07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

和歌山サーベリング釣行 ~時合は僅か20分~ 


 今日は小潮1日目。時間帯は上げ潮である。風が強く、釣行するか思案しつつもハンドルを切り、アクセルを踏んで自然と釣り場へと向かっている。午後7時頃に到着。ベイトの大群を確認して、まずはアオリイカを狙うべく餌木4号を投じるが、PEラインが横風に煽られて、思い通りに操作することが出来ない。数投してアオリイカ狙いを諦めて、太刀魚狙いに変更する。数日前には、ずらりと緑色の電気浮きが整列していたが、今日は随分とその数が少ない。釣果が下向きなのかも知れない。風を気にしながら、ジグヘッドを投じていく。


01-P6010115.jpg
 リーダーの垂らしを長めに取って、遠心力を使って風に向かってジグを投じていく。ジグヘッドが着水後には、風でラインが煽られて無駄なラインが放出されないようにロッドティップを下げて応じるが、それでもラインは大きな弧を描いてしまう。結果、風にラインが引っ張られながらのスライド式テンションフォールとなってしまうが、止むを得ない。既に釣りを開始して30分が経過し、時刻は午後7時半。曇天と言うこともあり、明度が低く、いよいよ時合に入りそうな雰囲気である。上げ潮の際には潮の当たりが良く、尚且つ潮流に包まれることでベイトの群れが固まる場所があり、その奥側にジグヘッドを投じていく。十分に沈めてから、縦のシャクリでジグヘッドを跳ね上げて、その後は風に邪魔されないようにロッドティップを下げて、トゥイッチングの要領でジグを操作する。一定のレンジを引くイメージだ。ジグヘッドがベイトの群れに突入したか否かのところで、グンッと明確なバイト。更にトゥイッチングを入れようとすると、ガツンと強烈な反動でロッドが曲がる。ロッドを立てて、魚の動きに応じる。強めに締めたドラグが、ジャァァァーっと悲鳴のように唸る。海面には、ベイトがピチピチと跳ねていて、時折、海面が切り裂かれるような鋭い線が入る。太刀魚がボイルしている。やや強引に引き寄せて、そして最後は引き抜くと、F3程度の太刀魚。

 時合に入っている。群れは随分と奥に位置しているようで、風の強弱を見計らいながら、風が弱まった瞬間を狙ってジグヘッドを遠投していく。うまく太刀魚の群れにジグヘッドが命中したのか、スライド式テンションフォールの奏功か、ジグヘッドのフォーリング中に痛烈なバイト。ラインが張り詰めて、ドラグがジャァァァーっと鳴る。太刀魚独特の、グワングワンと力強い引きを満喫して、そして引き抜く。


02-P6010120.jpg
 完全に時合に突入している。太刀魚の群れは、岸から40mほどの位置についている。それが証拠に、手前に並ぶ緑色の電気浮きには何の反応も出ていない。横風に邪魔されつつも、ジグヘッドを目標に向かって投じていく。ジグヘッドを投じる位置を外さない限りは、確実に太刀魚のバイトを得ることが出来る。今まであまり芳しい釣果を得ることが出来なかった、”Aqua Wave”の”Spark85”が釣果を後押ししてくれている。このワームは、弾性に富んだ張りのある素材が使われていて、表面は柔らかいのに、ワームを曲げても元の状態に素早く復帰する力強さがある。また、太刀魚の歯が当たってもボロボロに切れない素材で、故に針持ちが良く、一発目の太刀魚のバイトを捉えることが出来ずとも、針がワームから外れにくく更なるバイトに備えることが出来る。動きを目視すると、ワームの尾の部分のキールが良い働きをしているようで、飛び跳ねるように見事なスライドを見せる。

 技術力云々では無く、ワームの性能と時合のお陰と言うしかないが、面白いように太刀魚が反応する。しかしながら、20分間で6本の太刀魚を捉えたところで突如反応が無くなってしまう。太刀魚の群れが移動したのか、時合が終わったのか。まだ数を伸ばすことが出来たのかも知れないが、珍しく十分な釣果を得ることが出来たので、午後8時をもって納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年6月1日(木)午後7時~午後8時
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温21度、水温18.7度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 6本(F3~F3.5)

■使用タックル
(1) サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
 ・Cultiva D-AX 12g
 ・Aqua Wave Spark85、SG Green/Blue F

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
03-20170601.png
スポンサーサイト

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山サーベリング釣行 ~強風に翻弄され、視点を変えると~  |  和歌山サーベリング釣行 ~1時間1本勝負~ »

コメント

こんにちは、釣行お疲れ様でした。

良いですねぇ太刀魚。

しかも大漁ですね~流石です♪

太刀魚は秋のイメージが強いんですけど最近は春でもショアで狙えるんですね。
私も機会あれば狙ってみます。


Y #- | URL | 2017/06/02 16:26 * edit *

Yさん、こんばんはっ。

時合は極端に短いんですけど、しっかりとベイトを追って接岸してますよっ。是非是非、試してみて下さい。でも、週末は、色々な魚を狙う釣り師がどっと押し寄せるので、ちょっと難しいですが・・・。

あっ・・・地元の餌釣りの人達は、太刀魚が入ってくるポイントを熟知しているので、週末に緑色の電気浮きの位置を確認しておけば、その後の釣行にとても参考になりますよっ。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/06/02 22:43 * edit *

donfanさん

ありゃ~ 陸からの太刀魚ゲーム、、、楽しそうだ!
陸太刀魚は、秋のイメージがありますが、ポイント馬?でも先週釣れていたらしいです。

こりゃ、アタシも狙ってみますかね。。。

それにしても、お見事です。。。

bottu #mQop/nM. | URL | 2017/06/03 06:48 * edit *

bottuさん、おはようございます。

そうなんです、太刀魚は秋のイメージがありますが、今の時期でも釣れちゃいます。しかも狙っている人が少ないので快適です。

そちらのポイント馬でも、太刀魚は回遊してきていると思います。私の遥か昔の記憶では、潮が右から左に流れるときに、その流れに乗って太刀魚が入ってきていたと思います(私は釣ることが出来ませんでしたが・・・)。日没から30分ほどが勝負になると思いますが、いっちょ仕留めてみて下さい!

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/06/03 09:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/450-0efb47bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)