09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山紀北チニング釣行 ~南風と、干潮と、時合と~ 


 やはりこの週末の潮汐と南風はよろしくない。夕暮れ時の絶妙な時間帯に干潮になり、しかも1日の干満差の小さい潮がこの時間帯に見事にハマっている。更には若潮とくれば潮位がより低く、おまけに南寄りの風が強く吹くと天気予報は言っているので、状況は悪いばかり。和歌山市に住まうようになり1年が過ぎたが、今まで北風を避けるようなポイントの開拓を重視してきたせいもあって、南風が吹くとたちまち路頭に迷ってしまうということに、今更ながらにハタと気が付いた。特にメバルやカサゴなどを対象とするライトリグの釣りには難儀である。

 今日は早朝から太刀魚狙いで出掛けたこともあって、睡眠不足が激しく、普段より思考能力の低下に拍車がかかっているが、揺らぐカーテンを見上げながら午睡に突入した後には、幾分かは脳が新鮮な状態になっている、ように感じる。再度、潮汐、風向きを調べて、地図を回転させながら逡巡し、結果、今日はダメもとになるかも知れないが、下津方面のポイントでチヌを狙うこととする。風をモロに受ける可能性はあるが、ルアーに重さがあるので何とかなるであろうという、時間をかけて考えた割には、奥が深くないところが我ながら情けないが、これ以外に選択肢は無いように思われる。今日のプランはこうだ。まだ陽が高く、満潮から下げのタイミングでは、活性の高い個体に狙いを定めてトップで誘い、夕暮れ時からは潮位が下がりきるまで、所謂、時合で捕食活動に入った個体をジグで確実に捕獲するというもの。うまくいくかどうか分からないが、せっかくの週末に部屋にこもっているのも勿体ないので、準備を整えて、とにかく車を走らせる。差し込む陽射しは、まるで夏である。


01-P5210025.jpg
 午後4時頃からトップウォータプラグを投げるものの、予想どおりに風に邪魔をされてトレースラインを選ぶことが出来ず、大きな弧を描いてしまい苦戦するも、小さなチヌが4度もバイトをしてくれたことは収穫である。一方で、1匹もフックアップに至らなかったのは痛恨であり、技術的に何かが足りないことは明白であるが。

 午後6時半、仕切り直してジグをぶら下げて再度ポイントに入る。相変わらず南寄りの風が吹いて、海面がザワザワと波立っている。更に風が強まれば釣りにならないが、半分意地になっていることもあり、帰り支度のアングラーに”全然釣れなかったですぅ”なんて無慈悲な言葉を投げかけられても、私は決してくじけないのである。一気に歩いて移動する。過去の釣行で、何度もジグを投げ倒して、水深が一気に落ち込むことを突き止めている場所。夕暮れ時には、魚が捕食のために差してくる場所であることも、薄々と分かってはいる。


02-P5210030.jpg
 3投目。風に歯向かいながらも、風が弱まった瞬間に、まるで抜け駆けのようにしてジグを投じる。うまくポイントに届いている。ラインを少し出して、なるべく真下にジグを落とし込み、そして素早くラインスラッグを取ってジグの着底を確認する。底には、漬物石サイズの石がゴロゴロと転がっていて、ラインテンションを疎かにすると、たちまち根掛かりに見舞われる。油断ならない。奥から手前の方に向かって、水深が深くなり、また手前で水深が浅くなる。ラインテンションを保ちながら、ジグが階段を降りるようにトントンと移動させる。クンッ・・・と怪しげなバイト。フグのバイトに似ている。気にせずに、更にジグをトントンと移動させると、グワン・・・グググ・・・・っと明らかなバイト。ラインを巻き取りながら、大きくフッキングを入れると、反動でロッドが大きく曲がり、ドラグがジャァァァ~っと唸る。水深があるポイントで魚を掛けると、その後のやりとりは至福である。今回の釣行では、ハイギヤのリールを用いている。チヌの引きは、一旦は激しく抵抗するものの、途中からは何らかの悟りを開くのか、岸側にスッと寄ってくることが多々ある。ちょうどこのタイミングとランディングネットの準備のタイミングがシンクロすると、リールの操作が出来ないことから、大いにラインが弛んでしまう。フックの掛かりが悪ければ、最悪バラシにも繋がってしまう。ハイギヤの強みを存分に活かして、ロッドを大きく曲げながら、最後は海面が白濁してランディング。背鰭が張り、とても綺麗なキビレだ。33㎝。


03-P5210033.jpg
 扇状にジグを投じていく。反応は無い。1匹目を釣った場所と同じ方向にジグを投じてみる。先ほどと同じような要領で、ジグの所在をしっかりとイメージしながら、丁寧にロッドとリールを操作する。ジグが一段下の石に落ちた瞬間、通常なら”コツ”と微振動が伝わるところ、”モゾッ”とした違和感。その直後にカンカンカンっと鋭いノッキング。すかさずフッキングを入れると抜けたかのような抵抗の無さ。僅かに曲がるロッドを確認しながら、念のため丁寧なやりとりをすると、掌サイズの小型のキビレ。これで勢いが乗ったのでは無いかと、思わず嬉しくなってしまう。

 しかしながら、まさに糠喜びであるが、その後、場所を移動しながらジグを次々に投じていくが、フグのような、チヌの幼魚のような、小さく鋭いバイトが度々あるも結果に繋がらず。相変わらず気ままな南風が強く吹いたり、ふと止まったり。8時半頃が干潮の潮止まりということを考えると、既に時合は終わっている。午後8時半、辛うじて坊主を回避して充実感に満ち溢れているはずが、何となく虚脱感に見舞われつつ納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月21日(日)午後6時30分~午後8時30分
 潮回り:若潮、下げ
 天気:晴れ、気温:21度、南風強い
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計2匹(キビレ2匹)(全てリリース)

■使用タックル
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・JACKALL, Waver Shrimp 2.8inch, Sexy FUNAMUSHI
 ・JACKALL, Baby Dragon 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
(2) ジグヘッド
 ・直リグ(Cultiva直リグシンカー3/16oz, Decoy Trailer Single 29 #4)
 (簡単直リグの作り方はこちら

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20170521_201705222027054c3.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北サーベリン等釣行 ~読みが外れて苦戦、人が多くなると困る~  |  和歌山サーベリング釣行 ~気が早すぎたか~ »

コメント

donfanさん

いつもながら、お見事な釣果、、、羨ましすぎです ^^;


ところで、下の方まで読んでいったら「ふるさと納税」を発見!
しかも、都城市ではないですか。

アタシも先日、都城市に駆け込み納税させていただきました~
以上、ご報告です。。。^^

bottu #mQop/nM. | URL | 2017/05/27 16:36 * edit *

bottuさん、おはようございます。

いやいや・・・こちらも苦戦しております。魚が居ることは居るんですけど、人が多くてポイントに入れないんですよねぇ。そちらは、かなり網に邪魔されているようですが・・・。

ふるさと納税、bottuさんのHPの情報を拝見していて、遂に私も遅ればせながらデビューしました。本来の目的を忘れてしまいそうですけれども、色々と試してみたいと思います。実は、昨日も納税をしました。また物が手元に届きましたら、さりげなくブログにアップしま~す!

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/28 10:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/445-5afae9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)