07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

神戸・明石間メバリング釣行 ~鈍色曇天ジメジメ釣行~ 

 梅雨らしい天気と盛夏のような天気が交錯して、季節感を見失う今日この頃。雨が降り、濁りが入ったタイミングを見計らって、幾度となくチニング釣行を繰り返すも、結果はうなだれて撃沈するばかり。何度もバイトがあるのに乗らなかったり、苦労の末にロッドを曲げてもフッキングが甘くて痛恨のバラシに見舞われたり。昨年の今頃の釣果を確認すると、かなり苦戦しているものの、それなりの釣果もあった。自然を相手にしていると思い通りにならないことの方が多い。

 週末になれば用事があり和歌山で悶々と過ごすが、ようやくのことで落ち着いたこともあり、久しぶりに神戸に戻る。六甲山には鈍色の分厚い雲と言うよりか、巨大な壁のような雲が覆い被さり、頭上を全て覆い尽くし、雨粒を落とす準備は万端のようで、ジトリと粘り気のある空気に包まれている。天気予報を確認すると、深夜の時間帯に傘のマークが綺麗に並んでいる。潮が動き始めるタイミングを見計らい、神戸港へと車を走らせる。雨が本降りになると撤収せざるを得ないが、傘マークまでは2時間ほどある。午後8時過ぎ、釣りを開始する。釣り人の姿がちらほら見える。


01-P6300040.jpg
 ここ最近の荒天のせいか、海面には漂着ゴミが至る所に浮いている。ゴミを避けながらジグヘッドを投じていく。ここ最近の傾向を完全に見失っていることもあり、中層から底まで幅広く探りを入れる。護岸沿いにジグヘッドを投じて、ラインテンションを保ちつつ、カーブフォールで落とし込んでから、ロッドを立ててジワリとリーリングを開始するとメバルらしきバイトを感知する。再度、ジグヘッドを投じて、今度はラインテンションを保たずに、ストンっと真下に落とす。ジグヘッドが底を捉える直前のタイミングで、ラインを回収して僅かにラインテンションを掛けると、クンッとバイトのような違和感。即座にロッドを立ててティップに負荷を掛けると、グググっと躍動感。ラインの動きを見て、即座にメバルであることを確信する。小さいながらも、開始早々にメバルを見ることが出来たことで気持ちが高揚する。続けざまにカサゴを追加して、期待は高まる。


02-P6300042.jpg
 海面がピチピチと賑わっていて個所を発見して、幾度となくジグヘッドを投じるが、ツッと微細なバイトはあるものの、これをフッキングに持ち込むだけの技術が無い。これに固執しないようにして、場所を移動しながら、ジグヘッドを投じていく。ジグヘッドを護岸沿いに投じて、真下にストンと落としてから、ラインテンションを掛けつつジワジワと中層まで上げてくると、ツッ・・・っと微細なバイトの後に、クンッと明確なバイト。ロッドティップが自動的に魚の顎を捉える。ラインの躍動感がメバルであることを教えてくれる。メバルが中層に浮いていると判断して、ジグヘッドを軽くして表層から中層付近を重点的に狙ってみるが、時を同じくして風が強くなり、ラインコントロールが思うようにならないことも重なって、なかなか後が続かない。相変わらず、小型のメバルと思しき怪しげな、ジワッともたれる様なバイトがあるも上手く乗せることが出来ない。この瞬間にラインテンションを抜いて、バイトの間を与えてみても乗せることが出来ない。メバルが居着いている潮当たりの良い場所に移動して、数を一気に伸ばしてやろうと意気込むもラインブレイク数回の後に撃沈。傾向が掴めないままに時間はズルズルと過ぎる。今のところ、雨粒は落ちずに、何とか鼠色の状態で空に留まっていてくれる。


03-P6300047.jpg
 過去にメバルを何度も掛けているポイント。護岸沿いにジグヘッドを慎重に投じて、表層、中層、底層と順番に探るが反応が無い。この場所で魚が釣れないということに疑問を感じて、別の場所を回ってから、再度、しつこく攻めることに。ジグヘッドを投じてから、中層をジワジワと一定の速度で進めると、ジグヘッドがジワリと重くなるような違和感の後に、カンッと明確なバイト。カサゴのようなバイトであるが、カサゴが喰ってくるようなレンジではない。魚の躍動感はメバルのそれとは異なっている。頭に疑問符を並べながら、ラインテンションを保ちつつ丁寧に寄せる。姿を現したのは、この場所では珍しいクロソイ。貫禄がある。

 その後、歩き回りながらジグヘッドを投じるも、明確なバイトは無く、明らかに潮の動きが緩慢となり、敢え無く納竿とした。久しぶりの神戸港も、そうそう甘くは無かった。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年6月30日(金)午後8時15分~午後10時
 潮回り:小潮、上げ
 天気:曇り、気温:26度、水温:23度
 ポイント:神戸港
 釣果:計4匹(メバル2匹、クロソイ1匹、カサゴ1匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW(Pearl White)
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g、1.0g
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20170630.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神明間チニング釣行 ~神戸港で初のチヌ狙い~  |  和歌山紀北チニング釣行 ~バイト多数、そして貧釣~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/461-41229a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)