07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

和歌山紀北メバリング釣行 ~二兎を追ったものの~ 


 昨夜の釣行では、満潮の潮止まりを境に、上げ潮の時は太刀魚を、また下げ潮の時はメバル、カサゴを狙うという欲張りな計画であったが、いまひとつ狙いどおりに事が運ばなかった。今日の潮回りは、新月後の中潮1日目で、午後9時頃に満潮を迎える。風も穏やかとのことで、場所選びも融通が効いて都合が良い。今日の計画は、夕暮れ時から潮止まりまでの3時間を確保して、まず前半は、太刀魚を狙うこととして、日没の時合に状況が良ければそのまま太刀魚狙いを継続して狂喜乱舞し、逆に状況が悪ければ、坊主回避のためにカサゴ狙いに切り替えるという、積極的かつ突如として保守的、消極的なもの。釣りを切り替える際の移動時間が勿体ないことを既に学習したので、今回は、風向きを考慮しなくて良い状態も手伝って、太刀魚とカサゴを共に狙うことが出来るポイントを選択。場合によっては、消波ブロック付近の海藻エリアでメバルを狙うことも出来る。更には、満潮の潮止まりまでに魚を見ることが出来なければ、下げっぱなを保険として確保することも視野に入れた。我ながら、釣りの時だけは用意周到である。ただし、粘り過ぎると明日の仕事に支障が出るので、見切りが必要となるのだが。

 午後6時、現地に到着。まだ陽が高く、太刀魚には早過ぎる感があるが、まずはポイントに入り海の様子を確認する。潮が効き始めている。鰯だろうか、ベイトの姿を確認することも出来る。体力を温存しつつ、まずはワインドで様子を伺うが、一向に反応は無い。地元の若者達と談笑しつつ、ともに時合の到来を待つ。西の遠くの稜線に橙色の太陽が差し掛かり、清涼感のある水色の空には羊雲が流れ、ひんやりとした空気が山から駆け下りてきて、いよいよ時合かと期待するも、何故かバイトすらない。周囲の釣り師のロッドも音沙汰無しの状態である。午後7時半、今の時点でバイトが無いということは、太刀魚が入ってきていない証でもあるので、ここで前半の部を切り上げる。


01-P5280092.jpg
 素早く車に戻り、タックルを持ち替えて、お次はカサゴ狙いに転じる。自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)にダイワのビームスティック2.2インチの組み合わせ。色はパールホワイトを選び、インパクトを重視して素早く勝負する算段である。ジグヘッドを軽く投じて、被覆石の上面をトレースする。底を取ることには固執せず、あくまでスイミングを中心として、捕食活動に入っている活性の高い個体に狙いを定める考えだ。時合の高まっている時間帯に、根掛かりやラインブレイクで時間を無駄にするのは勿体ない。数投目にして、すぐに魚からの反応があり、僅かコンマ何秒の世界でためてからフッキングを入れると、ソリッドティップがスッと入り、そして魚の躍動感でロッドが震える。小型ながらカサゴだ。


02-P5280096.jpg
 突如、近くの釣り師のリールから、ドラグ音が鳴り響く。暗闇の中、”太刀魚やぁ~”とういう言葉とともに、明滅する光の筋に照らされて、銀色の刀が暴れているのが見える。何だと、太刀魚の時合か。素早く車に戻り、太刀魚用のタックルを持ち出して、この時合を逃してなるものかと一心にジグを投入する。その後も近くで何本かの太刀魚があがり、こちらの気持ちも相当に昂りを見せるが、こちらの殺気が伝わり過ぎるのか、残念ながら太刀魚からの反応は無い。何故だ。場所か、レンジか、速度か、ベイトか、もしや腕か。時合は20分そこいらで終わってしまい、止む無く、カサゴ狙いに戻る。場所を移動しながら、軽くジグを投じていくと、数投に1回の頻度で何らかの反応がある。

 ここ最近、使用するようになった簡易の自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)。今まで通りのタイミングでフッキングすると、針の掛かりが深くて、針を外す際に魚に傷をつけてしまいがちになる。出来る限り、口の淵に針を掛けたいところ。フッキングのタイミングを、コンマ何秒の世界であるが、早める必要がある。


03-P5280097.jpg
 サイズは望めないものの、飽きない程度に反応があり、そしてロッドが曲がる。場所を移動しながら、短い距離にジグヘッドを投じたり、沖側の海藻を目がけてジグヘッドを投じたり、時にメバルの反応を探るが、太刀魚に恐れをなしたのかメバルのバイトは無い。カサゴが釣れる度に、左手でカウンターを探り、そしてボタンを押す。あと1匹、あと1匹と思いながらも、あと1投、あと1投とジグヘッドを投じて、気が付けば午後9時である。それなりに数が出た感があるので、これにて納竿とした。車に戻ってから、カウンターを確認すると、”20”にぴったりであった。今宵も更けていく。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月28(日)午後6時~午後9時
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:21度→18度、水温:17.8度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計20匹(カサゴ20匹)(全てリリース)
04-P5280098.jpg

■使用タックル
(1) サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワインド用
 ・Cultiva D-AX 15g
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
(2) 引き釣り用
 ・Fujiwara 太刀魚ジグヘッド10g
 ・キビナゴ
(3)ワームジグ・ヘッド
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト、煌クリアー
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20170528.png
スポンサーサイト

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山サーベリング釣行 ~1時間1本勝負~  |  和歌山中華そば探訪(61) ~薩摩ラーメン四天王 園部店~ »

コメント

こんにちは

やっぱりガッシーはかわいいですね
こう持ってドアップしたいところです。

鯉も何とか持とうと口に手を入れてみましたが・・・
暴れてひねられて
指が折れそうになりました

なので今週若干親指が晴れており
ベイトリールが使用不可の状態になっております
来週やいかに!

yutkun #- | URL | 2017/05/30 12:40 * edit *

yutkunさん、こんばんは。

巨鯉でバス持ちは危険ですねぇ。でもひとつお願いがあります。バスプロが優勝した時に、満面の笑みでランカーバスを5本まとめて持ち上げている写真を見かけるんですけど、是非、巨鯉でやってみて下さい。楽しみにしております(←指が多れそうになったと言ってるだろ~)。

>ベイトリールが使用不可の状態になっております
思わず、この表現に笑っちゃいましたが・・・笑ってはいけません。来週の巨鯉との戦いに向けて、お大事になさってください。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/05/30 22:20 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/448-8ebe2ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)