04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

神戸・明石間メバリング釣行 ~振れるようなバイトに翻弄され~ 

01-P5130085.jpg
 ここ最近、すっかり定番になりつつある濃厚鶏白湯スープのラーメンを啜る。和歌山の豚骨醤油も中毒性があって、週末になれば喉がキリリと刺激を受けるスープを嚥下したくなるものであるが、鶏白湯もこれに負けず劣らず病みつきになってしまう。

麺処 こなこね
 住所:兵庫県神戸市灘区桜口町4-4-3
     ウェルブ六甲道3番街3番館
 電話:078-855-2939
 営業:11:00~14:00、17:00~21:00
 休み:不定


02-P5130088.jpg
 唐突に話はそれてしまうが、ブロ友である某氏(B氏)の影響を多大に受けて、私も遂に、今更ながらにして初々しくも”ふるさと納税”のデビューを果たすことに。折角なので、何らかの”ゆかり”がある地が良かろうと思い巡らしつつ、されとて地方自治体としての実績や経験が豊富な方が後々の手続きなどで安心出来ると判断して、過去に出張で訪れてお世話になったことがあり、尚且つ実績があり評価が高い宮崎県都城市に決定。納税後、1カ月ほどして返礼品が送付される。宮崎牛500g×3個=1500g。早速、夕飯に焼肉として頂くことに。塩胡椒だけのシンプルな味付けにして、口に頬張り、噛み締めると弾力が程よく、甘い脂がジュワリと染み出てきて、上品な肉の味が継続して、白米との調和が絶妙でございます。納税したお金の使途を市長に一任することとしたが、有効に活用して頂ければ幸いであります。金額はそんなに多くは無いけど。


03-P5130093.jpg
 さて、時は過ぎて午後9時。腹具合も落ち着いたところで神戸港へ。今日の潮回りは大潮後の最初の中潮。満潮からの下げっぱな狙いである。昨夜から降り続いた雨の影響が不安材料ではあるが、昨夜はそれなりに反応が良かったので、更には水温の低下もそれほど顕著では無いので期待が持てる。まずは1.5gのジグヘッドで素早く探って、魚の活性を確認する。表層及び常夜灯により醸される明暗を中心に、ジグヘッドを放っていく。2投目、フッ・・・と触れるようなバイトの後に、クンッと明確なバイト。間髪入れずにフッキングを入れて、幸先よくメバルをキャッチする。開始早々5分で結果を出せたことに、単純な私は即座に嬉しくなってしまうが、世の中、そんなに甘くは無い。


04-P5130095.jpg
 先行者であるカサゴ狙いの餌釣り師に状況を伺うと、さっぱり釣れないとのこと。こちらは既にメバルを手にしているので余裕である。ジグヘッドを広範囲に投じながら進む。時折、底付近のカサゴのご機嫌を伺うが、こちらはさっぱり無反応。時間は着々と過ぎる。釣れない。全く釣れない。場所を移動しながら次々にジグヘッドを投じていく。浮遊感を重視して、ジグヘッドを1.5gから1.0gに軽くしている。何度か触るような小さなバイトがあるも、合わせのタイミングが早かったり、喰いが浅かったりで乗せることが出来ず。午後10時過ぎに辛うじて1匹を追加する。潮が効き始めて状況は良くなる筈であるが、潮位が全然変わらず。根気強くジグヘッドを投じて、フッ・・・と触れるようなバイトがあったり、何とかフッキングに成功したかと思えば、途中でポロリと外れたり、悶絶したり、我が技術力の無さに落胆したり、缶珈琲で休憩したり、天を仰いだり、瞑想にふけったりしながら時間が過ぎる。拾い釣りの要領で、メバル2匹を追加するも、状況は全然好転せず、午後11時過ぎを持って、疲労困憊にて納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月13日(土)午後9時15分~午後11時30分
 潮回り:中潮、満潮からの下げ
 天気:雨、気温:21度→19度、水温:17.4度
 ポイント:神戸港
 釣果:計4匹(メバル4匹)(全てリリース)
05-P5140102.jpg


■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック、2.2インチ、1.5インチ、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g、1.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20170513.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~ワームの色と動き~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~降りしきる雨、忍耐の釣り~ »

コメント

>donfanさん

クリアー系もお使い頂いてるようで何か写真を見ると嬉しさがいっぱいです~。(謎)

私も先日出撃しましたが、予報では5m~7mの向かい風でメバル釣りなんか無理な状況でしたが、キャロリグで対抗(対応)して何とか数尾をGETできました!。
自分的には、ストレス発散のための気分転換になりました。

ところで、カサゴがオレンジやピンク系、メバルはホワイトやクリア系と勝手に思い込んでいるのは私だけでしょうか。
donfanさんのご見解(経験)は?

※もちろんメバルでピンクやオレンジやグローやパールやイエロー系、あとお茶系、ブラック系も状況で使用して釣果もあるのですが、最後はソッチに頼ってます。

Numa #IPjhD9aw | URL | 2017/05/14 23:11 * edit *

Numaさん、こんにちは~。

 Numaさんのアドバイスのお陰で、少し釣りの幅が広がったように感じます。悩む幅をなるべく小さくしようと、またシーズナルパターンを捉えるという意味で、最近はワームの形状や色、ジグヘッドの種類を敢えて絞り込んでおりました。しかしながら、クリアー系を投入することによって新たな発見もありました。いやはや、本当にありがとうございます。

 私の場合は、釣り場の環境や時間にも左右されると思うのですが、基本的にはメバルもカサゴも白系(蛍光や蓄光ではないマットな白)で事足りると考えております。色が強すぎるとスレてしまうのではないか・・・との意見もありますが、私の釣りは、動き回るスタイルですので、反応する魚を探すのであまり問題無いように思います。

 クリアー系の用途としましては、まだ完全に陽が落ちていないような状況や、常夜灯の光が効いている時リアクションで喰わす場合に、魚の反応が良いように感じます。バイトの仕方を比べてみますと、クリアー系の方が躊躇なく喰ってきているように感じます。一方で、完全に陽が落ちてしまった場合や、光が無い場所では、クリヤー系でもゆっくりと動かせば反応をしますが、この場合には、白系の方が良いと感じています(暗いので白の方が人間も見やすい・・・っという理由もありますが)。

 他の色も過去に使用しておりましたが、まだまだ修行が足りず、いまいち傾向を掴めていないのが現状です。ちなみにフグの猛攻が激しい時には、何故かフグのバイトが減るオレンジを使用しますよっ。

 また今後も色々とご意見をお聞かせくださいまし~。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/15 12:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/439-55a7ff6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)