07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

和歌山サーベリング釣行 ~強風に翻弄され、視点を変えると~ 

 今日の潮回りは小潮2日目で、夕刻から潮が上げ始める理想的なもの。しかしながら天気予報では風が強いと言っていて、風向きを確認するとモロに向かい風。行くか行くまいか悩むが、こんな日は、餌釣り師も少なく、狙いの場所に入ることが出来ると考えて、意を決して釣り場へと向かう。


01-P6020122.jpg
 午後7時前に釣り場に到着する。ここ最近、安定して釣果が確認されているアオリイカ。綺麗な魚拓ならぬイカ拓を至るところで確認することができる。キロを超える良型のようである。しかしながら、こうも強い向かい風では、餌木を投げてもヒラヒラ舞い戻ってきて釣りにならず、はなからアオリイカを諦めて、太刀魚を狙うこととする。


02-P6020124.jpg
 沖から吹き寄せる風で海面は波立ち、小さな波頭からは白く海水がちぎれて霧のように舞っている。明らかに苦戦が予想される。しかも、海面には風で押し寄せられた海藻が無数に浮遊していて、明るいうちならばそれらを避けることも出来るものの、暗くなれば目視が出来ず面倒なことになることが容易に想像出来る。

 午後7時、時合までは随分と早いが、肩慣らしがてらにジグヘッドを投げてみる。案の定、強風で飛距離は出ないし、PEラインは狼煙のようにヒラヒラと舞うし、ラインが撓んでジグヘッドをうまく操作出来ないし、まだ時合には30分ほど早いし。ロッドを置いて付近の様子を伺いがてら時間の経過を待つ。やはり釣行は無理であったのか。足元の海中を凝視すると、5㎝~10㎝ほどのベイトの大群が、至る所で巨大な塊を形成して、そして巨大な軟体動物のようにウネウネと動いている。海面が穏やかであれば、的確に遠くのベイトの位置を把握することが出来るのだが、残念ながらそれは出来ない。


03-P6020131.jpg
 午後7時半、釣りを開始する。風の強弱を見極めて、その隙間を狙ってはジグヘッドを投じていく。風の影響を出来るだけ受けないように、ロッドティップを下げてジグヘッドの沈下を待ち、トゥイッチングの要領でジグヘッドを左右にワインドさせる。バイトか・・・と思いきや、モタァ~と重量感。海藻の塊である。何度もバイトかと騙されては、海藻の塊と格闘する。諦めかけたとき、バイトらしき衝撃。ジグヘッドを回収して、ワームを確認すると大きな切れ目が入っている。太刀魚が居ることを確認する。粘り強く、ジグヘッドを投じていく。クンッ・・・グググ・・・。太刀魚のバイトだ。素早くフッキングを入れて、ロッドを大きく曲げて、ドラグがジリジリと唸り、躍動感もある。午後8時過ぎにようやくの1本目。

 あまりに風が強く、同じトレースラインを誘うことが出来なくなる。諦め半分で、普段は狙わない、やや追い風になる方向にジグヘッドを投じてみる。カツンッと突き上げるようなバイト。しかし乗らず。ワームを確認すると、ワームからトレブルフックが外れ、更にはワーム本体に太刀魚の鋭利な歯で切り付けられた傷が深く入っている。確実に居る。追い風に乗せてジグヘッドを遠投して、そして8秒を数えてから、ロッドを立てて、風を切りながらロッドをシャクリ、ジグヘッドを縦に跳ね上げる。何度かミスバイトを確認しているので、ゆったりとしたリズムで、バイトの間を作りながら誘う。ガツン・・・グググ・・・強烈なバイト。ロッドが大きく曲がり、張り詰めたラインが風でピュウピュウと泣いている。ドラグをジリジリと鳴らしたのは、F4の太刀魚である。狙いは分かった。連発とはいかずも、上手くポイントまでジグヘッドが届き、そして十分にジグヘッドを沈めて、最初のシャクリでジグヘッドを縦に跳ね上げることが出来れば、最初の数メートルで太刀魚のバイトがある。更に2本を追加したところで、時合が遠のいたのか、太刀魚の群れが移動したのか、反応が無くなってしまう。

 粘り強くロッドを振れば、更なる反応があるかも知れないが、強風の中での釣りは、ことのほか心身ともに疲労が蓄積する。取り合えず、釣果を得ることが出来たので、午後8時半に納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年6月2日(金)午後7時~午後8時30分
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温19度、水温18.6度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 4本(F3~F4)

■使用タックル
(1) サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
 ・Cultiva D-AX 12g
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
04-P6030133.jpg

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20170602.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山サーベリング釣行 ~手前の表層に気が付かず~  |  和歌山サーベリング釣行 ~時合は僅か20分~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/451-fd1d66e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)