09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

神戸・明石間メバリング釣行 ~久しぶりに神明間某所を攻めるも~ 

01-P6090194.jpg
 まずは神座のラーメンを啜り、週末の滑り出しを確認する。通常より叉焼等が多めなのは、隣の丼から移入されたからである。透明感のあるスープを蓮華で掬い心静かに啜ると、見た目とは裏腹に野菜の旨味が染み出た力強い味に感心する。スープの出汁を取るのに野菜を使うのは大賛成であるし、白菜が麺を覆い尽くすほどに乗っていると、スープの塩味が強めで結果が変わらないとしても罪悪感を大幅に抑えてくれるので有難い。ラーメンを完食した後に、何故か数年ぶりにクレープを頬張って、緩やかに昼下がりへと突入する。

 今日は、久しぶりに釣友M氏との釣行である。過去には、6月中旬の中潮周りで、良型のメバルを連発したことがあり、その再来を期待しての釣行であるが、和歌山市に単身赴任をしていると、神戸に戻るタイミングと神明間の理想的な潮周りを合わせることは非常に難しく、結果、今日の潮回りも理想的では無い。釣果も気になるが、どちらかと言えば久しぶりにM氏との世間話も楽しみをしたいというのが本音のところ。


02-P6090208.jpg
 午後8時に現地で待ち合わせをして、会話を中心に釣りを開始する。月光が海面を煌々と照らしている。潮が上げてきているが、今のところ明確な潮目は見えない。まずはジグヘッドリグで、手間の駆け上がり付近を確認するが反応なし。フロートリグに切り替えて、リグを潮上に投じてから潮に流しながら探っていく。何らかのメバルの反応がありそうなものの、反応は無く、ジグヘッドの重さを変えたり、ワームを変えたり、リグを投じる方向を変えたり、会話をしたり。潮上に投じたリグを流しながら、ストップ&ゴーで誘うとクククッ・・・っとメバルのバイトを感知するも乗せることが出来ず。既にM氏は2匹のメバルを掛けている。共通の知人の話、仕事の話、釣りの話。微風に乗せてリグを遠投して、右から左へ流れる潮に乗せながらジワジワと誘う。ツッ・・・っと僅かなバイト。追い食いがあるかと思いきや無い。念のため軽く効き合わせてみると、思いの他ラインが撓んでいて、ラインを素早く巻き取るとぐぐ・・っと躍動感。小型ながら、ようやくにしてメバルの捕獲に成功する。その後も特段のドラマティックな展開は無く、一方で会話は弾んで、午後10時半頃に納竿とした。


03-P6100211.jpg
 M氏と分かれて場所を神戸港に移す。既に日付が変わっているが久しぶりに神戸港の様子を確認しておくことに。複数の先行者が見える。タックルや仕草から同じような釣りをしていることが分かり、後追いになると状況は悪くなる。素早く見切りを付けて、少し歩いた場所に変える。奥まっているものの、本流の潮が当たり新鮮な海水が供給される場所。ジグヘッドを軽く投じながら魚の様子を確認する。一つの場所に固執せず、次々にジグヘッドを投じて、活性の高い個体を探っていく。数投目、照明が海面に落ちて明暗部が形成されていて、この暗の部分にジグヘッドを投じて、軽くラインテンションを掛けながらカーブフォールの後に、ロッドを立ててゆっくりとリーリングを開始すると、クンッ・・・っと明確なバイト。鋭くフッキングを入れると、ソリッドティップが綺麗に入る。躍動感あるメバルを捕獲。更なる釣果を期待するも反応は無い。場所を変えながら、メバルが好みそうな場所を中心にジグヘッドを投じていく。小型のメバルを1匹追加するも、なかなか連続の状況では無く、更には疲労感が増してきたこともあり、30分ほどで納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年6月9日(金)午後8時~午後10時30分、0時~0時30分
 潮回り:大潮、上げ
 天気:雨、気温:21度、水温:21.5度
 ポイント:神明間某漁港、神戸港
 釣果:計3匹(メバル3匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g、1.0g、0.6g、0.3g
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)
(3) フロート
・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20170609.png
スポンサーサイト

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~パターンが分からない~  |  和歌山サーベリング釣行 ~気まぐれ太刀魚~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/456-31578aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)