05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

日本海丹後半島沖オフショアジギング ~ジギング大会 in 丹後~ 

01-20130518_07.jpg
 N氏からの電話。“フィッシングヒカリ主催の釣り大会が丹後半島であるけど申し込むか?”、“もちろんヨロシクお願いします”・・・との会話を交わして2か月、ようやくその日が到来。過去に何度か“釣り大会”と冠するものに参加したが、芦ノ湖の解禁釣り大会でも、山中湖のバス釣り大会でも、相模川のシーバスミーティングでも、入賞者を羨むだけで、いずれも参加賞で終わり。今回も自分の技量を考えると、入賞なんて期待は出来ないが、もしかしての一発大物大逆転もあるし、参加者が100人程度と少ないと言うこともあって、密かに入賞できるのではないかと、自分の技量や経験は忘却の彼方にして、気持ちは高揚するのである。


02-20130518_04.jpg
 いつものように前日に現地、網野町に入り、Y氏、N氏そして私の釣りバカトリオは、明日の準備に余念がない。ここ数日のジギング船の釣果は、鰤を筆頭に良い状況であるようで、時に鳥山、ナブラ、そしてトップで水面爆発の興奮堪らないヒットもあるようで、誰しも心が躍り、明日は俺様が・・・と鼻息荒い。更に事前の情報によると、ベイトがイカであるらしく、大型のイカであれば、アルミ素材のボリュームのあるジグで攻めることが出来るが、ホタルイカのような小さなイカの場合であれば、苦戦が強いられる。


03-20130519_10.jpg
 午前6時半に網野町の朝茂川漁港に到着すると、すでに大会に参加する人達が準備を始めている。今回の大会では、約100名が7隻のジギング船に分かれて勝負に挑む。乗船する船は、各自の希望をもとに事前に決められているのだが、各船での釣り座は、じゃんけんで決める。我々は、ミヨシの左側を陣取ることになった。


04-20130519_11.jpg
 各船で準備が進む。ちなみに我々は、ビクトリー2号艇に乗船。


05-20130519_20.jpg
 出船後、一眠りしようと船底に潜り込んで、横になってウトウトしていると、ものの15分も経たないうちに最初のポイントに到着。今大会では、ファーストヒット賞があるので、まずは各自これを目指してジグを操つることになる。水深は40~50m。ジグが着底すると、まずは準備運動がてらに軽めに操ってみる。潮が効いていないらしく、ジグの引き重りは無くスカスカ。大丈夫かこれは。


06-20130519_17.jpg
 網野町の沖合から、船は東に進路を取って、移動しては釣り、移動しては釣りを繰り返す。相変わらず潮が動いていないらしく、なかなか魚の活性が上がらない。昨年の秋頃から、この周辺でヒラマサが上がっているので、ヒラマサを意識してジグを動かすのだが、如何せん、今までにヒラマサを釣ったことがないので、何が正解なのか全く不明なままに、人から聞いた情報だけを信じて、ワンピッチ&ワンジャークを繰り返す。雨がサラサラと落ちてきた。

 午前10時に丹後半島沖の白石グリに入り、水深100mオーバーの深場に潜む、巨鰤を求めて、長いジグ、短いジグ、センターバランスのジグ、そうでないジグ、細いジグ、そうでなジグ、赤金、緑金、ならばイワシカラーか!とルアーローテーションを繰り返し、アクションを変えて、場所が変わり・・・何をやってもダメ。そういえばファーストヒット賞は、左側に陣取るアングラーのヒラマサで決まり。ならば大物を狙うしかない。

 他船でメジロが数本上がったと無線が入る。活性の高い魚は海底から表層まで浮き上がり、鳥山の下にナブラを作っている。トップウォータープラグを鳥山に送り込もうと奮闘するも、右舷側を中心にしたドテラ流しが多く、左舷側にチャンスは皆無。右舷側にアルバトロスの常連客が乗り込んでいるらしく、どうやら船長は彼らに便宜を図っている模様。すでに午後2時を過ぎても、船中は、ヒラマサ1本、鰤1本、メジロ1本、いずれも右舷の釣果。


