09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山サーベリング釣行 ~手前の表層に気が付かず~ 

01-P6030142.jpg
 熱い珈琲を煎れる。このパンを齧りながら濃厚なカフェオレを啜ると昼下がりが至福の時間となる。サクッとした硬めのパンに甘さ控えめの餡子とバターが挟まれている。甘味と塩味のバランスが最高である。ズシリと重量感がある食パンは、焼きたての時には、マーガリンやバターを塗らずに、そのまま齧るに限る。小麦の香りが漂い、美味しさをより実感することが出来る。

ドン・キホーテ
 住所:和歌山県和歌山市和歌浦東3-1-22
 電話:073-447-1210
 営業:8:00~20:00
 休み:日曜日


02-P6030145.jpg
 今日は小潮最終日。日暮れの良い時間帯に干潮で潮が止まってしまう。餌釣りなら暗くなって、干潮からの上げの時間帯でも十分に勝負ができるだろうが、ワインドでは効率が悪すぎる。さりとて週末に釣行しないのは非常に惜しい等と思いながら、結局のところ釣り場へと向かう。海上には多くの漁師が小型船を出している。太刀魚狙いであろう。漁師の方々の行動はお見事に尽きる。完全に時合を熟知されていて、その時間帯の少し前に数十隻の小型船が大挙して海に出たかと思うと、場合によっては30分ほどで釣りを終えて、ものの見事に全ての小型船が帰港する。それ以上粘っても時間の無駄ということだろうか。漁師の方々の動きは、陸から釣りをする私にとっても非常に参考になるのだが、こちらは時合が終わっても名残惜しそうにロッドを振ってしまう。仕事と趣味、その違いである。


03-P6030147.jpg
 午後7時、釣りを開始する。まだ時合には早いが、肩慣らしがてらにジグヘッドを投じていく。天気予報では、微風とのことであったが、遠慮なく向かい風が吹き付けている。ジグヘッドを12gから14gに少しだけ重くして、そして風に向かってジグヘッドを投じていく。まだ明るい時間帯なので、底付近から探っていくが、バイトは無く時間が過ぎる。隣のアングラーと談笑しながら時合の到来を待つ。ジグヘッドを遠投して、10秒ほど沈めてから、縦のシャクリでジグヘッドを跳ね上げていく。半分ほどラインを巻き取ったところで、ガツン・・・っとバイト。何度かバイトを取り逃し、ようやくにしてフッキングに成功する。隣のアングラーは、快調にロッドを曲げている。負けじとジグヘッドを投じては、2秒に1回ほどのゆったりとしたリズムで、太刀魚を誘う。なかなかバイトを捉えることが出来ず、午後8時前に2本目を追加するも、その後はバイトを捉えることが出来ず苦戦しているうちに呆気なく時合が終わる。私より多くの本数を上げたアングラーに話を伺うと、かなり手前の表層で太刀魚が反応していたとのことで、明らかに私が狙っていた場所とレンジがズレていたことが判明する。


04-P6030149.jpg
 午後8時の干潮で小休止を入れる。大阪から遠征してきたというアオリイカ狙いのアングラーと情報交換をしつつ、潮が動くのを待つ。午後8時半頃から再度ロッドを振り始める。鯵や鰯の稚魚だろうか、海面をヘッドライトで照らすと、体高が高い魚、細長い魚が、群れを成して無数に泳いでいる。ふと、隣でドラグが鳴る。何事かと近寄ると、照らされた海面には、巨大な煙幕が見える。程なくしてあがってきたのは、優に1.5㎏を超えるアオリイカ。状況は悪くない。場所を変えながらジグヘッドを投じていく。縦の動きを重視して、ジグヘッドをカルティバのD-AX 12gに、そしてワームはエコギアのPower Dart Minnowを刺す。怪しげなバイトが1回だけあるも、やはり完全に陽が落ちてからの太刀魚は難しい。誘うレンジを変えながら、場所を移動しながら探っていく。ようやくにして、ガシッと痛烈なバイトを捉える。ドラグがジリジリと鳴る。引き抜くと、指4本あるか無いかのサイズ。再現性を確認すべく、場所を移動しながら、ジグヘッドを投じていくが続くバイトは無い。単なる偶然の、出会いがしらの釣果であることが分かる。午後9時半、この時間帯に連発することが出来なければ、状況は芳しくないと判断して納竿とした。今日は、夕方の時合の時間帯に、狙う場所とレンジを間違わなければ、もう少し数を伸ばせただけに、過去の釣果に固執せず、柔軟な対応が必要であることを痛感した貴重な釣行となった。日々、勉強である。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年6月3日(土)午後7時~午後9時30分
 潮回り:小潮、干潮を挟んで前後
 天気:晴れ、気温19度、水温18.8度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 3本(F3~F4)

■使用タックル
(1) サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ジグヘッド
 ・Cultiva D-AX 12g
 ・JACKALL Booster Head 14g
(2) ワーム
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
 ・Aqua Wave Spark85、SG Green/Blue F
05-P6040157.jpg

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20170603.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山サーベリング釣行 ~見事な尻下がり~  |  和歌山サーベリング釣行 ~強風に翻弄され、視点を変えると~ »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/06/05 11:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/452-1e0e3085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)