08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山中華そば探訪(60) ~中華そば まる豊~ 

01-P5150154.jpg
 今宵は、釣行後にこちらへ。田圃の近くにある農機具を保管する小屋のような風情であるが、こちらは全国区で有名な中華そば店”まる豊”。昼間に店の前を通過すると、あまりのボロさと背後の雑草と一体化して、その存在すら気が付かないが、陽が暮れて明かりが灯ると、ようやくもって何やらお店であることが認識出来る。

中華そば まる豊
 住所:和歌山県和歌山市有本615
 電話:073-432-2967
 営業:17:00~翌2:00
 休み:火・水曜日
 駐車場:店舗前に数台


02-P5150174.jpg
 この斜め具合が尋常では無い。写真の加減で、このように斜めになっているようにも見えるが、実際は写真以上に強烈な傾き具合であり、これを目の当たりにすれば誰しも驚きを隠せない。建物の横の自動販売機が由緒正しい立ち姿勢である。


03-P5150156.jpg
 少し待ってから店内に案内される。店内は狭く、座席は背中合わせに10席ほど。壁や天井には、所狭しと写真やサインが飾られている。椅子に座ると、当然の如く斜めになっていて、背骨を歪めて座らねばならない。何もかもが好き放題に傾いていて、平衡感覚を失ってしまう。唯一、コップに入った水が、水平を教えてくれる。


04-P5150160.jpg
 テレビなどの報道でご覧になった方もおられるかも知れないが、この地での35年の長きに亘る営業に一旦終止符を打って、装いを新たに6月1日に移転するとのこと。聞くところによると、建物の傾斜がひどくなりすぎて、行政側から建て替えもしくは移転の指導があったとのこと。今まで、この建物の傾きを売りにしていた店だけに、移転後がやや心配である。


05-P5150162.jpg
 カウンターの傾きを補正する台。これが無いと、器やコップなどがスルスルと滑ってしまう。事実、隣の方の携帯電話がスルスルと滑ってくるのである。


06-P5150161.jpg
 和歌山の中華そば店では、標準的なラインナップ。補正台の上に載っているので、水平を保っているが、背後のカウンターがデフォルトの傾き。建物に似合わず、お値段はやや高めの設定。カウンター上のガラスケースの中にも、焼き鳥や唐揚げ等が綺麗に並んでいる。親父さんの几帳面さと誠実さを伺うことが出来る。


07-P5150165.jpg
 迷わず「チャーシューメン」を注文。850円也。親父さんがカウンター越しに皺がれた声で”待たせたなぁ~”と言って器を手渡してくれたのは良いが、親父さんと軟弱な私とでは、手の皮の厚さが違うのか、それとも修練が足りないのか、もしくは我慢が足りないのか、器を受け取った瞬間に、器のあまりの熱さに落としそうになるが、ギリギリのところで補正台へと着地に成功。まずは年季の入った蓮華で心静かにスープを啜る。柔らかい豚骨に角が取れた醤油が心地良い。豚骨スープにありがちな野性味は皆無であり、少し物足りなさを感じるが、程よい塩味が全体のバランスを保ち、味を引き締めている。スープの温度は高めである。


08-P5150170.jpg
 お次は麺を啜る。高温のスープのせいか、もしくは単なる茹で過ぎか、麺は極めて柔らかい。風邪をひいて身体が弱っている時には、お粥のようで消化が良さそうであるが、麺に強いコシを求める博多ラーメン派の方々からは物言いがつきそうである。何を言っているのか、この店では、味は二の次で、雰囲気を楽しむものである、と言われれば、なるほどそうかも知れない。


09-P5150168.jpg
 お次は叉焼。肉肉した感じが食欲をそそる。青葱にまみれた1枚を口に放り込んで噛み締めると、最初は塩味とともに豚肉らしさがジュワッと溢れ出て、更に咀嚼を繰り返すと、叉焼の周囲に染み込んでいる甘辛い醤油の味が染み出てきて、そして脂身の歯応えを感じれば、追って脂が溢れだし、更には青葱が清涼感を発揮する頃には、これらが混然一体となって旨味となる。スープを啜り、麺を啜り、叉焼にかぶりつく。やはり熟練の技であろうか、徐々に美味さに魅了されていく。新天地でも変わらぬ人気が続くことを祈りつつ、割箸を置いた。


10-P5150172.jpg
 カウンターの下に埋まった車輪。カウンターを支えるために置いたのだとか。


--------------------------------------------------------------------------------
店名:中華そば まる豊
「チャーシューメン」
 ◇お値段:850円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、メンマ、玉子、モヤシ
 ◇麺:中細麺ストレート
 ◇スープ:豚骨醤油
 ◇叉焼:醤油味きっぱり叉焼5枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:35年の歴史に幕、遂に移転
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~短い時合に狙いを定め~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~ドラグを締めて良型を狙う~ »

コメント

こんにちは

・・・知ってはいましたが・・・
行く機会がなく・・・思っているよりボロさ全開ですね
なかなか雑草とは同化できません
自然を邪魔しない・・・この風景には欠かせない?
ある意味建築の究極ですね
行政からの指導って・・あまり個人ごとに首を突っ込みたがらないのがお役所なので
最早危ないですよと言う意味・・・
味云々よりよく今まで営業したなと・・・

カウンターの補正台の角度・・・職人技です
突っ込みどころ満載でとても楽しい店だけに
新店の入口もはなから斜めに作る等のしゃれっ気がある
設計屋だったらいいのですが・・・
最早ステージが違う店だけに
普通に店作ったら最早勿体ないレベルですね

許されるなら俺がやりたい・・・
(受け入れてくれるの前提ですが・・・)


yutkun #- | URL | 2017/05/17 10:21 * edit *

yutkunさん、こんばんは~。

駆け込みで行ってきました。このボロさ、尋常じゃ~ありません。よくも長きにわたり、地震や風雨に耐えたなと。更にはオヤジさんも、色々な意味でよくこの状態に耐えたなと思います。最早、傾きがなかれば意味が無いお店なので、移転後もきっと何らかの工夫が凝らされると思います。くれぐれも経営が傾かないことを祈るばかりですが。

yutkunさんのところに、設計や建て替えの話があれば、是非、前向きに受注をご検討ください。期待しております。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/17 22:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/442-aefbb7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)