08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山紀北メバリング釣行 ~ドラグを締めて良型を狙う~ 

01-P5150132.jpg
 昨夜の釣行では、それなりに数は出たものの小振りなカサゴばかりだったこともあり、今日は数より大きさに重きを置いてポイントを選択する。突堤の基礎に法勾配が1:1程度で覆石が密に敷き詰められている。被覆石の隙間にカサゴは潜んでいて、ジグヘッドをこの法面にクロスで沿わすようにトレースすると、虎視眈々と獲物を狙うカサゴが我慢ならず飛び出してくる、そんなポイントである。捕食行動後のカサゴは、被覆石の隙間に一気に逃げ込むような行動を取るため、これに対峙するためには、硬めのロッドを準備し、ドラグをしっかりと締めておく必要がある。使用するジグヘッドは、がまかつの「JIG29 #6」にカツイチの「チヌ専用おもり B」を挟み込んで自作したもの。重さは1gあるか無いか。


02-P5150135.jpg
 午後6時45分、釣りを開始する。本日の潮回りは、満月後の中潮3日目。午後9時半頃が満潮であることを考えると、今からの時間帯がまさに時合と言えよう。目の前の被覆石の前面に、軽くジグヘッドを投じていく。被覆石に接触するかしないかのレンジを丁寧に攻める。まだ目視が効くうちに、ジグヘッドの沈み具合や法面の状態をしっかりと把握しておく必要がある。斜め前方に投じたジグヘッドの背後2mほどの位置に黒い影。ロッドを立ててラインテンションを保ちつつ、ジグヘッドを小刻みに上下させると、瞬く間に黒い影が接近して、躊躇なく強烈なバイト。ガツッとロッドに振動が加わり、案の定、真下に突っ込もうとする魚の動きを強引に止めて、そして相手に主導権を与えず一気に引き抜くと良型のカサゴ。23㎝。狙いどおりである。


03-P5150137.jpg
 場所を移動しながらジグヘッドを投じていく。ジグヘッドが被覆石から離れてしまうと、魚の反応が悪くなるため、根掛かるかどうかのギリギリのラインを攻めていく。ラインコントロールさえ出来ていれば、ジグヘッドが石などに引っ掛かったとしても、軽くロッドを揺さぶってラインを振幅させれば、案外、根掛かりを回避することが出来る。ジグヘッドが、石と石の狭隘な部分にスッポリ挟み込んでしまうとお手上げであるが。徐々に活性が高まりつつある。ワームに反応する魚の姿が見える。魚と少し距離を置いて、ジグヘッドを投じて、魚を誘い出す。クンッ・・・グイン・・・っと明確で強烈なバイト。真下に突っ込む魚の動きをロッドのパワーでしっかりと受け止めて、一気に引き寄せる。カサゴだ。硬いロッドに加えて糸を出さないやりとりは、魚の口が切れてしまい、もしくは刺さった針が緩んでしまうのではないかとの不安があるが、ポイントの形状から縦方向にフッキングを入れることになり、結果、上顎の硬い部分に針が突き刺さることになるのでバレる心配は殆どない。


04-P5150138.jpg
 連発とはいかないまでも、しっかりとジグヘッドを沈めてから、地面スレスレで丁寧に動かすことが出来れば、飽きない程度にバイトがある。ジグヘッドを猛追した後の捕食行動であるが故に、フッキング後の魚とのやりとりは躍動感があり、緊張感があり、心躍るものである。


05-P5150143.jpg
 徐々に日が暮れて、沈めたワームの目視が効かなくなってきている。地形の形状を想像しながら、ラインから伝わる振動を頼りながら、ロッドとリールを操作して魚を誘う。ワームの色をクリアー系からパールホワイトに変更している。鏡のように静まり返った海面には、鰯だろうか、無数の稚魚がピチピチと小さな波紋を作っているのが見える。もしや稚魚の群れの下にメバルでも居るのではないかと妄想しては、時折、ジグヘッドを投じてから表層付近を誘うが、残念ながらメバルの反応は無い。空が赤く染まる。場所を移動しながら、ジグヘッドを次々に投じて魚を誘う。良型のカサゴがポツリポツリと反応する。完全に闇が迫ると、山の木々が揺れ動き、海面にさざ波が立ち、魚の活性が極端に低下する。魚の匹数を確認するためのカウンターを確認するとツ抜けたと言っている。今日は、潔く納竿とする。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月15日(月)午後6時45分~午後8時15分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:21度、水温:16.7度
 ポイント:下津周辺(S漁港)
 釣果:計10匹(カサゴ10匹)(全てリリース)
06-P5150148.jpg

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、パールホワイト、イカナゴ
(2) ジグヘッド
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、カツイチ「チヌ専用おもり B」)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170515.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(60) ~中華そば まる豊~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~ワームの色と動き~ »

コメント

こんばんわ

毎度です
スゴいテンポてアップしていきますね~
釣りには最高の季節ですもんね

それにしても下血は……ちょっとまずいですね
腸にポリープでもできましたか?
自分はたまに激辛くんを食べると出ることが……
お互い美味しいものを食べ続けられるように
気を付けましょう

自分のブログなんて参考にならないですよ
むしろ見習ってますから

yutkun #- | URL | 2017/05/16 19:13 * edit *

yutkunさん、こんばんは~。

もう半分イジになってアップしています。何を目指しているのか、自分でも訳が分からなくなってきていますけど・・・とりあえずは、このまま続けていこうかと思います。下血も止まったんで。

>お互い美味しいものを食べ続けられるように
>気を付けましょう
おっしゃる通りです。お互いに気を付けましょう。っと言いつつ、我々のブログを見た方々は、”オイオイ”って突っ込みたくなるでしょうねぇ。

週末の潮回りがイマイチなので、今からどうしようか思案中です。明日と明後日は二日連続で飲み会なので、小潮を釣れないのは残念でなりません・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/16 23:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/441-1c28a965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)