06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

和歌山紀北メバリング釣行 ~干潮前後に粘りに粘って~ 

01-P5060005.jpg
 今日の潮回りは長潮。夕暮れ時にちょうど下げ潮が効いて良さそうな感じ。昨年の同じ時期に好調であった下津某所へと向かう。午後6時頃に現地に到着。太刀魚狙いの餌釣り師とアオリイカ狙いのエギンガーが潮通しの良い場所でロッドを振っている。話を伺うと、まだ釣果は無いとのこと。1gのジグヘッドにダイワのビームスティック1.5インチの組み合わせで釣りを開始する。良い具合に曇っていて、夕暮れに近く、更には潮が効いているとくれば、爆釣間違いなしの予定であったが、なかなか思い通りにはいかず。護岸沿いや前面の捨て石を丁寧に誘うも、なかなか結果が出ず。釣りを開始して30分後に、ようやくバイトを捉えるも極小サイズのカサゴ。その後も魚の反応は悪く、普段はあまり攻めない、水深があり海藻が揺らめくエリアに場所を変えて、根掛かり頻発で苦戦しつつ攻めて、午後7時~午後7時半の間に5匹を追加するも、この絶好の時間帯でこの状態とあらば、粘っても状況は好転しない。

 午後7時30分、このポイントを見切り、昨夜の釣行の際にある程度の結果が出た和歌浦漁港に移動する。


02-P5060009.jpg
 夕食の買い出しを終えて、午後8時30分、和歌浦漁港に到着。午後9時半頃が干潮の潮止まりのため、残された時間は少ない。目を凝らせば、稚魚がピチピチと跳ねて海面が賑わっている。護岸沿いにジグヘッドを投じていくが、反応が無い。時合は終わったのか、もしくは攻め切られたのか。護岸によりタイトにジグヘッドを落とし込んで、超微速で静かに誘う。クンッ・・・グググ・・・お馴染みのバイトをしっかりと合わせて、狙いどおりのカサゴ。開始から30分ほどを要してしまったものの、何とか1匹目の捕獲に成功する。


03-P5060010.jpg
 さすがに潮止まりの時間帯に近く、海面がまったりと佇んでいるのが見て取れる。粘り強く、護岸沿いにジグヘッドを落とし込んでは、丁寧に誘っていく。夕暮れの時合であれば、魚の活性が高く、多少、いい加減なトレースラインであっても、リトリーブ速度が速くても、魚達は十分に反応をしてくれるが、今の状況は全く異なり、護岸沿いをタイトにゆっくりと攻めなければ魚達は反応しない。拾い釣りの要領で、場所を移動しながら何とかカサゴを捉えていく。4匹を追加して、完全に潮が止まり魚の反応が極端に悪くなる。

 ここで一旦休憩を入れる。車のラゲッジに腰かけて、遅い夕飯にする。


04-P5060015.jpg
 午後10時前に釣りを再開する。ジグヘッドの重さを1g、1.5g、2gと変えながら、更にはワームのサイズを1.5インチ、2.2インチ、色をクリアー、パールホワイトと変えながら、どの組み合わせが良いか探っていく。結果、根掛かりの回避性能を考えると、1gのジグヘッドに分があり、ワームサイズは2.2インチ、ワームカラーはパールホワイトの組み合わせに辿り着く。カサゴを追加するもサイズは相変わらず小さく、これはこのポイントが日々、高いプレッシャーに晒されている証拠に他ならない。ジグヘッドを僅かな追い風に乗せて前方に投じていく。表層から中層にジグヘッドを通してメバルを誘うも反応は無い。ジグヘッドを前方に投じた後に、一旦、ジグヘッドを底まで沈めてから、ジワジワと底を切るか切らないかの速度でリールのハンドルを回す。捨て石の法尻付近にジグヘッドが差し掛かった瞬間に、モゾッとした違和感。直後に、クンッと小さなバイト。すかさずフッキングを入れると、何とも可愛らしいメバル。再現性を確認すべく、同じことを繰り返すがメバルの反応はそれっきり無い。


05-P5060020_201705071021394be.jpg
 護岸沿いに固執せずに、前方にジグヘッドを投じては、底付近を丁寧に誘い、活性の高い個体を探っていく。底に転がる石と石の隙間や、ブロックとブロックの隙間をタイトに攻めたいところであるが、攻めれば攻めるほどに魚との距離が縮まる一方で、必然的に根掛かりとの戦いにもなるため、ロッドやリールの操作には最善の注意が必要とされる。次々に、という状況では無いまでも、そろそろ納竿にしようかと思った頃に、カサゴが反応してくれる。ズルズルと1時間ほど釣りを続けて、カサゴを8匹追加する。カウンターを見れば、”0020”の数字。これを見て納竿を決めた。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月6日(土)
   下津周辺:午後6時00分~午後7時30分
   和歌浦漁港:午後8時30分~午後11時
 潮回り:長潮、下げ→上げ
 天気:曇り、気温:22度→18度、水温:15.9度
 ポイント:和歌山下津、和歌浦漁港
 釣果:計20匹(メバル1匹、カサゴ19匹)(全てリリース)
06-P5060023.jpg


■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.5g、1.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170506.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~風裏を求めて新規開拓~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~近場のポイント開拓~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/436-0ef6018c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)