09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

日本海丹後半島沖オフショアジギング ~釣り納め、寒鰤出るか?~ 


01-PC270006.jpg
 午後11時頃に仮眠所に到着。道路脇にある気温を表示する電光掲示板によると、マイナス2度の文字。かなり冷え込んでいるが、今のところ風はなく、翌日の天気は心配なし。シュラフに足を突っ込みつつ、タックルの準備。先行者がすでに眠りについているので、釣友Y氏と、寒鰤を釣るための、かなり前向きな、いや、もしかするとかなり能天気な作戦会議をひそひそと進める。ここ数日間、日本海が大荒れだったため、今回の釣行も危ぶまれたが、明日は風も波も収まるとの予報で出航は確実だ。寒鰤が身を潜める白石グリで久しぶりの丹後ジャークが出来るかと思うと、自然と笑みがこぼれる。すでに釣った気分になり、クーラーボックスに寒鰤が収まらなかったらどうしようかと、いつもながらのいらぬ心配をする釣りバカ2名。


02-PC280009.jpg
 午前7時半に出航。黒田船長に前日の釣果を確認すると、なんと寒鰤6本!しかも4人で。これは期待出来るぞと、自分の技術力、腕を無視して、勝手に盛り上がる。後に知ったことだが、前日に乗船されていたアングラーは、プロの領域の方々であったので、そもそものポテンシャルが違っていたのだが、そんなことを知る由もなく、ジグをセットする無邪気な男たち。
 約1時間半でようやく白石グリ付近に到着。午前10時にならないと白石グリには入ることが出来ないため、その周辺で釣りを開始。波は穏やかで、気温はかなり低いものの最高の釣り日和。開始早々にY氏にアタリが。何と高級魚のアマダイであった。


03-PC280010.jpg
 CB-ONE190gで底を取ってから、最近になってようやく出来るようになったワンピッチ・ワンジャークで丁寧にボトム付近を探ると、ガシッとロッドに魚の躍動感が伝わる。船長がマイクで“ヒット!寒鰤か?”と・・・船中の注目を集めるも、この鈍重な引きはもしかして寒鰤か・・・と思ったが、あまりに引かないので、途中で船長に“寒鰤ではない”と合図を送る。上がってきたのは巨大なアオハタであった。サイズは45cm。


04-PC280012.jpg
 船長からの情報によると、寒鰤らしき魚群がボトムに張り付いているとのことであるが、潮が動いていないらしく、これら魚群にスイッチが入らない状態。反応する魚がなかなか見つからず、船のポジションが頻繁に変わる。そんな中、Y氏がお次はレンコダイをキャッチ。


05-PC280013.jpg
 ジグをあれこれ変えてみるも青物の反応はない。ボトム付近でようやくアタリを捉えるも、数秒で小型の魚であることが分かる。上がってきたのはクロソイ25cm。船内でも釣果は渋い様子で、ロッドがしなる人はいない。あまりに渋い状況のため、一旦、丹後半島に近いポイントに移動して、ハマチを狙うことになった。ミヨシからアンダーキャストで右前方にジグを投入して、水深50~60メートルの底を取り、丁寧にワンピッチ・ワンジャークを繰り返すと、ハマチがヒット。サイズは小さいが、やはりアタリがあると面白い。3匹のハマチを追加。船内でもポツポツとハマチがあがる。


06-PC280015.jpg
 午前10時に白石グリ解禁。水深は100メートル前後。魚探には寒鰤らしき反応があるとの情報。サクリファイス150g、180g、ゼロワン190g、オッターテイル210g、ワイプアウト180gなどなど、ジグをローテーションして、丹後ジャークを中心にボトムから30メートル付近を集中的に攻めるも魚信は一向にない。船中のアングラーのロッドも全然曲がらず。唯一、ロッドがバット部分から強烈に絞り込まれたアングラーがいたが、姿を現したのは、本命の寒鰤ではなく、粘液たっぷりのメダイであった。


