09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

淡路島(だいたい)一周ドライブ釣行 ~初夏の砂浜、キス、天ぷら~ 

 午前3時50分、まだ暗い神戸を出発。国道2号線を西に向けて走る。湊川ICで阪神高速に乗り、第二神明を経由し、神戸淡路鳴門自動車道を南下する。夏至の夜明けは、夕刻に街中でライトが灯されるかの如く、垂水からの長いトンネルを抜けて、明石海峡が現れると、すっかり朝。明石海峡、淡路島を眼下に、快調に飛ばす。この段階で、本日の目的地を決めておらず、どのICで下りるか、悩みながら走る。一気に淡路島の南端まで下ってから、ポイントを探しながら北上するもよし、その逆もあり。

 そういえば、キス釣りは夜が明けて、陽が昇る前までが時合であるなと、今更ながら思い出し、マックのアイスコーヒー片手に、悠長にドライブを楽しみつつ南下している場合では無いと判断。淡路島の北西にある北淡ICで下りる。垂水からこのICまでで1200円。すぐに播磨灘が見えてきた。県道31号線沿いに、砂浜を探しながら南下すること数分、良さそうな砂浜をすぐに発見。2名ばかりの、いかにもキス狙い風の釣り師の姿もあり、若干の焦りと、釣れる場所を早くも発見した安堵を感じつつ、そそくさと準備。この瞬間が一番ワクワクする時間でもあり、ワラワラと焦る時間でもある。


01-20130629_33.jpg
 いかにも釣れそうな砂浜・・・に見える。


02-20130629_20.jpg
 第一投目から本命のキス。やや小型。東から微風が吹いていて、遠投するのに完璧な状況。やや肌寒くて、長袖のシャツを羽織る。


03-20130629_39.jpg
 更に外道のフグももれなく一緒に。


04-20130629_29.jpg
 仕掛けを投げ込むたびに、確実に何らかの魚信があり、普段の生活では有りえない、高い集中力を長時間キープ。陽が昇ると、コチが頻繁に反応するようになってくる。相変わらず外道の王様のフグの猛攻も一向に止まず。長袖のシャツを脱ぎ捨てて、なお、真剣モード持続中。


05-20130629_23.jpg
 またもや今更ながらキス釣りの基本と言うか、鉄則と言うか、狙うべき場所を思い出した。砂地にも当然ながら起伏があり、キスは起伏の山の部分の沖側、つまりは駆け上がりに身を潜めて餌を待ち伏せしている。と言うことで、天秤の重さをロッドで慎重に感じつつ、抵抗を感じたら、その後、少しだけラインを巻き取って、仕掛けを駆け上がり部分にドンぴしゃりに置くと、本命の反応が多くなってきた。そして、遂に本日の最大魚がコレ。22cm。


06-20130629_42.jpg
 3時間ほどでこの釣果。キス11匹。コチが5~6匹、フグ大漁。


07-20130629_45.jpg
 再び県道31号線を南下。気になる港があると、次回の釣行のために確認。アオリイカ狙いの釣り師が大勢いたが、釣果を確認したところ、全くダメだとのこと。


09-720130629_53.jpg
 津井港。石積みの昔ながらの護岸が素敵だ。防波堤内の船溜まりには、小さな魚が泳いでいる。鰯や鯵などの小魚が港内に入ってくれば、大型のフィッシュイーターも捕食のために入ってくるだろうなと想像を巡らせる。小型のジグヘッドで周辺を軽く探ってみるが、反応なし。時間と潮を見計らって来れば、きっとそれなりの釣果が期待出来るだろう。


10-20130629_56.jpg
 県道25号線を南下していると、風車が。


11-20130629_58.jpg
 淡路島最南端の地に道の駅「うずしお」。レストラン、土産店があり、大盛況。行き当たりばったりで走っていたため、この道の駅に到着する直前にパンを食べてしまい、淡路島バーガー(牛肉と玉ねぎが淡路島の特産品)を食べることが出来ず。


12-20130629_63.jpg
 道の駅から鳴門海峡大橋の袂まで下りることが出来る。徒歩で5分ほど。絶景。


13-20130629_69.jpg
 良い感じの海岸が広がっている。この場所に下りていくことも可能だが、それなりの装備が必要。ここでも軽く、ミノー系ルアーを投げてみるが、案の定反応なし。30分ほどで撤収。


14-20130629_71.jpg
 これが激ウマ。「そのまんまちりめん」((株)うずのくに南あわじ)。試食品を食べる手が止まらず困る。
もしやこちらで通販が可能かも。
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/c/gr32


15-20130629_72.jpg
 淡路島最南端から北上することに。国道28号線で淡路島の南東部分をショートカットして、洲本市の街中を通過して、津名港へ。港内側、港外側も釣りが出来る環境。


16-20130629_73.jpg
 鯵が凄い。


17-20130629_80.jpg
 ほどなくしてエイが悠々と泳いできた。


18-20130629_85.jpg
 午後5時前になり、本日の淡路島(だいたい)一周釣行を終えて、一路、神戸へ。


19-20130629_86.jpg
 昆布と塩で〆る。魚が小さすぎて、捌くのに難儀。


20-20130630_03.jpg
 刺身。


21-20130630_05.jpg
 定番の天ぷら。


■釣行データ
 釣行日:平成25年6月29(土)
 潮回り:中潮
 天気:晴れ
 時間:午前3時50分発~午後5時半帰宅
 ポイント:淡路島
 釣果:キス11匹
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« うどん県シーサイドコリドールにて初夏の汗だくキャンプ  |  和歌山紀淡海峡(友ヶ島海峡)にてタイラバ&テンヤ ~ハヤブサ&ゴールデンミーンのスタッフ同船~ »

コメント

こんばんは!

毎度!! 行ってきたんやね。
淡路いい所やけど、何時も何処行くか悩んでしまうわ。
自分の中では、津名、洲本がコンスタントに何でも釣れるイメージやね。
津名は外向きはやらず?今時期アコウがつれるよ。

白ねこ #- | URL | 2013/07/01 23:37 * edit *

うまそー
俺も行こー
昔、高知で31cm釣ったよ、化け物でしたー

tam #- | URL | 2013/07/04 00:01 * edit *

白ねこさん、情報有難うございます。確かに淡路島には、魅力的なポイントがたくさんあって、どこで釣りをしようか迷います。そのうち、ライトタックルオンリーで、ラン&ガン出来ればなぁ~~と思ってます。
神戸界隈では、イワシやアジがサビキで釣れているので、これらを捕食する大型魚を狙うもよし、アジングもありかなぁ~と思います。


tamどの
31cmのキスはデカいね~。久しぶりにキス釣りをしたけど、PEラインの感度ビンビンが非常に面白かった。海水浴を兼ねて、日本海でキス釣りってのも良いかなと模索中なのだ。

donfan #mQop/nM. | URL | 2013/07/07 09:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/67-6957029e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)