07-20130519a.jpg
 午後3時前、網野町沖で魚群を求めて、移動しては流し、移動しては流しを繰り返し、いよいよ時間切れが迫ってきた。魚探を覗き込むと、フラットな海底に小さな山のようなものがあり、その後ろに魚群らしき反応。海底から10m程度に集中している。丁寧にかつ動きにバラつきが無いように、ワンピッチ&ワンジャークを繰り返す。ボトムから15回ほどしゃくったところで、繊細なバイトあり。いつもの青物の引きとは明らかに違う。青い海から姿を現したのは、何と鮃。外道とはいえ、予想だにしない高級魚に、更にストップフィッシングの直前の釣果に、喜びと言うよりかは、安堵感が勝る。結局、アルバトロス2号艇の釣果は、本命が3本、他魚が2匹の貧釣であった。無念。


08-20130519_28.jpg
 鋭い歯が見える。


09-20130519_38.jpg
 帰港後、各船で釣られた魚が計量される。鳥山を追いかけて、トップの釣りに徹したオーシャンズが成果を残したようだ。


10-20130519_35.jpg
 上位に食い込んだ鰤はこのサイズ。お見事。


11-20130519_30.jpg
 こちらは見事優勝に輝いたアングラー。おめでとうございます。

12-20130519_42.jpg

13-20130519_44.jpg

フィッシングヒカリHP(ジギング大会の結果)
http://esamitsu.sakura.ne.jp/blog/2013/05/519-in.html

14-GPS 21030519
 オリンパスTG-2のGPSを使用して、今回の釣行の動きを記録してみた。網野町沖から丹後半島に沿って白石グリに向かい、そして同じルートで戻ってきたことが分かる。


■釣行データ
 釣行日:平成24年5月19日(日)
 潮回り:長潮
 天気:晴れ
 時間:午前4時出船、午後3時半帰港
 ポイント:丹後半島白石グリ、網野町沖
 釣果:鮃51cm


■潮汐
15-20130519_2823_03.png

出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Shimano Ocea Jigger 584S
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Line: PE 3
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-62/4
 Reel: Shimano Stella 8000PG
 Line: PE 2
 Leader: 30lbs.
(3)キャスティング用
 Rod: G Craft FDS-882GJ-EXH
 Reel: Shimano Twinpower 8000PG
 Spool: Studio Ocean Marks TP8000F
 Line: PE 4
 Leader: 50lbs.


■使用船
アルバトロス
http://www.profisher-albatross.jp/

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« Engelsch(エゲレス:英吉利西) ~ベルギービールが旨い~  |  神戸市北区野池 バスフィッシング ~フローター復活、我が釣りの原点~ »

コメント

こんばんは!

まいど!いや~旨そうなヒラメやね。
本命じゃなくても釣れればOKやね、トーナメントととしてはあかんけど。
その前に、常連に便宜を図ってるようじゃ、その船ダメやね。
自分やったら文句言ってるわ(笑)

白ねこ #- | URL | 2013/05/30 01:04 * edit *

白ねこさん、こんばんは~!
東京に出張していました。

そうなんです。兄弟船2隻体制で、老舗のようでブランド化していて人気があるんですけど、船長(弟)の態度が悪くていつも嫌な気分になります。常連にはそれなりに愛想がイイようですが。殿様商売状態なんでしょうね~。自分も通い詰めて、常連になればそれなりにイイのかも知れませんが・・・・お金と時間が(汗)


まぁ、ほかにも選択肢があるので、あえて乗ろうとは思いませんが。日本海の鰤シーズンも終焉を迎え、今夏は高級魚”真鯛”を狙おうかと画策中です。

釣りされてますか~?

donfan #mQop/nM. | URL | 2013/05/30 21:41 * edit *

こんばんは!

出張おつかれ~。
たくさん人が乗ってる割には釣らしてないんで
通い詰めて常連になる価値なしですね。

25日の夜の爆風(12M)の中鳴門に行ってきましたよ。
21.20メバル1匹ずつ、20ガシラ×1、19~10が40匹それ以下忘れました。
それなりに癒されて帰ってきました。

白ねこ #- | URL | 2013/06/01 00:23 * edit *

白ねこさん、どうもです!

爆風の中、釣りですと!?
しかも圧倒的な釣果!相変わらずですね~。

私も時間を見つけて、淡路島釣行をしてみようと思います。まずは、明るい時間帯にポイント探しに出かけてから、夜釣りかな~~と。
場合によっては、(釣れるのかどうか知りませんが・・・)早朝のキス釣りなんてのもイイかなって思ってます。関東にいた頃は、初夏限定でキス釣りを楽しんでいました。

donfan #mQop/nM. | URL | 2013/06/01 09:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/63-acbe5db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)