09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山中華そば探訪(61) ~薩摩ラーメン四天王 園部店~ 

01-P5280074.jpg
 本日のランチはこちら。ラーメン四天王の系列店であるが(注:後に系列店ではないことが判明)、巷の噂では、こちらの園部店の評価はもっぱら高く、”他の四天王とは一線を画す”、”独自の路線で勝負していて”なんて評価があり、以前に訪れた別のラーメン四天王で落胆したこともあったので、見事な晴天に誘われつつも期待半分で出掛けてみることに。雨降りの季節に中華そばを啜るのも哀愁があって乙なもんであるが、こうも晴天だと逆に中華そばを啜るのは勿体ない、海辺でおいちぃイタリアンに赤ワインの方が断然に良いに決まっているが、一人だと余計に寂しいのでやっぱりラーメンに限るでのある。

薩摩ラーメン四天王 園部店
 住所:和歌山県和歌山市園部640-6
 電話:073-462-4977
 営業:11:00~14:00 17:00~22:00
 休み:日曜日
 駐車場:店舗横に6台


02-P5280072.jpg
 午前11時の開店から遅れること30分、既に駐車場は満車で店内もほぼ埋まりつつあるが、タイミングが絶妙であったに違いないが、まるで私が疫病神のように、私が扉を開けて注文をする頃には一巡して客はまばらに。カウンター席が8席、奥の方にテーブル席が複数あって、全20席というところか。やたらに厨房が大きい中華そば店もあるが、こちらは客側優位であるらしく、こじんまりとした厨房である。巨大な寸胴には白濁したスープが湯気とともに踊っている。


03-P5280062.jpg
 「ラーメン」810円也。事前に確認したところによると、ボリューム重視のお店であるらしいので、結果的にこれが正解であったのだが、今回はチャーシューメンではなく通常のラーメンに。注文後、5分もしないうちに器がコトリと置かれた。お上品な白濁スープに輪郭大きめの青葱が大量に乗っていて、その下に存在感のある叉焼2枚が見え隠れする。まずは蓮華でスープを啜る。豚骨スープの筈であるが、あまり豚骨の味は強くなく、円やかな中にも塩分が前面に出ていて、”サッポロ一番塩ラーメン”のような懐かしくも直球的な分かりやすい味である。伝統的な和歌山中華そばに慣れてしまったからに他ならないが、スープをゴクリと嚥下した際に、喉にイガイガとエッヂの効いた醤油味が無いと、少し物足りないと感じてしまう。古典的な表現をすれば、”パンチが足りない”そんな味である。


04-P5280065.jpg
 お次は麺を啜る。塊感のある麺をほぐしながら、グイッと引っ張り出して白濁スープを絡めながら啜り噛み締めると、程良い弾力の後にモチモチとした食感になり、まさに食べている感がある。麺にモヤシと青葱が混ざり合い、更にはモヤシを炒めた際の脂が香り、単調になりがちな味が奥行きを増す。麺の分量は多め。


05-P5280069.jpg
 お次は叉焼。大きめの叉焼が2枚であるが、相当に分厚さがあるので、その辺のセコイ中華そば店のチャーシューメンぐらいの分量がある。見た目的には十分に満足度が高い。豚肉の筋がスジスジしていると、確実に歯にスジが挟まって気持ちが萎える可能性が高い分厚さであるが、まずは味を確かめるべく、端っこを齧ってみる。豚肉の繊維を確認出来るもホロリと崩れるような柔らかさで、直ぐに豚肉の野性味が口中に広がるが、これが嫌味は無く、むしろ野性味を楽しむかの如くの豊潤さで、ジュワリと染み出る脂身の甘い味を実感すれば笑みがこぼれてしまう。歯にスジは挟まらない。間髪入れずに、如何にも醸造されたと言わんばかりの醤油の香りが漂い、豚肉の味に覆い被さるように甘辛い醤油の味が広がる。見事な調和である。世間で美味いと称される叉焼であるが、なるほど美味い。


06-P5280070.jpg
 この分厚い叉焼を食べると、近頃は胸焼け必死であるが、脂身が上品なこともあり心配無用である。しかしながら通常のラーメンでこの分厚い叉焼が2枚であるので、チャーシューメンであったならば何枚入っていたのであろうか。チャーシューメンならば確実に胸焼けをしていたので、今回、通常のラーメンを注文したのは実に正解であった。気が付けば、多くの客で賑わっている。


--------------------------------------------------------------------------------
店名:薩摩ラーメン四天王 園部店
「ラーメン」
 ◇お値段:810円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、モヤシ
 ◇麺:中太麺ストレート
 ◇スープ:豚骨
 ◇叉焼:甘辛い醤油味の極厚叉焼2枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:思いの他、スープは薄い
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山紀北メバリング釣行 ~二兎を追ったものの~  |  和歌山紀北サーベリン等釣行 ~読みが外れて苦戦、人が多くなると困る~ »

コメント

こんばんわ

おお!
酷評が多い四天王ですね
そんなにばらつきがあるんですか~
同じ店名だとあまり良いことではないですね
こちらにも大勝軒というメジャーどころがありますがあれもバラバラです
好きなのは一番弟子のごとうさんくらいかな~

yutkun #- | URL | 2017/05/29 20:54 * edit *

yutkunさん、こんばんは~。

同じ四天王の看板を掲げていながら、店によって味にばらつきがあります。でも総合的に私の好みではないことが判明しましたので、もう行きませぇ~ん。やっぱ醤油がキリリと効いているスープが好みのようで、すっかり和歌山中華そば派になっております・・・。っで、私のヘタクソな画像をyutkunさんのブログに使用して頂きありがとうございます。

いやしかし、サイズ感を見失ってしまうぐらいの、腹ボテの鯉、メーター級って驚きです。GTみたいです。yutkunさんも、しっかりと釣果を叩き出されて、竿が痛んでも、ネットが破けても、これなら納得できますね。ヘラ師に場所を奪われたのは痛恨でしたね・・・。



donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/29 22:55 * edit *

ここの四天王は、薩摩ラーメン四天王で、ほかのチェーンの四天王とは違いますよ
。地元では、みんな知ってると思いますが。

よっしー #- | URL | 2017/05/31 20:20 * edit *

よっしーさん、こんばんは。
ご指摘ありがとうございます。別のお店でしたか。和歌山市生活1年と少し、まだまだ勉強が足りないようです・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/31 20:52 * edit *

開店当時は、地元でもざわついていましたよ。最近はこの辺りもラーメン激戦区となって、ラーメン好きにはうれしい限りです

よっしー #- | URL | 2017/06/01 19:16 * edit *

よっしーさん、こんばんはっ。

コメントありがとうございます。確かに和歌山にはラーメン店が多数あり、週末になるとどのラーメン店に行こうか悩んでしまいます。でもやはり、和歌山中華そばの中でも、豚骨醤油のキリリとしたスープに、細めのストレート麺、そして甘辛い醤油が効いた薄めの叉焼が好み・・・っと言うことが最近分かってきました。

今週はどこに行こうか・・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/06/01 22:20 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/447-33fb48b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)