FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

和歌山エギング釣行 ~シーズン開幕~ 

 仕事を早々に切り上げて下津方面某漁港へ。昨年であれば、8月に入ればアオリイカが好反応を示していたが、今年は台風襲来による海水の濁りの影響があるのか、まだ良い状況ではないあ。釣行の際に幾度となく餌木を投じては、アオリイカの反応を確認するも、餌木に興味を持ってユラユラと漂ってくるのは、餌木とさほど大きさが変わらない小さな個体のみ。紺碧の深場から、季節外れの親イカが何処からともなく姿を現して、餌木にスッと忍び寄り、そして攻撃色に転じた瞬間に餌木を襲う光景を想像するも、いつも妄想だけで期待外れに終わってしまう。アオリイカを空振りすることも想定して、今回は太刀魚用のタックルも携えて、ポイントに入る。


01-P8150238.jpg
 今日は小潮最終日。海を覗き込むと、護岸の基礎部分の被覆石をはっきりと確認することが出来る。抜群の透明度である。干潮の潮止まりから、徐々に潮があげていて、至る所で潮の流れを確認することが出来る。特に潮の流れが効くポイントに入り、消波ブロック沿いに餌木を投じる。ラインをメンディングして、餌木とロッドティップを一直線で結ぶようにラインを海面に置いて、そしてしっかりと20秒を数えてからシャクリを入れる。紺碧の海にオレンジ色の餌木が左右に跳ね上がり、そしてユラユラと沈んでいくのが見える。手前まで餌木を寄せると、数杯のアオリイカの姿を確認する。縦のシャクリでしっかりと跳ね上げて、ラインテンションで餌木が引っ張られないようにラインを送り、餌木が頭をやや下げる姿勢を維持するようにしながら沈めると、攻撃色に変わった数杯のアオリイカが、我先に餌木に攻撃を仕掛けてくる。黒煙が広がると同時に、ロッドがアオリイカを捉える。今年初のアオリイカを捉えることに成功する。


02-P8150242.jpg
 港外側の潮の流れが良く、更には駆け上がりが隣接している方向に、追い風に乗せて餌木を投じる。低く差し込む太陽の陽射しが、海面をギラギラと輝かせて、偏光グラスをもってしても餌木の動きを十分に確認することは出来ない。イマジネーションの世界。20秒をかけて餌木をしっかりと沈めて、縦のシャクリで一気に跳ね上げる。そして再度じっくりと10秒ほどかけて餌木を沈めてはシャクる。ロッドティップから垂れ下がるPEラインがスッと伸びる。手首を返してフッキングを入れると、柔らかいソリッドティップが大きく曲がり、そしてジェット噴射で抵抗するアオリイカの動きがロッドに伝わる。海面から、ブシュッ、ブシュッと墨が吹きあがっている。丁寧に寄せる。


03-P8150244.jpg
 餌木を投じる度にバイトがあるか、もしくは手前まで寄せると餌木の背後に複数のアオリイカを確認出来るなど、何らかの反応がある。体色を乳白色から褐色に変化させて、いまにも攻撃に移ろうとする個体も確認できる。時合に入っている。港内側の消波ブロック沿い、港外側の消波ブロック沿い、または砂利浜に面する駆け上がり、餌木を投じる方向をその都度変えて、ポイントを休ませながらアオリイカを誘う。ラインが明確に吸い込まれるバイトや、アオリイカの触腕が触れるだけの餌木がスッと僅かにスライドするような微妙なバイトや、シャクリ始めのタイミングと同時のバイトもある。ロッドを返すタイミングが合えば、それを捉えることが出来るし、コンマ何秒のレベルで遅れると、そこに黒煙が盛大に広がる。もしくはアオリイカのバイトに気が付かないこともある。次々にアオリイカが反応する。その度に海中に煙幕が広がる。


04-P8150246.jpg
 場所を変えてアオリイカの様子を伺う。地元の元漁師のオヤジさんと会話をしながらロッドをシャクる。会話に集中しすぎると、餌木を沈める秒数や、シャクリの動きが雑になり、また最後の誘いが疎かになり結果に繋がらない。昔は、本当に魚が良く獲れたけど、最近は目の細かい網で根こそぎ小さな魚を獲ってしまうからアカンのやとオヤジさんが嘆いている。昔は良く儲かったけど、今は漁に出ても油代にもならんとのこと。アオリイカが散らばっているのか、先ほどとは異なり次々にバイトがあるような状態では無いが、しっかりと餌木を沈めて、そしてしっかりと誘えば、深場からワラワラとアオリイカが出てきて、上手くいけばバイトへと繋げることが出来る。数杯を仕留めてから場所を移動する。


05-P8150250.jpg
 陽が落ちて、ようやく涼しい風が吹いている。砂利浜に移動して、捕食のために浅場に差してきている個体を狙う。微風に乗せて餌木を投じて、10秒ほど沈めてから、縦のシャクリで誘い、そして再度沈めてから縦のシャクリで誘い、浅場に差し掛かれば餌木が海面から飛び出ないように横のシャクリに変える。海面の波頭の大小で、その場所の水深を想像して、極力、水深がある駆け上がり付近を重点的に誘う。餌木の動きを確認することが出来ないので、餌木の動きを想像しながら、アオリイカの行動を推測しながらロッドを操作する。活性が高い個体であれば、深場で即座に反応を示してくれるので勝負が早いが、浅場まで餌木を追ってくる個体もいるので、最後まで気を抜かずに誘い続ける。扇状に餌木を投じて、広範囲を手短に誘って、活性の高い個体を2杯追加する。

 まだ潮は上げていて、粘り続ければ更なる釣果を期待出来るが、明日も釣行を控えているため、程々にして帰途に就く。今年のアオリイカはどうなるのかとヤキモキしたが、何とか結果に繋がり一安心である。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年8月16日(火)午後5時30分~午後7時30分
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温29度、水温26.2度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:アオリイカ 18杯(小型はリリース)
06-P8150251.jpg

■使用タックル
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)餌木
 ・YO-ZURI、アオリーQ大分型布巻 2.0号(6.0g)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170815.png
スポンサーサイト



テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山エギング釣行 ~遊び惚けるプラン~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~狙い不的中~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/470-4cf469e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)