09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山サーベリング釣行 ~気まぐれ太刀魚~ 

 本日の潮回りは、若潮後の中潮1日目。潮位差が大きくなり、徐々に状況が良くなりそうな予感。風も穏やかとの予報で、ここ最近の太刀魚調査の精度を高めるべく、仕事を終えてから現場へと向かう。相変わらず帰路に就く車の列に挟まりながらジワジワと進む。午後7時半頃までに到着すれば、何とか時合には間に合うので、焦りながらも列に埋もれながら亀の如くに進む。

 午後7時半、餌釣り師に挟まりながら、釣りを開始する。既に時合に突入していそうなものの、餌釣り師の電気浮きは微動だにせず。ジグヘッドを遠投して、まずは底付近までしっかりと沈めてから、底から中層を中心にゆったりとしたワインドで誘いをかける。電気浮きと電気浮きの間で、ジグヘッドを投じる角度を可能な限り変えて、底付近から中層にかけて細かくレンジを刻んで誘うが、まだ太刀魚の群れが入ってきていないのか、明確な反応は無い。場所によって、ベイトの群れ方にバラつきがある。徐々に誘うレンジを上げる。遠投後、10回ほどシャクッたところで、コツッとやる気の無いバイトがあり、更なるバイトを誘うもこれっきり。予想とは裏腹に状況は厳しそうである。


01-P6060190.jpg
 午後8時、太刀魚の群れが入っていれば、いよいよ時合に突入となるが、周囲の電気浮きが1つ沈んだだけで、これといった新たな進展は無い。ジグヘッドを投じてから、どのレンジを誘えば良いのか分からず、既に迷走しつつあるが、困ったときの”7秒カウントダウン”で、中層付近までジグヘッドを沈めた後にゆったりとジグヘッドを操作する。釣れない時のダメなパターンとしては、ついついロッドの操作が早くなりレンジが上がり過ぎ、更には捕食のタイミングを作れないことにある。ここは焦らずにワインドの幅を抑えながら丁寧に誘っていく。20回ほどリールのハンドルを回したところで、カツンッと控えめなバイト。運良くフッキングに成功し、ロッドが曲がる。程なくして刀が舞う。坊主を覚悟し始めていただけに、嬉しい1本。リアフックが辛うじて太刀魚の顎を捉えていた。


02-P6060192.jpg
 1本目を釣ることに成功して、再現性を確認すべく、同じようにジグヘッドを操作するが、そもそも太刀魚の数が少ないのか、もしくは群れが素早く移動したのか、反応は無い。再現性が無ければ、再び迷走状態となるが、根気強く、横方向と縦方向の立体的なエリアを想像して、ジグヘッドで刻んでいく。小さなバイトが2度あるも、やはり乗せることが出来ない。それほど多くは無いにしても、太刀魚が回遊してきているのは間違いないようである。活性が低いのか。ワインドさせる幅を更に小さくして、尚且つ、上下動を抑えながら、中層から上層付近を意識して、一定のリズムを保ちながら丁寧にロッドを操作する。先日は、思いもよらず手前での反応が多かったことも踏まえて、最後の最後まで丁寧にロッドを操作する。今日は、漁師の小型船が視界に入らない。つまりはそういうことか。ジグヘッドを投じてから、腕に疲労感を覚えつつ30回ほどシャクッたところで、コンッとバイト。咄嗟にロッドを引き付けると、グググ・・・っと躍動感の後にロッドが入る。ドラグがジィーっと鳴る。本日、2本目の太刀魚。

 1時間余り、ロッドを振り続けるものの状況は好転せず。これ以上の釣果を望むことは難しいと判断して、午後9時前には納竿とした。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年6月6日(火)午後7時30分~午後8時40分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:晴れ、気温21度、水温18.3度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 2本(F3)

■使用タックル
(1) サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ジグヘッド
 ・Cultiva D-AX 12g、15g
(2) ワーム
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
 ・Aqua Wave Spark85、SG Green/Blue F

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
03-20170606.png
スポンサーサイト

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~久しぶりに神明間某所を攻めるも~  |  和歌山中華そば探訪(62) ~中華飯店 香来~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/455-fe84371e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)