09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

神戸・明石間メバリング釣行 ~パターンが分からない~ 

01-P6100004.jpg
 ここ最近、”横浜家系”を名乗るラーメン店をそこかしこで見かけるが、本場家系の味には遠く及ばない店が殆どで、最早、この看板が掲げられていると必ず避けてしまうぐらいの敬遠ぶりであるが、神戸三宮の繁華街から少し東に外れたところに家系が開店したとのことで、ダメ元で訪ねてみた。スープを啜ってみて驚いた。濃厚でありながら優しくクリーミーで、野性味控えめの豚骨の香りがしっかりと漂い、程良い塩分で美味い。ストレートの細麺がしっかりとスープを絡ませ、ツルツルと滑り込めば弾力のある噛み応えで、粘り気は少なくモチモチ感は無いものの、美味い具合にスープと混ざり合う。少し甘みが勝る辛子高菜を加えると、別の味を楽しむことが出来る。叉焼は、塩分少な目で野性味が随分と排除されていて、ガツンと豚肉を味わいたい人には物足りないものの、濃厚なスープを絡ませると美味さが増して良い。定番のほうれん草が喉を癒してくれる。


02-P6100009.jpg
 突然、話は釣り方面へと舵を切る。潮汐を確認すると、大潮2日目で満潮が午後8時過ぎ。昨夜のメバリング釣行で、散々苦しんだこともあり、同じような釣りが通用しないことは重々承知しているが、性懲りも無く、再び神戸港でロッドを振る。ここ最近は、バチパターンが成立していることもあり、神戸港の至る場所で大きなランディングネットを背負ったシーバスアングラーを目にする。釣りを開始しようとすると、数カ月前から頻繁に現場で見かけ、その都度情報交換をしているアングラーに出会う。このアングラーの情報によれば、数日前はバチパターンが完全に成立し、シーバスや良型のメバルの反応が良かったとのこと。なるほど。いつも同じ釣りばかりをしていると、新たな発見もあれば、重要な局面で絶好の機会を失うこともある。奥が深い。
 午後9時過ぎから釣りを開始する。先行者があるため、潮の流れが良いポイントに入ることが出来ず、徒歩で大きく場所を変える。1gのジグヘッドで開始するが、横風が強く、ラインコントロールが定まらず、狙いの位置にジグヘッドを投じることが出来ず悶絶する。止む無く、誘うレンジが下がってしまうが、ジグヘッドを1.5gに変えて釣り歩く。風で海面が波立つ明暗にジグヘッドを投じて、ラインテンションを掛けながら、所謂テンションフォールで誘ってから、リールのハンドルをゆっくりと回すと、コツンッと突き上げるようなバイト。間髪入れずにフッキングを入れると、ティップが入りドラグがジリジリと鳴る。メバルだ。

 狙いが的中したかのような1匹目であったが、同じような方法で辛うじて小型の2匹目を追加した後は、全くの無反応。相当な距離を歩きながら移動して、その都度、手短にジグヘッドを投じていくが、怪しげなバイトが数回あっただけで、釣果には結びつかず。苦し紛れに、数を伸ばすためにカサゴ狙いに転じるものの、時合を逃しているのか、こちらも反応が無い。シーバスアングラーは、数こそ少ないものの、それなりの釣果があるとのこと。午後11時過ぎ、精根尽きて納竿とした。完全にパターンを見失っている。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年6月10日(金)午後9時15分~午後11時30分
 潮回り:大潮、下げ
 天気:晴れ、気温:21度、水温:21.4度
 ポイント:神戸港
 釣果:計2匹(メバル2匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g、1.0g、0.6g、0.3g
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
03-20170610.png
スポンサーサイト

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(63) ~麺dinning 月乃家~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~久しぶりに神明間某所を攻めるも~ »

コメント

こんにちは

そうですか~
なかなか良い家系はないのですね
こちらも家が付けばみたいな店はありますが
まだ本家を踏襲するものが多いので救われています。

最近自分は煮干し系を物色していますが
妙に魚が際立っていたり・・・ほとんど感じなかったり
なかなか難しいですが
この度 玉ねぎでまとめる店を発見し そそくさと通っています

鶏白湯と煮干しという取り合わせの店も近くにあるので
そこも物色中です(そこは塩の方が格段にうまいです)

yutkun #- | URL | 2017/06/13 18:20 * edit *

yutkunさん、おはようございます。

ホント、なかなか美味い店を発見するのは難しいですねぇ~。でも地元の方々の話を伺うと、世間巷で人気のあるお店はイマイチ評判が良くなく(わざわざ並んでまで食べる店ではない・・・など)、むしろタベログなどで評価がそれほど高くない店でも地元人には人気の店があります。普段から中華そばを食べなれている人達なので、安くて美味くてすぐに食べることが出来る・・・っと言うのが重要のようです。

私が和歌山に着任した1年前に、前任から”お勧め”のお店に連れていってもらったんですが、その時は、いまいち美味さが分からなかったんですけど、何度も食べるうちに、その美味さや店の良さに気が付きました。

鶏白湯、こちらでは当たり外れが顕著ですが、美味い店のものは最高ですねっ。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/06/14 07:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/457-af72b557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)