FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

夜間釣行用のライトの更新(冨士灯器ZEXUS ZX-S250とZX-350) 

01_mg_6859.jpg
 長らく使用していたヘッドライトの調子が悪くなり、この際、首から掛ける用と頭に乗っける用の2つをまとめて入れ替えることに。5年間ほど使用したZEXUSシリーズの使い勝手や性能を踏まえて、他社の製品も比較検討の選択肢に入れながら悩んだ結果、最終的に今までと同じく冨士灯器のZEXUSシリーズに落ち着いた。お値段は2つで1万円近くとヘッドライトにしては高めではあるが、小型のライトについては特に500回以上の釣行で活躍したことを考えれば、安い買い物だ・・・と自分に言い聞かせることにした。


02_mg_6879.jpg
 こちらは新旧のライト。左側が新しく導入したZX-S250で、右側がZX-250。本体の形状は全く同じだが、微妙に型番が変わっていて値段も高くなっている。よくよく仕様を確認して、その理由を理解した。型番に「S」がつくと、元のモデルを改良して、結果、ワンランク上位の機種に位置づけられるらしい。


03_mg_6911.jpg
 旧型と比較して、改良型は照度が10%向上しているとのこと。更には聞きなれぬ”ディミングメモリー”の文字。調べてみると、メインランプ及びサブランプともに任意の照度に設定できる機能で、繰り返しのオン・オフでもその照度が維持されるとのこと。これは便利だ。

ZEXUS ZX-S250の仕様
 明るさ:約100ルーメン
 使用光源:SUPER LED 白色×1、高輝度Φ5mm LED 電球色×2
 使用電池:単3形アルカリ電池×1
 点灯時間:メインLED:約6.5時間~約30時間(100%~10%)
 本体サイズ:約幅60×高さ25×奥行40mm
 視認距離:約70m(100%時)
 質量:約27g(電池別)
 防水性能:IPX5相当


04_mg_6881.jpg
 右側の旧モデルには、気づかぬうちに豪快な亀裂が入っていた。


05_mg_6883.jpg
 今回の改良型で特にありがたいのは、ベルトの形状が変更されたこと。装着がしやすく、尚且つベルトの長さが緩みにくい仕様になっっている。ただ単に旧型のベルトが劣化しているだけなのかも知れないが、改良型の方がベルトの厚さが厚くなっているようにも思う。


06_mg_6885.jpg
 頭に装着する際に使用する縦のベルトと、何と旧型と同じベルトも同梱されているでは無いか。使わないけど。


07_mg_6893.jpg
 本体の質感も変わっている。改良型は、ゴムのようなマットな素材で覆われている。高級感が増しているが、使っているうちに劣化してネバネバしてしまうようであれば、これは余計だ。


08_mg_6891.jpg
 メインライトを比較してみると、左側の改良型の方が少し青みが抑えられている。


09_mg_6887.jpg
 サブライトも比較してみると、改良型の方が少し暖色になっている。手元で作業をする際には、黄色味が強い方が見えやすいので、これは有り難い。


10_mg_6897.jpg
 そしてお次は、主にヘッドライトとして使用するZX-350。使用頻度はそれほど高く無いにも関わらず、今まで使用していたZX-310が、突如としてケーブルの接触の具合によるのかライトが点灯したりしなかったり。使用期間はZX-250 と同様に5年以上と長いこともあり、症状からしてケーブルや接続部分の部品が劣化したに違いない。冨士灯器に修理が出来ないか相談すると、素早く連絡を頂き”ZX-310は廃盤になっており交換することは難しく、修理についても部品が無い場合には対応できない”とのこと。更に続き”後継機種であるZX-350に有償交換なら応じることが出来る。その費用は4500円”とのこと。ならばと言うことで、後継機種であるZX-350を購入することに。ちなみに冨士灯器のHPでは、7000円で販売されていることを考えれば、非常に良心的な対応だ。


11_mg_6910.jpg
 こちらの機種にもディミングメモリーが搭載されている。防水性能も向上している。

ZEXUS ZX-350の仕様
 明るさ:約350ルーメン
 使用光源:SUPER LED 白色×1、高輝度Φ5mm LED 電球色×2+赤色×2
 使用電池:単3形アルカリ電池×3(ニッケル水素充電池対応)
 点灯時間:メインLED12時間〜50時間(100%〜10%)、サブLED約20時間
 本体サイズ:ヘッドライト約幅57×高さ52×奥行47mm
 電池ボックス:約幅80×高さ53×奥行35mm
 視認距離:約160m(100%時)
 質量:約165g(電池別)
 防水性能:IPX6相当


12_mg_6896.jpg
 旧型の機種は、背後の電池ケースに赤色LEDが装備されていて、連続点灯または点滅モードを選択することが出来たが、後継機種であるZX-350にはその機能が無くなっている。電池ケースの蓋を開ける際には、ヒンジ状のレバーを持ち上げるような構造に変わっている。印象として、プラスティックが少しでも劣化すれば、簡単に折れれしまいそうな危うさがある。


13_mg_6901.jpg
 350ルーメンの明るさがあるので、明るさについては全く文句無しであるが、旧型の機種には絞りのような機能が付いていて、ライトの照射範囲をピンポイントに絞ったり拡散させたり任意に変えることが出来たが、後継機種にはその機能は無い。真っ暗な山道を歩いたり、急な斜面を移動したりする際に、足元を強い光で照らすとホワイトアウト状態になり危険なので拡散モードにするなど、非常に重宝していた機能だけに、後継機種に装備されていないのは残念でならない。その代わりをディミングメモリーが担うのであろう。


14_mg_6903.jpg
 外された装備がある一方で、追加された装備もある。後継機種には電球色のサブライトが装備された。


15_mg_6906.jpg
 更に赤色のサブライトも追加されている。これは有り難い。


16_mg_6908.jpg
 新たに釣り道具に加わったZX-350とZX-S250。どんな景色を、どんな魚を照らしてくれるのか、楽しみでならない。
スポンサーサイト



テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸港ショアキャスティングゲーム ~モジャコ攻撃~  |  神戸港ショアキャスティングゲーム ~う~む、モジャコ~ »

コメント

こんにちは、donfanさん。

高級なライトを2つも新調ですかぁ~いいなぁ~
ナイトフィッシングが多いdonfanさんにとっては
外せないアイテムですよねっ

私は安価のLEDヘッドライト一本なんですが首掛けあれば便利そうですね。

おNEWのライトで色々な魚を照らすんでしょうねぇ~
楽しみにしておりま~す♪


Y #- | URL | 2019/07/21 12:31 * edit *

Yさん、こんばんはっ!

2個同時に購入したので、ちょっと高かったんですが、
最低でも3年×釣行回数100回=300回なので・・・
1釣行あたり約30円ちょい・・・っという計算をして
納得することにしました~っ!

他のメーカーでも良いものもあったんですけど、特に
小型のZX-250の使い勝手が良かったので、それが
決定打になりました。いつもこれを首からぶら下げて
います(こっちがメインです)。

最近まったくイイ魚を照らしてないんですけど・・・

donfan #mQop/nM. | URL | 2019/07/21 20:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/615-204ee14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)