイト。素早くラインを巻き取り、ロッドを立てて、魚がスリットに潜り込まないように応じる。少しサイズアップ。


09-P5050320.jpg
 パターンを掴み、狙いどおりのラインにジグヘッドを通すことが出来れば、高い確率でカサゴが反応を示す。時折吹き付ける風が強くなりつつあり、ラインコントロールが難しくなってきている。軽量ジグヘッドとPEライン0.6号の組み合わせが悪く、ライントラブルに見舞われて貴重な時間を浪費するが、更に7匹のカサゴを追加することに成功する。カサゴ狙いの合間に、表層から中層までを誘うが、残念ながらメバルの反応は無く、午後8時半に近くなると、いよいよカサゴの反応も悪くなり、潮止まりをもって納竿とした。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月5日(金)午後6時50分~午後8時30分
 潮回り:長潮、下げ
 天気:晴れ、気温:20度、水温:15.7度
 ポイント:和歌浦漁港
 釣果:計12匹(カサゴ12匹)(全てリリース)
10-P5050326.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
11-20170505.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~干潮前後に粘りに粘って~  |  和歌山紀北チニング釣行 ~狙いが外れたものの~ »

コメント

こんばんは、Yです。
この度はコメント頂きありがとうございます。
私の方にもリンク貼らして頂きますね。
因みに、私の釣行は月に1~3回程度(ほぼ1,2回)と言う事もあり
Blogの更新は少ないです。
こんなBlogですが宜しくお願い致します。

Y #- | URL | 2017/05/07 02:50 * edit *

Yさん、早速のご連絡&リンクありがとうございます。釣りネタ、ラーメンネタともに参考にさせて頂きま~す。

私の行動範囲は、和歌山市界隈(最南端でも有田市~紀ノ川より南)と神戸市界隈と、非常にピンポイントですが、どこかのフィールドでご一緒させて頂く機会もあろうかと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/07 09:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/435-7f5ba1eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)