07-PC280016.jpg
 寒鰤を求めて、ただひたすらロッドを上下するが、バイトすらない状況が続く。正午を過ぎると、次第に風が強くなり、雪になる手前の冷たい雨粒が落ちてきた。グローブが濡れてしまい、指先が痛くなるほどに冷たくなる。何度となく濡れていないグローブに変えるが、すぐに濡れてしまい、あっと言う間に不快な状況に。防水性の快適なグローブが必要であると実感。モンベルでゴアテックスのグローブを買おうかな、でも高いしな・・・、コーナンで売っていた防水と書いてあったグローブはジギングに耐えうるのか?などと、過酷な環境でジグを操る両腕の動きが緩慢になりつつ、思考する。


08-PC280017.jpg
 船長の判断で白石グリの寒鰤を諦めて、冠島付近まで戻り、最後の時間を託すことになった。スパンカーの具合が悪くなった様子で、大島と小島の間でドテラ流しになる。風向きと潮の流れを考慮して、右舷のアングラーと左舷のアングラーが平等になるように、船をポジショニングされるので、有り難い。今日は、右舷ミヨシに陣取っている。右舷側に風を受ける場合には、ラインが船から離れるように出ていくので、インチクをリーダーの先に結び、斜め引きでボトムを中心に攻める。うまくいけば、真鯛や根魚が反応してくれるはずだ。逆に左舷に風を受ける場合には、ラインが船の下に入り込んでしまうので、ジグを沖に遠投してから、ジグの着底を確認すると、ゼロワンをワンピッチ・ワンジャークでバーチカル方向に規則的に動かす。狙いはヒラマサ。


09-PC280020.jpg
 大島と小島の間では、残念ながら狙いの魚の反応はなく、冠島の南側に移動。活性の高いハマチの魚群を捉えることが出来たようで、ジグを投入すると、激しいジャーキングに即座にハマチが反応する。魚群の活性が一気にあがり、水面近くまでジグを追ってくる魚も。フォーリングにもバイトがあり、ついには入れ食い状態に突入。まさに魚にスイッチが入った状態。テクニックやジグの種類なんて関係なし。わずか1回の流しで、時間にして30分足らずで、船中100本以上のハマチが上がり、本日は終了。

 残念ながら寒鰤を手にすることが出来なかったが、最後の最後でハマチを釣ることが出来たのは良かった。この釣行が釣り納めとなった。来年はどんな1年になるのだろうか。


10-PC280031.jpg
 午後6時半頃に宮津市を後にして、一路、神戸へ。




11-PC290032.jpg
 アオハタの鍋。淡白でホクホクの白身が最高。カメラのレンズが曇ってるし・・・。


12-PC290038.jpg
 定番のハマチの刺身。クロソイも刺身にすると歯応えがあり美味いとのことで薄造りに。





■釣行データ
 釣行日:平成24年12月28日(金)
 潮回り:大潮
 天気:曇のち雨、気温2~6度
 時間:午前7時半出船、午後5時頃帰港
 ポイント:丹後半島 経ヶ岬付近、白石グリ、冠島
 釣果:ハマチ11匹、アオハタ1匹(45cm)、クロソイ1匹(25cm)


■潮汐
13-20121228_2601_03.png

出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-58/5
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks SW8000F
 Line: PE 4
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-62/4
 Reel: Shimano Twinpower 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks TP8000F
 Line: PE 4
 Leader: 40lbs.
(3)ライト・ジギング用
 Rod: DAIKO Jacker JB-60/3
 Reel: SHIMANO Calcutta 201
 Line: PE 2
 Leader: VARIVAS VEP50lbs.


■ヒットルアー
・CB ONE, Zero 1, 160g(緑金)
・CB ONE, Zero 1, 190g(緑金)


■使用船
ビクトリー
http://www2.nkansai.ne.jp/users/victory/
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« A Happy New Year!  |  日本海丹後半島沖オフショアジギング ~寒鰤豊漁とは裏腹に~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/44-63e609a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)